地域

2018年12月15日 (土)

元井上工業会長・井上健太郎氏 逝去

私が新卒で入社し、数年前にもう倒産してなくなっている、高崎白衣大観音もつくった、高崎市の伝統ある建設会社であった井上工業の元会長、井上健太郎さんの訃報が、昨日の上毛新聞に掲載されました。井上OBの間では情報が駆け巡りました。

健太郎元会長については、井上工業の古くからの先輩や、祖父である房一郎氏や高高OBなども含め、関係者がとても多く、いろんな思いをお持ちの方がいらっしゃるはずなので、私のようなものが何かを書くことははばかられるのですが、ごく小さな断片を少し・・・。誤りもあると思うのですが、ご関係の方におかれましてはご容赦頂ければと存じます。

健太郎元会長は、バブルの時に積極的にリゾート開発などを行なったことによる大きな負債が原因で、会社を追われてしまった方です。井上工業にはマイトンリゾートというのがあって、毎年社員旅行で行ったと聞いていますが、バブルが崩壊して会社の経営が下向きとなり、マイトンに行っていないのが、私の期からです・・・。

私が入社試験を受けた時には、筆記試験後の面接が私がトップバッターで、事前に会社を訪れて気に掛けて下さっていた当時の取締役からの質問をいくつか受けて、その答えを正面で目を見開いて聞いていて、「磯貝君、ありがとう!」と言って頂いて面接が終了しました。その時の元会長のオーラのものすごさは今でも覚えています。私が若かったせいもあるでしょうけれど。
そして、設計を続けるべきかやや迷っていた私を、その元取締役の方や熊倉浩康さんなどのおかげもあると思いますが、そうした関連会社へ配属して下さったのも、私の人生に大きな影響を与え、とても感謝しているところでもあります。

080601_172

そして、特に印象的だったのが、既に井上工業本体の社長を解任されて、私がいた関連会社の社長にだけ残っていた時期の冬、今でいう「旧井上房一郎邸」に、新年会で招待して頂いたことです。そこはストーブでとても暖かく、ピカソのサイン入りの画集などがポンと置いてあるようなところで、会社に入って2年目?くらいの私は、緊張しながらすごしたといったことは、かなり以前にブログでも書いた記憶があります。

写真は10年前の、高崎哲学堂として使っていたころの写真でイマイチですが、今はご存知の方も多いと思いますが、高崎駅西口の高崎市立美術館の展示の一部となっていますので、どなたでもご覧になれます。だた、家というのは、生活していないと家としての実際の雰囲気がわからないものですが、ちょっぴり自慢なのは、「家の主がいる最後の時期」に、ここの空間を、少しですが味わえたことです。今でも平屋をご希望のお施主様には、「一度、見に行かれては?」とオススメしていますし、しばらく前には、建築雑誌でたびたび取り上げられ、全国から建築ファンが来る、意義のある住宅です。

ということで、長くなってしまいましたが、健太郎元会長はどこにいらっしゃるのか周りに聞いてもわからなかったのですが、東京にいらっしゃったとは驚きでした。そして、62歳とは若すぎる最期のように思います。健太郎元会長にはいろんな思いをお持ちの方がいらっしゃると思いますが、私としては、心からの御礼を申し上げるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

高校の同窓会総会の仲間に入ったせいもあるのでしょうか、今日は予定を変えて、情報収集とブログ・FB対応をしています。もう井上工業は、本当に終わったんだなと感傷的になります。でも、高崎では、井上工業の伝統的な功績は、株式会社井ノ上さんが引き継いでいるようですので、ますますのご発展を祈念する次第です。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年12月13日 (木)

クリスマスツリー&イルミネーション、そして前橋の夜景

ここ数日で、ずいぶん寒くなって来ました。昼間の冷たい風や、夜外出時の寒さを感じるようになりました。その一方で、今年の年末は、仕事の締切が複数あって忙しいところに、もろもろの所用もある上に、「私としての冬」であるスキーやスケートについてソワソワし始めました(笑) マイブーム(言葉が古い?)のテニスはインドアなので、冬でもハイテンションは継続です!

そういえば、女子フィギュアの紀平選手はすごいですね!今のところ、浅田真央選手以上の才能のように思われますし、久しぶりの「強い日本女子フィギュア」が復活して、今季も今後も楽しみですね!

181213_007

それと、最近としては遅めかと思いますが、12月になった週末に、事務所にクリスマスツリーを飾り付けました。それほど大きいものではありませんが、電飾の具合がなかなか細かくて結構気に入っているツリーです(写真はうまく撮れていませんが 苦笑)。

クリスマスイルミネーションを道などに向けて楽しむ個人のご家庭も少なくないですが、今年はうちのツリーも、道から見えて、イルミネーションのようなものになるように、たまに夜に光らせてみています。ただ、住宅街の行き止まり道路の奥にあり、さらに生け垣の向こうにある事務所ですので、見て下さる方は、ごくわずかなご近所さんと、夜行性のタヌキやハクビシンくらいかと思いますが(苦笑) 私自身は、クリスマスだと盛り上がるタイプでもないのですが、少しテンションが上がります(笑)

Img_0004

そして、これは全く別の話ですが、先日、前橋の立体駐車場の屋上で撮った前橋の夜景です。スマホなので画質はイマイチですが、夜景がきれいな時期になってきたなと感じます。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年12月11日 (火)

高崎パスタ「はらっぱ」で「秘密のケンミンSHOW」撮影

今日はJIA(日本建築家協会 こっそりと今年入会していました 笑)でお世話になっている、私と同じく安中を拠点になさっている久保田和人さんのところへ初めてお邪魔してきました。丸太や太い梁など、重厚な和風住宅を得意とされている方で、前出の空間設計室さんよりさらに前からの住宅を中心とした事務所のパイオニアです。またまた刺激を受けて来ましたし、この方もとても人当たりがやさしいです。今度安中で何かしようとの話になりました!楽しみです!

さて、日曜に、高校の同窓会飲み会に参加したことを書きましたが、現役時代は知り合いではなかったものの、いろんなことをやっている人に新しく会えて良かったのですが、その中のひとりに、高崎の「スパゲッティ専科 はらっぱ」の社長さんがいました!岩田くんと言います。

「スパゲッティ専科 はらっぱ」
http://www.harappa.co.jp/index.html

お恥ずかしながら「はらっぱ」って、高崎市内に4店舗もあって、結構有名なんだそうですね!その岩田くんが、「明日から、『秘密のケンミンSHOW』の撮影が来るから、良かったら来て」と言っていたので、何人かで「テレビに出られるかも!」と張り切って応援に行ってみることにしました(笑) 撮影は、高崎駅東口からまっすぐ伸びる道と高崎環状線の交わる大きな交差点部分にある本店で行われていました。

181211_001

どこまで裏側を書いて良いのかわからないですが、撮影側もSNSなどでアップされることは前提だと思うので少々。スタッフの方々は「今どきの東京の若者」っぽい人が多かったのも新鮮でした(笑) 行ってみると、料理を運んでくるシーンやメニューのアップを撮影したり、「じゃあ、これ食べてもらえますか?」など、いるお客さんにお願いして撮影していきます。たまにコメントを求められたりしていました。人気のメニューは、「赤唐辛子とにんにくのトマトソース」だそうで、友人のひとりの佐藤くんというのが、岩田くんとは昔からの付き合いで、たまに食べに来ているということで教えてくれたのですが、ニンニクは、できるだけ臭いがしない品種を使っているのだそうで、ちょうど良い辛さのトマトソースとチーズの相性が抜群のスープスパです。初めて食べましたが、お世辞抜きでおいしかったです!

181211_006

私も、他の友人2人(撮影終了後にもう1人合流)と、食べているシーンを撮影されました。普通にスプーンで巻いて食べていたら、「まかないで食べるシーンももらえますか?」というので???と思いつつやっていたのですが、あとで分かったのですが、HPにもあるように「ラーメン屋のような気軽なパスタ食堂」をコンセプトにしていて、スープスパでもあるので、ラーメンのように食べて欲しかったのかな?と思います(笑) たくさん撮影していたので私の部分は放送されないだろうなと思いますが、私の前に座っていた佐藤くんが、「スープスパは群馬がが発祥ですよね」と言っていたので、それは使われる可能性が高いのではないかと期待しています!噂では聞く、出演しても良いです的な書面へのサインも求められていましたし(笑) 白髪交じりの短髪で、めがねを掛けたアラフィフのおじさんが映ったら、私はその前に座っています(笑) などと言いつつも、私の設計の友人でもテレビに取材してもらっている人もいるので、本業で頑張らねばですが(笑)

そして、撮影が終わり、食べ終わって帰ろうとしたら、店長さんに私たちが岩田くんの同級生だと話していたためでしょう、お代はいりませんとごちそうになってしまいました。社員教育もしっかりなさっているようでした。ありがとうございました。

帰りの駐車場で岩田くんとも会えて、少し話を聞くことができてさらに良かったです。佐藤くんの話では、昔は苦労していた頃もあったんだけど、とのことでした。頑張っている友人と知り合えて鼻が高いですし、自分も頑張ろうと思ったのでした。

会ったばかりの同級生に、パワーとおいしいスパをもらって上機嫌で帰ったのでした(笑)
放送日は来年の1/31予定だそうです。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年11月23日 (金)

今年の秋

ここ数日で、かなり朝晩が冷え込むようになりました。

今年の秋は、仕事も含めていろんなところへ行ったり、外で運動したりが多かったせいか、いろんな秋を見ました。

Img_20181102_160432_2

ちょっとした山の上から高崎、榛名山方面を見た景色です。今年は秋が天気が良かった印象で、秋の空ってやっぱり澄んで高いのだなと感じました。

Img_20181104_083748

きれいな紅葉の中でゴルフもしました。

Img_20181111_084822

現場に向かう途中で見える田んぼと妙義山です。この日も空がきれいでした。

Img_20181111_162444

きれいな飛行機雲も見掛けました。

Img_20181117_120531

少林山での建築のイベントにも参加しました。この日も紅葉がとてもきれいでした。

だいぶ冬が近づいて来ました。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年10月 6日 (土)

テニスの体験レッスン

この土日は、安中ではあんなか祭りが開催されています。

ところで先日、安中市にあるグリーンヒルインドアテニススクールに、体験レッスンに行って来ました。「インドア」とあるように、県内でも珍しい、屋内テニスコートがあります。

私は中学生の時に、部活が軟式テニス部だったり、学生の頃に、遊びで硬式テニスをやったこともあったのですが、そのテニス部でペアを組んでいた同級生に誘ってもらって、体験してきた次第です。

テニスは、錦織、大坂両選手などの活躍もあり、ずいぶんはやって来たようにも思われ、私も興味を持っていたのでちょうど良かったです。でもさすがに本格的に硬式はやったことがないので、なかなかサーブのリターンなど上手くできず・・・。でも汗もかいて、とても楽しいなと思いました。

181006_004

その同級生にお古のラケットまで頂いてしまったので、スクールに入らないとならなくなってしまいました(苦笑) あとは、体の傷み具合などだけ見て、決めようかと思います。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年9月18日 (火)

久しぶりの榛名湖観光

樹木希林さんが亡くなりました。本人が言うように「死ぬ死ぬ詐欺」かと思うくらい、「全身がん」ってホントなのかな?と思ったりしていたのですが、残念です。

さてこの夏休みに、子どもと久しぶりに榛名湖に遊びに行って来ました。もちろんその途中で榛名神社にも寄りましたが。

榛名湖は、釣りやキャンプで定期的に訪れている方も多いのだと思いますが、うちなどはそこまでではなく、過去にはバーベキューをしたり、子どもを連れてちょっと遊びに来たくらいでした。花火や紅葉の時期なども行きたいとは思うのですが、どうも車が混む印象が強くて・・・。

180830_029

この日は暑かったですが、さすがに榛名湖は涼しく、気持ち良かったです。白鳥丸に乗ろうと思ったら、お客さんが集まらず、なかなか運行されないのであきらめ(苦笑)、足こぎボートに乗りました。30分もこぐと、十分楽しめました。水の上はさらに気持ちいいですし。

180830_033

そしてこの日は、榛名湖で初めてゴーカートに乗りました。子どもはゴーカートは、前橋こども公園などで乗っていて大好きでしたが、子ども一人で乗れるのは中学生以上なので、いつも私と2人乗りでした。でも知らなかったのですが、榛名湖のゴーカートは、小学5年生から一人で乗れるとのことで、初めて自分自身でゴーカートを運転して、子どもはとても興奮して「最高~!!」ととても喜んでいました(笑)(料金はもちろん観光地価格ですが(苦笑))

この日はあまり時間がなかったのでこのくらいで終わりにしましたが、その他にも榛名冨士に登るロープウェイや、馬車、子供向けの乗馬などもあって、「1日遊べる観光地」なんだなと改めて感じました。子どもはまたゴーカートに乗りたいと言いますし、また行ってみたいと思います。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年4月18日 (水)

「シャープ芯」講演会

新緑やハナミズキがきれいだなと思っていたら、もう既に緑が濃くなり始めました。新緑の季節って短いのだなと改めて感じます。

180418

さて、しばらく前のことですが、学校の同窓会があり、三菱鉛筆の群馬工場でシャープペンシルの芯の研究開発をしている、坂西聡さんという優秀な後輩が、仕事についての話をしてくれました。

三菱の鉛筆やシャープ芯といえば「ユニ」シリーズですね。彼はその中でも、「ナノダイヤ」というシャープ芯の開発に責任者として携わっていたということです(確か)

三菱 ユニ ナノダイヤ

シャープ芯というのは、折れにくさと書きやすさをいかに実現するかが大きな課題だそうで(確かに自分たちが使い始めた頃のシャープ芯って、ポキポキよく折れてたような)、そうした中で、鉛筆の主成分である黒鉛同士をどうくっつけてなど、試行錯誤を繰り返しながら開発を進めていったそうです。簡単に書き過ぎかと思いますが(苦笑)、結構専門的なことをいろいろ話してくれたので、ついていけない部分もありましたが、普段建築を仕事にしている私のような者にとってはとても新鮮なお話でした。

その他にも、ペンタブレットなども増えている中で、アジア諸国はまだまだ「書く」というニーズが増えるので、そうした方面にも投資しているとか、いろんな色のシャープ芯を販売するようになっている、子どもたちの教科書にカラーのものが増えて、その分、紙質が変化しているので、カラーの教科書にも書きやすい芯を作っているとか、なるほどな~と思うことがたくさんありました。

聴講者が40名ほどいましたが、みなさんとても新鮮だったようで、彼にいろいろ質問したりもして盛り上がっていました。

別の点では、最近私の子どもも小学校高学年になり、そしてAIやロボット、人口減や人手不足、都市部への人口集中が進むのかなど、将来を見据えるのはもちろん簡単ではありませんが、大きくなったらどんな仕事に就くのか少しずつきになるようになってきました。父親として、必要あれば助言などできるよう、そうした面からもいろんな視点を持っておきたいなと思ったりしました。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年3月15日 (木)

おそるべし高崎オーパ!そして景観は?

今週は、最高気温が20℃を超える日も出て来ました。いつもなら、春らしくなるとウキウキしてきますが、寒すぎる冬への耐性ができあがっていたせいなのでしょうか、いきなり桜の開花など言われても、気持ちがついていかない感じです(苦笑)

さて先日、しばらくぶりに、高崎駅西口の北方面を通りました。要は高島屋あたりです。昼間に、たまに停める駐車場に車を入れたのですが、何だか今までに比べて駐車場が混んでいます。何でなんだろう?まさか?と思いつついろいろ聞いてみると、高崎オーパがオープンしたからだそうです!確かに、駅方面に向かって歩くと、車も人も、しばらく前の高崎市街地とは比べ物にならないくらい多かったです。いや~、高崎オーパがここまですごいとは。工事中には、このあたりを仕事でよく通ったのですが、オープン後は初めてだったのでビックリしました。この活気も長続きしてほしいものですが。

180315

など思いつつ、夜に改めて見てみると、駅からオーパや駐車場に向けてペデストリアンデッキができたようですが、今回は地面部分しか通らなかったのでなおさらだったのかも知れませんが、地面を歩く人から見ると、このペデストリアンデッキ、ごつ過ぎません???やむを得ない面はあるとはいえ、柱や梁もデカいですし、鉄骨に使っているボルトもむき出しで、ごつごつした印象が・・・。

おそらくデッキを通る側からすると、手すりなど軽快に作られてカッコ良いのだと思いますが、地面からの見た目ももっと気を使って欲しいなと思ったりしました。

今度は、ペデストリアンデッキを通って、オーパの中もいろいろ見たいなと思います。

磯貝地域建築設計事務所ウェブサイト

2018年2月 2日 (金)

皆既月食・ぐんま天文台・宇宙への興味

今週の雪は予報よりも多かった気がします。

180201_0032_2

その前は皆既月食がありましたが、ご覧になったでしょうか?私も写真撮影を試みましたが、準備不足で大した写真にはなりませんでした(苦笑) それでも、多少赤みがある様子が撮れました。きれいだったです。

ところで私は、しばらく前から「天体」や「宇宙」に、生涯で最も(というか初めて?)興味を持つようになっています(笑) それは昨秋に、子どもと県立ぐんま天文台に行ってからでしょうか。

171106_014

秋も深まり、星がきれいに見える時期になってきたというのと、子どもが学校で星の勉強をしていたためでもあります。それ以前にぐんま天文台は、仮面ライダーシリーズでロケ地にも使われたりしていたので子どもが喜ぶかな?というのもあったのですが、それもともに、天体にもとても興味を持っていたようでした。

暗い必要があるからでしょう、駐車場から天文台の建物までかなり離れており、歩かされて疲れましたが良い運動でした(笑) 着くと屋外で、マイ望遠鏡で天体観測をしている人がいて、土星を見せてくれました。「大した望遠鏡じゃないですよ」と言っていましたが、土星の輪があるのがちゃんとわかったので感激でした。

171106_011

建物は、群馬県立美術館や、グリーン牧場のハラミュージアムアークなどの設計も手掛ける磯崎新さんです。この日は天気がイマイチで、月がようやく見えるくらいだったので、巨大望遠鏡では、月を見せてくれていました。結構人が並んでいました。室内の展示も楽しく見学できました。

ところで、私が授業を聞いていなかっただけかも知れませんが(苦笑)、月の満ち欠けって、同じ方向に動いているってご存知でしたか?ちょっと検索して頂ければわかると思いますが、例えば「三日月」は、逆Cの字をした形の月の状態ですが、この後は、月は半月や満月に向けて「太って」いくだけで、逆にはならないんですね。恥ずかしながら知りませんでした。子どもは妙にそうした月の呼び方を詳しくおぼえているのでビックリしました。

ぐんま天文台は、定期的にイベントも開催しているので、また行ってみたいなと思います。

その後、天体や宇宙の写真を見たいなと思い、こういうのは高そうなので図書館で借りるに限ると思い、借りに行き、初めてこういうものをマジマジと見ました。その後、ブラックホールや相対性理論の簡単な話なども見返してみたりして(こういうのは、建築論を読んでいると出てくることがあります)、さらに興味が増して来た感じです。

そしてちょうどこの頃、メンテナンスで「ボルダリングができる家」にお邪魔したところ、天体望遠鏡を買って頂いたと言って置いてあったのでとてもうらやましかったです。「屋根の上で見る!」とお子さんが言っていたというのがかわいい限りですが(笑)

ということで、今後は、話題になる天体ショーなども見るようにしたいと思ったりしているところです。

2018年1月30日 (火)

今年も佐久スキーガーデン「パラダ」

先週月曜に雪が降って以降、毎日寒過ぎます!日曜に少し気温が上がったようでしたが、週明けもそれほど変わっていない感じです。

そんなところではありますが、先日、毎年恒例となってきている、佐久スキーガーデン「パラダ」に行って来ました。この寒さに、日本海側は大雪とのことで行くべきか気になりましたが、行ってみるとそれほど風もなく、厚着をしていったらかえって暑いくらいでした。

180127_021

新潟の魚沼や妙高などは大雪のニュースが多いようでしたが、やはり、佐久や軽井沢は雪は少ない方なのだそうで、この日も関東の平野部と同じように晴天で、ゲレンデ以外はあまり雪もない状態でした。

この日は、一緒に行った家族のお子さんが、いよいよ一人で滑れるようになるか?とのくらいで、わが親子も楽しみにしていました。以前にも書きましたが、このスキー場には、スキー初心者用の短い緩斜面があるので。すると、お父さんに教わり、間もなく一人で滑れるようになりました。そして、以前は、2回くらい滑ると疲れてやめてしまっていた感じでしたが、今回は4、5回くらい滑ることができたようで、楽しさも少しわかり、疲れも少なくなって来たようです。子どもたちが休憩で雪遊びしている間に、父親同士で少し急な斜面も滑りました。

180127_025

最後にみんなでひと滑りしたのですが、たまたま子どもたち2人でリフトに乗り、後姿があまりにかわいかったので写真を撮ってしまいました(笑) うちの子も、子どもだけでリフトに乗ったのは初めてだったと思います。

ということで、次もますます上達しそうです。ですが、うちの子は最近全然、マジメに上達しようとしないので困っています(苦笑)

より以前の記事一覧