雑記

2023年2月 2日 (木)

「日本はさすがにヤバいだろ...⁉」と身近ですら話題になってきた件

今年ももう2月になってしまいました。先週からの「10年に一度の寒波」にも、ようやく体は慣れてきた感じですが、雪国の方々など大変とお察しするところです。

ところで、去年最後の記事にも書いた「少子高齢化」などについて、予想より数年早く昨年の出生数が80万人を割る見込みとのことで、年初から、小池都知事による子育て給付や、それを意識してなどとも言われる、首相による「異次元の少子化対策(その後トーンダウン、大増税、防衛増税批判をかわす狙いなども言われているようですが)」発言もあり、メディアなどでも深い、浅いはあろうと思いますが、議論には出て来ているようです。

私も子育てをしている立場だからというだけでなく、「自分が携わっている建設といった産業の将来なども考えておかないと、お客様にとってより良い提案がしづらくなるから」ということもあり、こうしたことに最低限は関心を持つように努めているところです。

でも私はこれについては、専門家の受け売りの部分が多いですが、基本的なこととして「少子化対策」は、
●「児童手当の拡充」、「育休取得やその後のキャリア形成の環境整備」などのレベルで何とかなる話ではないらしいこと
●根幹は、「少子化」だけではなくて「日本の国全体の今後の人口減少」、「生産労働人口の減少」であること(外国人労働者にとっては既に日本は魅力はなく、AIで人材不足をカバーするにも限界がある)

などらは理解しておいた方が良さそうだと、現時点では思っているところです。
そうした中、少子化対策の一環として、「子どもを多く育てている女性は正社員が多いので、女性の正規雇用の促進を」など言っている女性コメンテーターがいましたが、どうなのでしょう...

他方、今後、急速に人口減少が進み、生産労働人口も激減する日本において、「必要とされる(稼げる)仕事へのシフト」、「生産性の向上」、「労働力・雇用の流動性を高める」などが言われています。

→「女性(おそらく男性も)の正規雇用促進」VS「労働力・雇用の流動性(要は、従来の日本型の終身雇用、年功序列の逆)」

はどう議論が進んでいくのかいかないのか、注目していかねばと思います。

他にも、「日本はさすがにヤバいだろ⁉」という意見が、私の周りですら聞かれるようになって来ている印象です。急いで、今までとは大きく違う、まともかつ具体的な対策を実行して行かないとではないかと、子を持つひとりの親として、単純に思います...。



2023年1月23日 (月)

テニス初打ち & 防犯対策

1月も早くも下旬になってしまいました。明日から10年に一度の寒波が来るとのことで、かなりビビっています...。

230115

しばらく前になりますが、今年もテニスの初打ちをしてきました。善造コートです。昨年末からサボっていたので心配でしたが、思ったより体が動いて良かったです。その後も数回、善造コートで打ちました。

パラ・テニスの絶対王者だった国枝選手が、引退を発表されました。日本人で最も有名なテニス選手とも言われるそうです。本当にお疲れさまでした!

別の話として、ここ数日、SNSを使ったグループでの、乱暴な強盗事件が頻発しているとのことで、ニュースになっています。こうしたこともあって、防犯意識が高まっているとのニュースもありましたが、私の立場からまずおすすめできることがあるとすれば、

●在宅時には全て鍵を掛けて、宅配便などについても(業者さんには申し訳ないのですが)いつもと違う配達員さんらしければ、インターホン越しやドア越しに送り主を確認するなど、簡単に玄関の鍵を開けない
●サッシュのガラスを割って侵入してくるケースもあるとのことで、防犯ガラスだったり、防犯フィルムをホームセンターで買って貼ったりできれば良いですが、ぞの前にできることとしては、サッシュの鍵がダブル(サッシュ下部に防犯用ロックが付いているものなど)になっているようでしたら、念のためそのロックも掛けておき、侵入に時間を掛けさせる、もしくは時間が掛かることであきらめさせる

などがあるかと思います。ご参考で。

2023年1月 5日 (木)

本年も宜しくお願い申し上げます

2023年・令和5年も始まりました。

230101


年賀状にも書きましたが、おかげさまで当事務所は、今年、開設20周年を迎えます。それもふまえ、新しいことにもチャレンジしていきたいと思っています。

本年も、宜しくお願い申し上げます。

2022年12月31日 (土)

今年の最後は「東日本大震災からもうすぐ12年」

2022年ももうすぐ終わります。今年はコロナ禍から少しずつ日常を取り戻しながらも、ロシアによるウクライナ侵攻といった、とても考えられなかったことが実際に起こったりと、忘れられない1年だったと思います。そして、今年は途中から、日本で数十年も前から問題となっている「少子高齢化」とともに着々と進む「日本の劇的な人口減少」について考えさせられることが多かった年でもありました。

そうした中、年末に友人の仕事の手伝いで福島にしばらく滞在し、帰りに、今まで行けていなかった東日本大震災の被災地を、福島県内の少しではありますが見ることができて、改めて大きな衝撃を受けました。

被災当事者でない私が、あまり安易なことを書くのも良くないかとも思い、撮影した写真を何枚かと少しの説明を。

Dsc_1496

上は、浪江町にある、福島県内唯一の震災遺構である、請戸小学校です。下調べをせずに行ってしまったので、この日は休館日でしたが、一般公開されています。1階と2階の間くらいに、押し寄せた津波の高さの表示があり、1階は、卒業式準備中だったという教室が津波で大きな被害を受けた当時のまま残されています。児童や先生らは避難できて無事だったとのことで、本当に良かったですが...。
Dsc_1504
この小学校の近くにできた防潮堤。絶壁ではなくて緩傾斜式というものだと思いますが、両側が緩勾配の傾斜になってソフトではありますが、今までのように、陸地から海は全く見えません。その背後には、その他津波対策を施した場所でも見られましたが、防災緑地なのでしょう、小さな苗木がたくさん植えられたエリアが広がっていました。

Dsc_1507
そしてその背後には、遺構の小学校がありますが、津波で全部流されてしまったのか、原発も遠くないので、しばらく立入禁止だったのか、震災前にそこにどのくらいの建物や生活があったのかは、あとで調べてもよくわからなかったのですが、震災後に整備されたであろう道路があるだけの、もちろん田んぼでも畑でもない、荒野のような風景が広がっていました。
Dsc_1516
そして上は、双葉町にある、「東日本震災・原子力災害伝承館」とそれに隣接する「双葉町産業交流センター」です。伝承館もこの日は休館日でしたが、福島県内の子どもたちを中心に、震災被害を継承していくために、学校単位で見学に来たりしているようです。交流センターの方には、東京電力の福島復興本社などの機能も入っているようでした。休館日で人が少なかったせいもあるのでしょうけれど、ふたつの新しい建物の間から見える景色には、先のような防潮堤が伸び、その前には、やはり何もない荒野が広がっていて、とても空が広く見えたのがとてもつらく感じました。この建物の近くには、低層のビジネスホテルもあり、震災復興関係の人が寝泊まりしているのだろうかと思いました。

ちなみに福島の湾岸部を縦断する国道6号線を通っていくつかの被災地を見てきましたが、福島第一原発の周辺では、やはりしばらく帰宅困難地域であったのでしょうか、国道沿いにもかかわらず、震災直後のままと思われる店舗などが点在していて、生活が再開しているようではないエリアも少なからずありました。

来年の3.11で、震災から12年になります。詳しくない者が誤ったことを言っていたら大変申し訳ないのですが、津波や原発の被害を受けた地域では、震災復興として、さまざまな公共事業が行なわれてきているようですが、それは、被災者の希望によるものも多いのだと思いますが、果たしてそこに震災前のように人の生活が戻るのか、特に若い世代などが、と思ったりしました。

参考で、東日本大震災の「伝承施設」をまとめたサイトとしては、以下のようなものが役立つようです。
https://www.thr.mlit.go.jp/shinsaidensho/index.html
時間を見つけて、少しずつ見たりと、理解を深めたいと思いました。

この年末には、防衛費の増強や原発推進への方針転換などがニュースになりました。これからイヤでも劇的に人口減少が進む日本において、戦略的に縮んでいくことを提唱する専門家もいたりしますが、今までのような、人口が増える、経済がまた右肩上がりになるとの前提のもとに、これで良いのかと思わざるを得ないようなことが、今までと変わらず行われているのではないかと思うような場面がやはり多く見られるようにも思います。こうした状況の中で、未来の、特に日本の子どもたちのために、今の大人がどうすべきなのか、個々人のレベルでも考えて、少しでも行動に移せて行けると良いのではないかと、改めて思ったりもしました。

ということで、今年もみなさまには大変お世話になり、誠にありがとうございました。
当事務所は、年明けは、5日から業務を開始いたします。
みなさまにおかれましても、良いお年をお迎え頂きますよう。来年も宜しくお願い申し上げます。





2022年12月13日 (火)

Dr.コト―診療所

あっという間に、12月も半ばに入ってきました。もろもろバタバタしています。

221212

テレビのこのクールでは、川口春奈さん、目黒蓮さん出演の「silent」が話題になっていて、しかも、今回初脚本という生方美久さんという方が、まだ20代とお若く、しかも群馬県の富岡市ご出身、群大医学部保健学科卒の異才ということもあってか、国定駅や高崎問屋町駅などもロケ地になっていて、群馬県関係者にとってはさらにホットらしい、とのこと。子どもが観ているというので私も試しに見始めたところ、既に第5話くらいまで放送されてしまっていましたが、TVerなどで初めの3話は無料で観られ、その後は何とか追いついたので、すっかりハマっています(苦笑)

そんな中でではありますが、今週末から、「Dr.コト―診療所」の映画最新作が公開になるからなのでしょう、同じくTVerで、2003年の初めのドラマ放送から一気に無料見せ、しかも映画公開日の前日らしい12/15までとなっているものがほとんどのようで、生活に支障のないようにしつつも、結構観てしまっています(苦笑) ん~、いい話だな~と改めて思います!

2022年12月 1日 (木)

今年の秋は長かった?

今年も師走に入りました。

2201130

写真は、先日撮影したものですが、今年は紅葉がきれいだという方が多いように、たくさんの方が感じているのではないでしょうか。
今日から寒波が押し寄せて来て、本州でも本格的な寒さが、とのことですが、考えてみると、今年の秋は天気が良く暖かい日が続いたせいか、とあるテレビで「今年の秋は長かった」と言っていたのもうなづける気がしました。

コロナの第8波は、どのくらいの感染者数になるのかまだわかりませんが、周りでも結構感染したとの話を聞くので、それなりに気を付けては行きたいなと思います。

サッカーのワールドカップも楽しみです!

2022年11月 6日 (日)

ベイシアスポーツ安中店 スキーレンタル準備中!

※以下の記事を書いたあと、店舗の方に聞いたら、レンタルはしないことになったのだそうです。

そういえば、買い物があってベイシアスポーツ安中店に寄ったら、まだ10月20日過ぎだというのに、「11/14レンタル受付開始!」とスキーレンタルの道具が並んでいました!素晴らしい気合を感じます!そして、もうそんな季節なんだなぁと。

221022

以前にもこのブログで書きましたが、ベイシアスポーツ安中店さんは、とてもリーズナブルな値段でスキー(とスノボ?)のセットや単品レンタルをしてくれるので、友人家族らも含め、子ども用などを、小さい頃から利用させて頂いていますが、ニーズがあるのでしょう、年々品揃えが豪華になっている気がします!特に今年は、コロナの関係も落ち着いて冬を過ごせるかもしれないので、たくさんの利用があるのではないかと思います。

わが家もコロナになってからは、ほとんどスキーに行けていませんが、今年の春スキーの頃には、ぜひまたレンタルさせて頂いて、行きたいなと思ったのでした!

 

 

 

 

 

2022年10月23日 (日)

ベイシアのコロナ対策に変化が...

円安が進み、ついに150円台を記録して、また円買い介入が入ったようです。1ドル=150円というのは32年ぶりということで1990年、バブルの余韻がまだまだ残る、日本経済が成長していく途中での150円だったとのことで、今の経済衰退傾向とは全く逆の時代だったようです。なつかしいですが、私が初めて海外に行った時には、円が80円台だった記憶がありますが...。

さて今月の初旬、中旬くらいでしょうか、よく買い物で寄るベイシア安中店の、出入口のコロナ対策がいつの間にか少し変更になっていました。

221015

出入口のコロナ対策としては、出入口風除室の室外側の中央部分に手指消毒用のスプレーが置かれていて、入る人は右側を通って、カートやカゴを用意し、室内側にもスプレーがあり、慎重な人はそこでもさらに消毒をして入店していました。そして買い物を終えると、カートを風除室内の左側に貯めて、室外側のスプレーをして帰るという、しっかりとした右側通行の形でした

でもこの日は、まず、室外側のスプレーが真ん中にはなく左側に寄せられていて、右側の室内側に今までのようにカートやカゴ、スプレーが置かれていました。そして帰る時は、カートを右側のカートが貯められているところに自分で戻して帰るとの、コロナ以前の動線になっていました。

気温も下がって来て、北日本では換気が悪くなるためか、感染者も増え始めているとも聞きますが、徐々にウィズ・コロナの形への移行がはじまっているのかなと感じました。

 

2022年9月 4日 (日)

バドミントン国際大会の楽しみ方

今週末の3年ぶりの高崎まつり、無事に終わったようで良かったです! 社会人1年生の時だけ会社が参加した高崎まつり、私が参加したのはこの1回だけですが、神輿が途轍もなく重かったのを思い出しました。

さて、先週終わった世界バドミントン東京2022は、女子シングルスの山口茜選手が金メダルに輝くなど、日本人選手の活躍もそれなりに見られて良かったですが、今週は、同じく日本・大阪で、バドミントンの国際大会のひとつであるジャパンオープンが開催されていました!

山口茜選手が連続金メダルで、絶好調、無双状態を改めて感じさせてくれて、混合ダブルスのワタガシ・ペアがまた惜しくも銀メダルだったりと話題がありましたが、この大会では、男子シングルスで、ここのところ早々と敗退することが続いていた元世界王者・桃田賢斗選手に続いて、西本拳太選手が、国際大会初優勝・金メダルに輝いたことが、一番のニュースだったのではないかと思います! 本当におめでとうございます!! 新しいスターが出ることは、日本の層の厚さを改めて感じさせてくれます。

バドミントンの国際大会といえば、世界バドミントン東京の際に、地上波・テレ朝で最後の3日間ほど、日本人選手の試合を終了後の夜に放送してくれていたものの、それ以外の試合は、スカパーでしか観られないので、この際、スカパーに入ろうかと思ったところ、映るようになるまで数日掛かりそうだったのであきらめた、ということがありました。

そうした中、ジャパンオープンは、ニュースのスポーツコーナーなどでほんの少し結果などが放送される程度と思っていたところ、子どもが気付いたのですが、こうした有料放送でしか観られない試合でも、「グーグルでスコアをリアルタイムで知ることができる」+「日本人選手の試合など、当日夜にはダイジェストがYouTubeにアップされて観られる」ことがわかりました!

スコアをリアルタイムで知る仕組みは、ヤフーなどで以前からやっていますが、更新が少し遅いとの印象がありましたが、何と、大会開催期間中に「バドミントン ジャパンオープン」と検索すると、以下のようなリアルタイムのスコアが出てくるようになっていました!グーグル、すごい!

2209041

そして、権利的に問題ないのか疑問ではあるのですが、海外かららしきものも含め、試合放送をダイジェストに編集してくれたような動画が、以下のように、その日のうちにアップされて、もちろん無料で試合の映像が観られるのです! どこのどなたかわかりませんが、とてもありがたいです!

2209042

こうした状況が、他の海外の大会でもあるのか定かではありませんが(でも、過去の大会の試合映像で、YouTubeで観られるものがあるので、観られる可能性ありです)、これからは、有料放送のみの場合の楽しみ方のひとつとして、おぼえておきたいなと思いました。


2022年8月20日 (土)

8/22月~ いよいよ世界バドミントン2022東京大会!

お盆を過ぎて、多少は暑くなっても以前とは異なり、過ごしやすい時間が増えてきました。

ところでいよいよ来週、世界バドミントンの東京大会が始まります!
ということで夏休みに、大会の会場となる東京体育館などに、子どもと出掛けてきました。
220820 
2208202
東京体育館は、著名な建築家・槙文彦さんの設計で、銀色のカブトガニのような外観が印象的です。総武線・千駄ヶ谷駅を出てすぐのところにありますが、考えてみたら、去年行われた東京オリパラのために作られた国立競技場がすぐ隣でした!

神宮球場や絵画館も近くですが、そういえば最近、再開発のために伐採予定だったこのあたりの明治神宮の一部樹木を、植え替えなどで保存するようになったという話題もテレビで流れていたなぁと思った次第です。

より以前の記事一覧