雑記

2020年6月 8日 (月)

6/4アベノマスクが届きました!

先週、拉致被害者家族会の元会長であった横田滋さんが亡くなられました。とても残念です。ご冥福をお祈りいたします。

200608

6月になって、テニスコートの利用なども再開されていて、週末にようやく久々の「外コート」(私はインドアのスクールに通っているので)をしてきました。

さて先日、通称アベノマスクが、ついにわが家にも届きました!不織布のマスクだと暑くて、布製のマスクだと少しはマシらしいなどと聞いていたので、思わず封を開けてしまい、マスクの寄附ができなくなってしまいました(T_T)

せっかくなので印象を書くと、小さいとよく言われていて、確かに小さいですが、夏などであればその方が少しは暑くないのではと思ったりしました。水に塗らすと確かにひんやりしますが、持続性は限定的だろうと思います。それと、表裏の見分けがほとんどできないので、同じ面を外に向けておけるよう、マークを付けるなどした方が良さそうでした。

お店などでも、だんだんマスクを付けない方も見掛けるようになってきた感じです。無理のない範囲で、感染防止に改めて気を付けたいと思います。

2020年5月19日 (火)

5/19特別定額給付金申請書が届きました―安中市

新型コロナについて、ここ数日、「発症してから他の人にうつすのは1週間くらいまで」や「再陽性と出ても感染はさせない」、「マスクはうつさない、うつらないの両方に効果があるとの動物実験」だったり、新型コロナに対する新しい調査結果が報じられるようになっていて良いものの、地震が頻発しているのが気になります。避難所の新型コロナ対策も進んでいるようです。

200519   

さて本日5/19、一律10万円との新型コロナの特別定額給付金の申請書が届きました。安中市は黄色い封筒です。思っていたより早いなと感じましたが、安中市のHPでは、昨日発送したと載っていました。

給付金については、一律10万円への是非のあとにも、マイナンバーカードでのオンライン申請が可能となったにもかかわらず、仕組が準備不足なのか申請する方に問題があるのか、オンラインなのにスムーズに行かないとの報道も多く、「役所の窓口に人が殺到している、オンラインより郵送の方が早く振り込まれるのでは」などいろいろ言われたり、今日になって自民党から、「マイナンバーカードと振込口座をひも付けるべきとの提言がなされた」などもありました。私も、どうしてこういうことになるのか関心を持っていましたが、とりあえず早めに発送されて良かったなと思います。振込口座の通帳などの写しが必要とのことでしたが、市税などを引き落としにしている人がその口座への給付金の振込を希望する場合は写しが不要など、それは良いなと思ったり。

とはいえ、ネットニュースなどでも出ていましたが、申請書がパッと見でわかりづらい!国の見本を見て市区町村が書類を作っているとのことですが、申請をしてもらうために伝えなければならない情報って、こんなに必要ないのでは?と感じました。

同封された書類にもありましたが、くれぐれも詐欺などには注意せねばです。

2020年4月20日 (月)

「ビデオ通話によるオンライン打合せ」を行なっています

当事務所では、新型コロナウイルス感染拡大防止の一環として、「ビデオ通話によるオンライン打合せ」を行なっています。

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、「メールや電話では意思疎通が図りづらい」と感じられる場合には、現状、「互いにマスクを付けて、ソーシャルディスタンスを確保し、時間はできるだけ短く」との注意をしながら対面での打合せをさせて頂いていますが、ご要望がある場合などにおいては、「ビデオ通話によるオンライン打合せ」もさせて頂くことといたしました。ビデオ通話の映像や音声の明瞭さは、もちろん対面には劣りますが、「図面などを指し示しながら打合せができること」は、「メール+電話」などによる打合せなどよりも意思疎通が図りやすいものと思われます。

200419

さらには、多くのアプリでは「画面のシェア」ができるようで、例えば上の画像は当事務所のウェブサイトですが、それ以外のネット上の画面やPCやスマホ内の写真や図面データなどでも、こちらの画面に映したものを相手に見せて、カーソルで示しながらながら通話することも可能なようです(「このサイトのこの写真のここ」や、「このエクセルデータのこの部分」などです)。

ビデオ通話による打合せをご希望の方は、当事務所のメールアドレスをご存知の方はメールにて、ご存知でない方は当事務所のウェブサイトの問い合わせフォームよりご連絡頂ければ、どの通話手段を利用するのが良いかなども含めて対応させて頂きます。これは、建主様だけでなく、業界関係の方でももちろん結構です。ぜひビデオ通話のご利用をご検討頂ければと存じます。

なお、スマホでビデオ通話を行なう場合、データ通信量がかなりかかるようですので、wi-fi環境下やPCでの利用をおすすめいたします。


 

2020年4月17日 (金)

ついに屋外テニスコートが・・・

昨日、新型コロナについての緊急事態宣言が、全国に出され、給付金の全国民一律10万円支給が決まりました。今日も一日、こうした動きの背景などを探っていましたが、「布マスク2枚に続いて、今度は一律10万か!」と、何やってんのかなぁと思います。

そして昨日、友人に教えてもらったのですが、いつの間にか、安中市内の屋外施設も、週明けからGW中まで、使用中止になっていました。もちろんテニスコートもです!!ガックリ・・・_| ̄|○ 濃厚接触が少なそうとはいえ、人が増えてしまうこともあるでしょうし、仕方ないなと思いますが、5月開催予定の市民大会が、未だに中止の発表がないのがどういうことなのか??? 練習できないということからも中止だろうと思うのですが。

新型コロナの感染者の、「軽症者」というのが、酸素吸入器を付けていない人などのことで、呼吸のつらさなど尋常ではないと訴える人の映像もテレビで流れていて、やはり恐ろしい病気なのだなと感じます。そして、もちろん群馬でも、市中感染はある程度広がっていることは容易に想像されるので、元気にしている人もウイルスを持っていて掃き出していることや、自分が既に感染している可能性も考えて行動しているつもりではいますが、「対策はしているから大丈夫だろう」と思っている面もありましたが、そうした人でも感染しているとの情報を聞くにつけ、人との濃厚接触はさらに避けよう、外出はできるだけ控えようという気持ちが強くなってきました。でも話を聞いていると、本当に人によって意識の差はあって、気にしない人は本当に気にしていないようで・・・。

とはいえ、新型インフルの薬であるアビガンで症状が良くなったなどの情報も複数聞くようになって来たので、これは嬉しい話題です。

ということで、今年のGWは、仕事と庭の草むしりがメインになりそうだなと思った次第です・・・。でも楽しめることをいろいろ考えていこうと思います!

2020年4月14日 (火)

新型コロナ対策、頑張りましょう!!

新型コロナは、東京などを中心に感染者数が増え続けています。群馬でも、クラスターが多いとはいえ、感染者がかなり増えてきました。

200413  

ここ数日、店舗のレジ前に、ソーシャルディスタンスを確保するために、床にテープなどが貼られているのを見かけてはいましたが、昨日は買い物などの外出をしなかったのですが、今日数軒行ったら、レジでの店員さんとお客の間の「ビニールシート」が、いきなり増えていました。テレビで、役所などで例を見たくらいでしたが・・・。接触を減らすためというのもありますが、レジやカウンターで不特定多数の人と相対する仕事をしている人を守るために必要とのことでもあるのだろうと思います。

200414

そういえば、私が通っているスポーツのスクールも休業になりました。先日、とあるところで知り合いに会った時に、よくある光景だと思うのですが、新型コロナについて話をしたのですが、その人は最後に、「大変ですけれど、頑張りましょう!!」と言っていました。みんなで新型コロナと闘うのだと思うと、気持ちが前向きになる気がしました!

2020年4月 9日 (木)

テニスと桜

新型コロナで緊急事態宣言が出されました。とはいえ、これからお店の休業要請をしていくとか、何なんですかねぇという感じです。

200408

さて、大都市圏は感染者が急増していますが、群馬はまだそれほどでもなかったので(といって油断できるわけではないですが)、建主様と屋外テニスをして来ました!安中市内も、屋内施設は今月から閉鎖されていますが、屋外施設はやっていて、テニスなどは特に、濃厚接触をしない印象だったり、部活ができない生徒さんらもいるようで、コートはどこも予約で一杯で、当日受付の西毛グラウンドでようやく1面取ることができました。

この日は天気も良く、とても気持ちよくできました。そして、桜も見頃で、花見としてどんちゃん騒ぎをすると飛沫が飛んで良くないわけですが、桜を見ながら散策したり、ちょっとご飯を食べたりなどで、桜を楽しんでいる方が少なからずいました。

テニスも今年は既に、当面の大会は中止になっていて、とても残念です。今年の桜は、何だかいつも以上にきれいな気がしました。

2020年2月27日 (木)

「笑い」で免疫アップ!

公立小中高を一斉休校にするとは!ビックリですし、働く親にとっては大変ではありますが、大人にテレワークや時差通勤など、感染防止を求めている状況ですので、子どもを通じての感染防止策も当然だろうと個人的には思います。保育園や学童保育がそのままで良いの?などの意見も聞きますが、できる範囲のことはやる、ということでしょうし、他の対策も早めに考えてもらえればと思います。でも、卒業式や終業式が最小限に抑えられてしまう子どもたちがとてもかわいそうだなと感じます。

新型コロナの感染者などの数は、ある程度想定内なのでしょうけれど、「陰性」から「陽性」になったという「再燃」というのも気になりますが、20代の看護師さんが重体である件の今後が気になります。

そうした中で、新型コロナに感染しない、感染しても悪化させないことのひとつとして、今日、知人の方とも改めて話したのですが、「笑うと免疫力が上がる」というのが言われますよね。感染者数が日々増えたりしていると、不安や恐怖心が増したり、暗い気持ちになりがちですが、安直ですが、お笑いのYOUTUBEを観るとか、これからの楽しいプランを考えるなど、笑ったり、気持ちが上がるような工夫も良いのかも知れないです。

ちなみに、私も手洗いはしっかりしているつもりですが、外出先から戻って手洗いして、買ってきた、いろんな人がさわったであろう本を読みながら、手づかみでおつまみを食べていて、本当に手洗いの意味があるのか甚だ疑問です(苦笑)

 

2020年2月 4日 (火)

新型コロナウイルス・中国と日本の違い

早くも2月になりました。

新型コロナウイルスの話で騒然としています。多くの方が亡くなられてとても悲しいです。日本でも感染者が出て、この先どうなるか全くわからない不安な状況ではありますが、日々のニュースやワイドショーなどでは伝えられることは少ないようですが、多数の感染者や死亡者が出ている中国と日本とでは、異なる面もあるようです。

まずひとつは、中国は「直箸(じかばし)」の文化だそうで、要は、「取り箸」というものがなく、自分の箸で他の人に食事を取り分けたりするので、他の人の唾液が口に入ることが多いとのこと、そして「(道路などに)痰を吐く」文化があるそうで、こうした点で、感染が広がりやすい面があるのだと聞きました。

そして群馬県内の医療機関などでも、中国の映像に出てくるような防護服を着て訓練をするなど、感染者が出た場合の準備が進んでいると聞いて、とても安心しました。

ここ数日、とても幸いなことに、国内での感染者も増えず(もちろん潜在的に感染者が増えている可能性はあるでしょう。※この記事をアップ後、感染者が3名増えたとのこと)、死亡者も出ないことから、テレビなどでの報道がやや過剰気味と感じられなくもない時期に入ってきている気もします。もちろん私自身も含め、できるだけ患者が増えないことを願うばかりです。

そして、一部報道で言われている、「ホテル三日月」など、武漢からの帰国者を隔離するための施設で必死に頑張る従業員の家族などが、いじめや差別を受けているとのことが事実だとしたら、本当に強い憤りを感じます。

2020年1月20日 (月)

飲食店などの「無断キャンセル」事情?

年明け早々に風邪をひいたりバタバタした(?)新年になってしまいました・・・。2020年はいよいよ東京オリパラとのことで、これから夏に向けて盛り上がりを増していくのだと思いますが、「オリンピック以降の景気落ち込み」は以前から予測されていましたが、それ以前に、「これからの10年、劇的に社会が変化する。日本はもうダメ」との論調が予想外に多く・・・。普通に「おかしいよなぁ」と思うことがそのままにされていたりなど多いですから、なるべくしてなるのかも知れませんが。自分の子どもたちが大人になる頃どうなっているのかとても心配になります。

ところで、テレビなどで「飲食店の無断キャンセル」などが以前から言われているわけですが、新年会で東京に飲みに行きましたが、私がやや風邪気味とのことで、ドタキャンの心配をしたら、その居酒屋は、「席の予約だけでも2日前からキャンセル料が掛かる」とのことでした。ん~・・・、思った以上に厳しいのだなぁと。もちろん、無責任な無断キャンセルによるお店の被害も大きいですし、避けなければならないですが。私の場合は友人が機転を利かせてくれて、キャンセル料が掛からないようにしてくれて、私も無事に新年会に参加できたので良かったですが。

などなど、お店の実情の一端を直に感じたのでした。


2019年4月30日 (火)

「平成」から「令和」へ

今年のGWは、もちろん改元として、10連休として話題になっています。

そんな中、いよいよ平成から令和に代わる瞬間が近づいていて、何だか「ゆく年くる年」的な雰囲気も醸し出されているかと(苦笑)

たまたまですが、平成最後の夜は飲み会でした。考えてみれば、私がお酒を飲むようになったのは平成になってからで、「よく30年も一緒に飲んだよなぁ」とちょっと感慨深いものがありました(苦笑)でも、とても幸せなことなのだろうなと思いました。

令和と発表された時には、私も「んんん?」と思い、子どもも「え”~!」と、何だかガッカリしたリアクションでしたが、解説など聞いたりなどして、少しずつ馴染んで来たでしょうか。

いずれにしても、平成が、日本に戦争がなかったことはとても意義あることだと思いますが、政治的には、戦争がしやすい方向に進んでいることは間違いないでしょうし、世界では今でも、多くの戦争や内戦、テロなどが続いているわけです。令和の時代だからというわけではありませんが、本当に平和な時代を私たちの子どもに残すべく、まだまだ頑張っていかねばと思います。

それはそれとして、今上天皇・皇后両陛下におかれましては、本当にお疲れさまでしたと、庶民的用語ではあろうかと思いますが、申し上げたいと思います。

より以前の記事一覧