家・暮らしの・楽しみ、こだわり例

2019年1月25日 (金)

頑張れ、なおみちゃん!!!

そういえば超余談なのですが、ベイシア安中店ができて以来、ず~っと通っていますが、その数十年?の中で初めて、ベイシア安中店の店員さんとちょっと仲良くなりました!(^O^)/ わたくし、どうもそういう星の巡りに入っているらしい感じがしてきました(苦笑)

私、何度かお書きしているように、テニスを始めてドハマリしているわけなのですが、今日一日出ずっぱりで、大学ESSのディベートでお世話になった上智の瀬能さん(日本ディベート協会を背負っておられるようで)という方とFBで先日つながらせて頂いたのですが(私は一体、誰に向けて書いてるんでしょう?まあいつか誰かに引っ掛かることもあるかなと 爆)、私も気にしてはいたのですが、その方がテニスがお好きなようで、FB記事にして下さり、なおみちゃんが決勝に進出したことを知りました!錦織くん、ジョコに棄権で負けちゃったとも今日たまたま別で聞きました。本当に心底残念ですが、でもあれだけの長い試合を、よく勝ち上がって、なおみちゃんとともに、日本全体に感動を与えてくれていて、テニスをやっている一人として、彼ら2人と同時代をたまたま生きていることに、本当に幸運を感じています!!!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00000120-spnannex-spo&fbclid=IwAR1NL2WC7tcM56LTtx8El2wUYkpoDl-UZJDsCbRZu2EAf8F03KvxY6-KtAM

あと何かお書きしたかったような・・・。思い出したら追記します!

※あ!ひとつ思い出しました!今日(ってか厳密には昨日ですが)、「軽井沢から安中に外国人観光客が流れ込んでいるらしい」との、おそらく現時点で最高の根拠が得られました!!!その方がおっしゃるには、「2013年以降、外国人観光客がどっと押し寄せて、今や観光は、外国人観光客抜きでは語れなくなった。外国人観光客の移動実態のデータは買えるので、買って分析せよ!」だそうです(^O^)/ これって、該当する方、飲食などなど、結構いらっしゃると思います!

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年12月31日 (月)

今年も最後は「子どもにっき-建主様とテニス~!」

年末に、現在上映中の『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』を観てきたのですが、私は大感動して、思わずビービ―泣いてしまいました(苦笑 ネタバレなしです) 映画紹介を全く見ずにフラッと行ったせいもあるかと思いますが・・・。 周りにポツラポツラいたお客さんは、普通に「面白かったね」的な様子だったので、「ええっ!?」と思って、帰りに映画館の若いスタッフさんに、「私みたいに、仮面ライダーを観て大泣きして出てくる人っているんですか?」と聞いたら、「(ハッキリと)いらっしゃいます」と言っていたので、同じような人がいるのはいるようです。この映画は、例えば池井戸作品のような「多くの人に感動を与える」タイプの作品ではないようなので、それなのに「私はなんでこんなに感動しているのだろう?」と考えてみたのですが、結論としては、「私自身が、平成仮面ライダーとともに年齢を重ねてきたから」のようでした。おそらく年齢とともに、「感動できる範囲が増えている」のではなくて、「感動できる範囲が移動している」のだろうと感じます。それではあっても、年齢を重ねることによって、今までにはなかった新たな感動に出会えるのだとすれば、やっぱり「年齢を重ねることは、とても素敵なことなのだな」と改めて思った次第です。仮面ライダーって、ともすれば子ども向け番組と思われがちで、それは正しくはありますが、私もこの映画でようやく気付いたのですが、私は詳しくないですが、ストーリー、映像、音楽ともに、かなりのレベルまで作りこまれていて、作品としての質がとても高く、大人でも充分見応えがあると言いますか、逆に小学校中学年以下くらいの流行りど真ん中世代の子どもたちでは理解しきれないだろうと思いました。本当にビックリしました!

それと、話変わって、ゲーセンで久しぶりにわが子と「太鼓の達人」をやったのですが、新曲に「U・S・A」や「恋ダンス」などが入っていて、これが掛かると、周りの人もノリノリで寄ってくるんです(笑) 私たち親子も、超ノリノリで叩いてきたのでした♪!(笑)

さて、大晦日になりました。おおむね年の瀬の決まりごととなってきましたが、今年も最後は「子どもにっき」です。

181231_037

先日、「ボルダリングができる家」の建主様と、初めてテニスをして来ました!ご長男くんがわが子と同級生ということもあり、以前から、家のこと以外に、家族ぐるみで仲良くして頂いていましたが、ご長男くんが2年前からテニスを習っているとのことで、私がテニスを始めたことを知り、「一緒にやりませんか?」とお声掛け頂いたのでした。ご長男くんは、テニスの「試合(ゲーム)」の進め方をおぼえたいとの点が主だったようで、ハマっている私とわが子は、ノリノリで向かいました♪(笑) 場所は、高崎市群馬町にある、いわゆる「群馬体育館のテニスコート」で、私にとっては初のオムニコート(砂入り人工芝・下の写真)だったので、さらにテンション上がりまくりでやってきました!(笑) 榛名山がきれいに見えます。

181231_041

私がテニス始めたてとはいえ、軟式上がりの、しかも大人なので、まあ一番上手いかな?と。その次にご長男くん、そしてわが子が先日のテニス体験に続き2回目、あとは、「ダブルスをやりたいので、(ほとんどやったことがないという)建主様、入って下さい!」とお願いしてあったのですが、年末で帰省中のご長男くんのいとこくん(愛知在住)や、弟くんなど、合計6人で、にぎやかになりました!ご長男くんがどれだけできるかを確認させて頂きながら、他のほぼ初心者のみなさんも含めた基礎練習から始めました。

181231_038

先日のわが子の体験レッスンで、初心者さんやお子さんへの教え方は何となくわかっていたので、「球出し(野球で言うノックです)」ができるようにと、カゴとイスを持って行ったのですが、なななんと!、球出し用のカゴとカートが、コートごとにあるではないですか!とても親切だなと思いました。

181231_036

ご長男くんが通うスクールでの練習内容を聞きながら、球出しグッズを使ってのフォア、バック、ボレー、そして、サービスラインあたりで行なう「ショートラリー(呼び方は人によって違うようです)」などを行ないました。3ペアもできたので、かなり効率的で本格的に見えます(^^) そしてご長男くんにとって肝心の「ゲーム」をしました。4ゲームずつが良かったのですが、時間の都合もあって2ゲームくらいずつでペアの入れ替えとしました。合間でご長男くんに、「どうやったら上からのサーブが入るようになりますか?」と質問を受けたりしたので、私程度ではありますが、ちょうど昨日、私は少し目覚めたばかりで(苦笑)、わかる範囲で良い方法をお伝えしたりもしました。その他全体を通じて、さすがに習っているご長男くんなので、私のアシスタントコーチとでも言うのでしょうか?として、各所で「こうやるんだよ!」など声掛けしてもらい、とても助かりました!

181231_045

最後には6人で、シングルスのトーナメント形式の1ゲームマッチをしたのですが、ジャンケンで私とご長男くんが1回戦で当たることになり、実質的な決勝戦となってしまいましたが、私が「負けてあげる」との選択肢もありましたが、「ここで負けては、ご長男くんの今後の目標が下がりかねない」とのことで、しっかり勝ち、結局私が順当に優勝させて頂いたのでした(苦笑 トーナメント表の書き方間違えた?笑) この日は強い寒波の影響で気温が低く、季節風が強い予報で、どのようになるか気になってはいたのですが、とりあえず無事に行なえて、様子がわかって良かったです。

あとで聞いたところですと、ご長男くんも「試合の数え方がわかった。サーブも教えてもらった」と喜んでくれていたようでとても良かったです!

そしてうちの子と言えば、私に似て、「温泉卓球からラケット物が得意になってきている」のでテニス2回目としてはなかなかの感じで、本人も大満足だったので、こちらも良かったです(笑) 2人とも「またやりたい!」と言ってくれていました。

あとは、個人的に少し悔しさが残ったのは、大坂なおみ選手のものまね(例えば、「んふ~、ありがとぅございまっす!」)を得意とする私としては、もっとものまねをして、子どもたちを笑わせておきたかったなというところでしょうか(爆)

早々に私も気付いたのですが、(テニスに限ったことではないでしょうけれど)テニスは、やっている人口が結構多く、「試合」が楽しいものの1人ではできないせいか、「試合しましょう!」と言って、新しい人とどんどんつながっていく(特に、試合がやりやすいダブルスだと4人ですし)のが大きな魅力であり、醍醐味でもあるようです!その入口に、ご長男くんも立たれたということでしょう(^^)

「ボルダリングができる家」の建主様には、本当に楽しく貴重な時間を作って頂いて、大変感謝申し上げる次第です!今後もとても楽しみになりました!

0082

そしてテニスといえば、当事務所の設計監理のお住まいとして、「ball-house」において、「室内壁打ちテニスができる家」を、建主様のご要望に基づいてつくらせて頂いたことがあるのですが、その時に得たノウハウなどで、ちょっとした「壁打ちテニスリフォーム」や、リフォームを伴なわずに可能な方法などもご提案できるかと思いますので、気になる方がいらっしゃれば、ぜひご相談頂ければと存じます!
http://www.isogai-al.com/works/ball/ball001.htm

ということで、みなさまにおかれましては、今年も大変お世話になりありがとうございました。個人的には今年は、仕事もその他も新しいつながりが、なぜがいくつも広がって、とても充実した、私の人生でもかなり貴重な一年だったように思います。年齢とともに「一年が早く感じるようになる」というのが普通ですが、今年はいろいろあり過ぎて(比較の問題ではありますが)、「そだね!って今年だったっけ?」というくらい、一年が長く感じました。厚く御礼申し上げます。

当事務所は既に年末年始休業に入っていますが、新年は、1/7(月)より業務を開始いたします。その間でも、何か緊急のご用件がありましたら、私の携帯電話までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

それではみなさまにおかれましても、良いお年をお迎え頂きますよう。来年も引き続き、宜しくお願い申し上げます。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

| コメント (0)

2018年12月13日 (木)

クリスマスツリー&イルミネーション、そして前橋の夜景

ここ数日で、ずいぶん寒くなって来ました。昼間の冷たい風や、夜外出時の寒さを感じるようになりました。その一方で、今年の年末は、仕事の締切が複数あって忙しいところに、もろもろの所用もある上に、「私としての冬」であるスキーやスケートについてソワソワし始めました(笑) マイブーム(言葉が古い?)のテニスはインドアなので、冬でもハイテンションは継続です!

そういえば、女子フィギュアの紀平選手はすごいですね!今のところ、浅田真央選手以上の才能のように思われますし、久しぶりの「強い日本女子フィギュア」が復活して、今季も今後も楽しみですね!

181213_007

それと、最近としては遅めかと思いますが、12月になった週末に、事務所にクリスマスツリーを飾り付けました。それほど大きいものではありませんが、電飾の具合がなかなか細かくて結構気に入っているツリーです(写真はうまく撮れていませんが 苦笑)。

クリスマスイルミネーションを道などに向けて楽しむ個人のご家庭も少なくないですが、今年はうちのツリーも、道から見えて、イルミネーションのようなものになるように、たまに夜に光らせてみています。ただ、住宅街の行き止まり道路の奥にあり、さらに生け垣の向こうにある事務所ですので、見て下さる方は、ごくわずかなご近所さんと、夜行性のタヌキやハクビシンくらいかと思いますが(苦笑) 私自身は、クリスマスだと盛り上がるタイプでもないのですが、少しテンションが上がります(笑)

Img_0004

そして、これは全く別の話ですが、先日、前橋の立体駐車場の屋上で撮った前橋の夜景です。スマホなので画質はイマイチですが、夜景がきれいな時期になってきたなと感じます。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

| コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

初の外テニス「西毛総合運動公園テニスコート」・・・完全にはまりました!

そういえば、大阪万博が決まりましたね。オリンピックが終わったらどうなってしまうのかととても心配でしたが、ずいぶん雰囲気が明るくなった気がします。本当に良かったです。

暖かい日が多いですが、12月になった土曜日は、ホームセンターなどのにぎわいに師走らしさを感じました。

Img_0001

先日、インドアテニススクールに入ったことを書きましたが、先の日曜に、初めてスクール以外での外でのテニスをしました。西毛総合運動公園テニスコートです。実はここ、中学の軟式テニスの郡市(当時は碓氷郡と安中市がわかれていたので、それの合同)大会が行なわれていたので、とても懐かしく思い出の場所でもあります。でも、当時に比べるとやはり古くなったなぁという感じです(「お前もじゃい!とコートから言われそうですが」(苦笑))。

普段のスクールでは、コーチが球出ししてくれた球を打つ時間が長く、最後にゲーム形式が少しあるくらい。この日は私よりも上手な友人とのテニスでしたが、ラリーやゲームなど、実戦での練習はとても楽しいのだなと気付かされました!まだまだバックやボレーなどなかなか上手くできませんが、上手く打ち返せたり、ボールを追って走ったりなど、とても楽しくなってしまいました。久しぶりに息切れするスポーツをしたなぁという感じです。

Img_0002

天気も良く、気持ち良く汗をかけました。この日も青空で、サーブでトスをすると、上の写真以上に、青空にぽっかりと黄色いボールが映えてとてもきれいでした。

最初は、子どもがやりたがるかな?と思って始めたテニスでしたが、私の方がすっかりはまってしまいました(苦笑) テニス関係で仲間が増えていくのも楽しいです。市民大会にも出ようと思っています。

「ball-house」というお宅で、自宅で壁打ちテニスができる家を作らせて頂きましたが、私の自宅もそうしたいくらいです!まあ、あまり張り切って、ケガをしないようにとは思います。

Img_0003

帰りの堤防では、サイクリングを楽しむ方が何人もいました。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

| コメント (0)

2017年12月 1日 (金)

「読書芸人」の本棚

今年も師走になってしまいました。今日は、平成がいつまでかも決まりました。今週は昼間だけでなく夜まで暖かい日もあり、「冬がこのくらいの陽気だったらなぁ」と思ったりしました。

ところで、テレビ朝日の「アメトーーク!」をご覧の方も多いと思いますが、先日、しばらくぶりの「読書芸人」がありました。ピース又吉ら以外にも、東野幸治やカズレーザーなども読書好きとして出演していました。

171201

そんな中、とあるツタヤに行ったところ、「読書芸人」で紹介された本を並べている棚があったのでビックリしました。考えてみると、「読書芸人」はツタヤでロケをしていたので、そういう関係なのでしょう。

個人的な話ですが、私はもともと読書は好きではない方だと思います。子どもの頃は、明らかに読書が嫌いだったと思います(苦笑) 建築を学ぶようになってからそれなりに本は読むようになりましたが、どうも評論や実用書の類が多く、小説などからはかなり遠ざかってしまいました・・・。確かに文字には、映像や音楽などとは違った魅力があるわけですが、どうもそれを忘れかけていたというか、ないがしろにしてきてしまったような、「読書=何かの役に立てる」的な意識が強くなり過ぎたような、ふとそんな気がしました。

しばらく前から、「年齢を重ねるにつれ、一人でも楽しめることを増やした方が良いのではないか、早めに準備を始めた方が良いのではないか」と思うようになっているのですが、「読書芸人のあの本は面白かった」など言っていた友人を少しうらやましく感じたりもあって、映像やネットなどだけでなく、久しぶりに、いろんな読書をしたいと思った次第です。

2017年8月25日 (金)

東屋完成でBBQ

全然夏らしくない8月も終わりに差し掛かっています。

1503483483301

さてそんな中、「東屋計画」が進行中だった「A-ABSE」で東屋が完成し、BBQをしましたとの嬉しいご連絡を頂きました!あまり大きな写真ではないですが、主屋と統一感のあるデザインとして、予算の関係で多少変更して仕上がっています。ホウキソウはぴょんぴょんはえるようです(笑)

実際にBBQをしているところの写真も頂いたのですが、もうひとつテントを貼ってやってらっしゃいました。それでも庭に日陰やひと休みできるところができて、庭作業もより楽しくなったとのことでした!とてもよかったなと思います。今後とも楽しい生活を送って頂ければ幸いです!

2017年4月17日 (月)

東屋計画 始動!

週末はとても暖かく、おそらく今年最後のチャンスとのことで、友人家族と恒例の桜の花見をしました。意外と花の持ちが良くて、気温も高めでとても気持ち良かったです。

さて、こちらも引渡しから2年を迎えた「A-BASE」。とはいえ施工会社さんによって多少違いがあり、こちらの施工会社さんは、2年点検というよりは、たまに点検を行なっていて、2年を少し過ぎたからどうこうという感じでもないので、というところです。良いんだかどうだか?(苦笑)

さて、しばらく前からの手直しについて、建主様がようやく時間が取れて、監督さんと一緒に行って来ましたが、その際に、以前に少し相談を受けていた、「庭に東屋を作りたい」との計画が本格的に動き出しました!

170404_004

「庭でバーベキューをしたり、ちょっとお茶を飲んだりするのにちょうど良い日陰を作ってくれたり雨よけになるスペースとしたい」とのことで、おおむねのご希望は口頭でうかがっていましたが、主屋とデザイン的に統一感のあるものにしたいとのことで、それをふまえて、建主様の方でスケッチを描いて下さいました!それを頂いて、床面積や施工方法などを少し検討して、私がちょっとした実施設計図のようなスケッチを起こして、現在施工会社さんに見積を始めて頂いています。厳密な工期はないですが、せっかくですので、今夏に楽しめるように完成させることを目標にしました。

170404_005

建てる場所は上の写真のようなところです。どんな感じの東屋になるのかとても楽しみです!

170404_002

170404_003

そして庭の他の部分ですが、以前にも少しご紹介したかと思いますが、週末しか時間がとりづらい建主様ではありますが、それでもかなり楽しんで庭づくりをなさっているご様子で、畑や植栽など、無理なくのんびりのペースではあるようですが、とてもこだわりを持ってなさっていらっしゃいます。今後も、どのような感じになさっていくのか、とても楽しみにしています。建主様、とりいそぎ東屋、楽しみにしておりまーす!

2017年4月12日 (水)

「ボルダリングができる家」2年点検

フィギュアの浅田選手が引退しましたね。今日これから会見するとのこと。個人的にそれほど思い入れがあるわけでもなかったですが、浅田選手のおかげで、フィギュアに一層関心が増したのは事実だなぁと思います。「ソチで終わっていたら後悔していただろう」と思えるのであれば、本当に良かったと思います。でも忘れてはいけないのは、世界的なアスリートとは違って、私たち一人一人は小さい存在かも知れませんが、浅田選手と同じように、自分のことを思ってくれる、考えてくれる人が必ずいる、そういう人を作ることができるはずということですよね。

さて先日、「ボルダリングができる家」の2年点検にうかがってきました。引渡しからもう2年か~としみじみしてしまいます(笑)

2年点検は、主に仕上げ部分の保証期間が切れることから、そうした点を中心に不具合などがないかうかがったり、必要あれば調査をしたりするものです。今回は、仕上げ以外で経過観察とさせて頂いた部分などもありましたが、主としては、「サッシュに関する不具合」でした。一部のサッシュに、開閉時に異音がする、鍵を閉めるのがきつい、上げ下げ窓をあげた際に、少しぐらつくなどでした。これらについては後日、サッシュ屋さんが来て直してくれました。異音については、ホコリ侵入防止のゴムがせっていること、鍵がきつい件は、枠との取り合い部分の部材を少し削ってもらって改善したなどでした。

170328_052

そして改めて家を拝見していると、無垢の床板がかなり日焼けしているなと感じました。パインで、もともと薄い黄色がかった色でしたが、ずいぶん茶色くなってきました。外で裸足で飛び回って、足は拭くものの家に上がってくるお子さんらが、床をかなり汚していましたが(苦笑)、そうした汚れも目立たなくなったようです(笑)

Dsc_0003

ボルダリングウォールも、シューズの汚れなどでかなり黒くなり、使い込んでいるなという感じになって来ました。今でも楽しく遊んでいらっしゃるとのことです!そして、なななんと、ボルダリングウォール部分が吹抜になっていて空気が流れるとのことで、ボルダリングのハーネス(落下防止のロープ)を使って、格好の物干し場になっていました(苦笑) 生活していくと、いろんな発見があるようです。

そんな感じで2年点検は終わりましたが、まだまだいろいろあると思います(実際にその後にもあったのですが)ので、建主様におかれましては、今後とも宜しくお願い申し上げます!

2017年4月 4日 (火)

庭づくり開始!

昨年引渡しした「夫婦で暮らす平屋の家」ですが、以前から庭づくりについてお考えをうかがったりしていましたが、植栽の移植がしやすい春くらいまでに庭をしつらえるとのことで、3月末に計画がスタートしました!

170328_058

(写真は室内からの庭の眺めですが、ちなみに家具は、まだ揃えている最中です)
行なうのは、植栽も含めた、いわゆる外構工事ですが、建主様の方で、「家のデザインに合うような庭にしたい」、「一部畑としたい」との基本方針を示して頂いていますが、特に悩んでいらっしゃるのは、「芝にするかどうか」だったかと思います。芝について、知り合いの様子を見ていると、「自分たちで芝のメンテができるのか」とのことがとても気になるご様子です。いろいろ意見を調整しながら、おおむね方向性が固まって来たでしょうか。

170328_060

初回の打ち合わせのあとには、近くのホームセンターにご一緒して、外構の製品や植栽などについて見て回りました。建主様は今まであまりこうしたものをご覧になったことがなかったようなので、実際に見てみると、やはりイメージがわいたようで良かったです。

さて、今後もいろいろあるかも知れませんが(苦笑)、私も頑張ってお手伝いしていきたいと思います!

2017年3月23日 (木)

息子とピアノ

○○学園理事長の証人喚問がありましたね。理事長は今まで悪いことをしたりウソを言ったりしてきた可能性が高いとの前提で話を聞く必要があるわけですが、一市民の印象としては、今日の答弁は、「ウソや思い込みの部分もあるだろうけど、本当の部分もあるのだろう」と感じましたがいかがでしょうか。しかし財務省の役人も、今までのような答弁で世間が納得する、批判をかわせると思っているらしいところが役人らしいなと思います。「忖度」なら許されるわけもなく。もうそんな時代ではないと思うのですが・・・。根拠のない国有地の安売りは背任であるとして刑事告発もされたとのことで、当然だろうと思います。 

他方、明るい話題としては、稀勢の里、絶好調ですね!横綱としての貫録も増して来たような?これからさらに強い相手との対戦になってきますが、頑張って欲しいです!

1703133

そういえばわが息子は、しばらく前からピアノを習っています。写真(写りがイマイチですが・・・)は発表会の時のものですが、この時は「清しこの夜」と「ダブリンの町」を弾いていました。「ダブリンの町」では、ちょっと失敗もしましたが(笑) 私はといえば、姉がピアノを習っていたので、小学生の頃に「猫ふんじゃった」は弾けるようになりましたが、私はそこまでで、既に息子は父を抜き去りました(苦笑)

ピアノは知能などの教育面からも良いともされているようですが、個人的には何より「ひとつでも良いから楽器ができることは、きっと人生をとても豊かにしてくれるだろう」との思いがあります。私が知っている楽器ができる人の多くは、同じような仲間を大人になっても持っていて、大きな楽しみのひとつになっているらしいからです。バンドでも吹奏楽などでも。

私も高校の時と結婚前後にギターをかじった経歴があるのですが、結局モノにならなかったというか、発展させられずに過ぎてしまいました(苦笑) でも音楽と関連するものとしては、「合唱の素晴らしさ」は、中学の時に知りました。当時の学級担任が個性的な人で、クラスをまとめるために、放課後、必ず合唱の練習をさせられていて、その成果もあってか、学内の合唱コンクールで学年優勝したりしたので(余談ですがその時私は、なぜか指揮者を仰せつかっていました 苦笑)。合唱で、各パートがうまくかみ合った時の快感は代えがたいものがありました。もちろん、大人になっても続けている方から見たら、ごく幼稚なものなのだろうなとは思うのですが。

ということで、今後も息子の楽器習得、音楽を楽しむことを応援していきたいと思います!