「ball-house」

2016年1月27日 (水)

スーモ掲載 「ball-house」

今日は久しぶりに、日差しの暖かさが感じられる一日でした。でも未だに、わが家の庭には雪が大量に残ったままです。早く融けて欲しいのですが・・・。

160127_016_2

さて、現在発売中の「suumo 群馬で建てる注文住宅 2016冬春(リクルート社)」の関工務所さんのページで、「ball-house」を大きく掲載して頂きました。ありがとうございます!そういえば昨年のLIXILメンバーズコンテスト受賞以降、建主様とお祝いをしましょうとのことになっていますが、とてもお忙しい建主様なので延び延びになっているようで残念です。

そして同じページには、前号の巻頭で使って頂いた「夕涼みの家」の写真も使って頂いています。

たくさんのコンビニや書店で販売されていますので、ぜひお手に取ってみて頂ければ幸いです。

2015年3月23日 (月)

『心地よい暮らしの間取りとデザイン』に掲載されました

今日からは、少し寒の戻りもあるとのことですが、近所を歩けば「暖かくなりましたね」と声を掛け合い、ゴミステーションには、剪定された枝などが目立つようになりました。東京では今日にも桜の開花かという、3月の下旬です。

そんなところで、「ball-house」が、『心地よい暮らしの間取りとデザイン』(エクスナレッジ)に掲載されました!

Kokochi

これは、以前の記事でも書いたように、「LIXILメンバーズコンテスト2014」に入賞した作品を集めて作られた書籍です。表彰式の時には、3月くらいに店頭に並ぶ予定と聞いていましたが、一部書店では、2月末からおかれていたようでした。

全国規模のコンテストでの入賞作品を集めた、建築系では大きな出版社であるエクスナレッジの本ですので、全国各地の書店で販売されています。

150322

私がちょっと見た限りでは、この本はもともと専門書ではなく、一般ユーザー向けの書籍なので、多くの書店で、そうした棚に並べて頂いていました。そして戸田書店さんなどでは、発売当初、そうしたコーナーに平積みにして頂いていましたし、写真は、TSUTAYAさんでの様子です。結構、一般の建主様の目にとまりやすいところにおいて下さっているお店も多いようですので、ぜひご覧頂ければ幸いです(ただ、既に売れてしまって、再入荷しないお店もあるかと思います)。本の最後に、施工の関工務所さんの案内がありますので、そこで掲載ページを見て頂くとわかりやすいと思います。

2015年2月13日 (金)

LIXILメンバーズコンテスト2014 表彰式 

以前にお知らせしたように、昨年、「LIXILメンバーズコンテスト2014」で、「ball-house」が地域最優秀賞を頂き、その表彰式があったので、関工務所の社長さんと、サッシュ屋さんと一緒に出席してきました。

150212_005

この賞は、以前は「TH大賞」と言って、旧トステムの製品が使われている、トステムの協力会社がかかわった住宅の中から選考して、賞を与えるとのコンテストだったもので、トステムが他の会社と合併してLIXILになったので、「LIXILメンバーズコンテスト」との名称に変わったようです。いずれにしても、応募要件が、「LIXIL製品を使っていること」であるので(確か)、そうでない住宅は応募資格がないということでもあります。とは言え、今回のコンテストでは、全国で1,987という数の応募、そして新築部門では、837の応募があったとのこと、その中で、「地域最優秀賞」というのは、大賞1作品、準大賞2作品に続く3番目の賞、話を聞くに、「地域」というのはLIXILの支社で分かれていて、全国で13のエリアに分かれいるようなのですが、その地域ごとに最優秀賞が1点あります。そのうちの「北関東」(長野や山梨も含むらしいです)というエリアでは、後で聞いたところによると152の新築の応募があった中での1等賞(大賞らに北関東のものはなかったので)ということのようです。

ただ、もちろん「ball-house」も、他の私や関さんの過去の事例と同じく、しっかりと作った良い作品には違いありませんが、こうした賞は水物といった面もあるので、僅差で敗れたであろう作品や、「これ良いか???」と思ってしまうようなものがあったりしますし、賞を取れた取れないで、建主様に気を遣わせてしまうこともあるので、そういった面ではイヤなものであったりもします。

そしてこの賞は、基本的にはLIXILの関連の会に所属する施工会社さんを表彰するコンテストのようで、私のような設計監理が別組織である場合は、立場的には施工会社さんのオマケのような感じのようでもありますが(苦笑) もちろん、評価されているのはやはり主には設計内容であるので、まあいっか、というところでしょうか。いろんな方はいらっしゃるでしょうけれど、全国を対象としてこれだけの数の応募があって、これだけの規模で行なうコンテストもそうはないだろうとは思います。

表彰式の会場は、新宿の京王プラザホテルで、その中の、大きな会議などで使われるであろう部屋、そして、LIXILの社員さん(LIXILさんは、住宅を中心とした建材メーカーの中ではかなりの大きさ。東証一部上場企業です)がたくさんいて、最初はかなり圧倒されました(苦笑)

150212_003

LIXILさんも、さらにコンテストに力を入れ始めたようで、今回からの新しい試みとして、大賞と準大賞の候補者3名の公開審査をこの場で行なって大賞を決めること、さらには、受賞作品を中心にした本を出すとのことで、仕上がったばかりというその本も配られました。またあとで記事として書きますが、『心地よい暮らしの間取りとデザイン』(エクスナレッジ)という本で、3月頃から店頭に並ぶ予定とのことです。ここでは、関工務所さんのご配慮で、私の名前もしっかり入れて頂くことができて、とても嬉しかったです(笑)

150212_010

最初に、LIXILの社長さんからの話があり、徐々に進んで、「ball-house」を含めた地域最優秀賞の表彰が始まりました。作品をスライドで簡単に紹介するとともに、どのような点が評価されたかも簡単にアナウンスされましたが、やはり「室内でテニスなどができるという空間の圧巻さ」が主な評価のポイントだったようです。あの空間を作るには、関工務所の監督さんや職人さんには、とても苦労して頂いたので、そうした点も評価されたのだろうと嬉しく思います。ちなみに、私もスライドで、テニスをしている写真で登場してしまいました(笑) 

そのあとに、審査員のうちの1人の方の講演があって、公開審査の結果や、全体の講評があって表彰式は終了しました。

そのあとに懇親会があり、特にLIXILの群馬関係の北関東支社、群馬支店の支店長(といっても結構お若い 汗)さんらといろいろ話などさせて頂きました。全国の支社長さんが並んでいた席では、「部屋の中でテニス??? 壁や床はどうなっているんだ???」と軽くどよめきが起こっていたそうです(苦笑) その後は、関係のみなさんで、二次会をして帰りました。

最初は気付いていませんでしたが、京王プラザホテルというのは、やはりそれなりに高級なホテルでした。エレベーターが来たので5階から下に降りようと思い、他の人と一緒に乗りましたが、その人は「これは下に行くんですか?」と聞いていたのに誰も答えず、40階まで連れて行かれてしまいましたが、どうして誰も答えないのかと思ったら、一緒に乗っていたのは他は全員中国人の方でした(苦笑) もともと外国人のお客さんも多いホテルでしょうけれど、さすがに中国の人も増えているのだろうと、「爆買い」などのニュースを改めて実感したりもしました。

本当に式は盛大で、いろんな方の作品なども見られ、そうしたところに参加させて頂けたことは、とても良い経験になったと思います。改めて、建主様と関工務所さんに御礼とお祝いを申し上げます。

これからも、ますます頑張ります!

2015年1月27日 (火)

余談ですが、『SUUMO注文住宅 群馬で建てる』

余談というか、ちょっとしたお知らせです。

150127_2

現在発売中の『SUUMO注文住宅 群馬で建てる』(リクルート社)の関工務所さんのページで、受賞作品のひとつとして「ball-house」が小さ~~~くですが(苦笑)掲載されています。(前号か前々号くらいでは、もっと大きな写真が施工例として載っていましたが)

この雑誌は、確か年4回の発行で、地元の施工会社さんを紹介する雑誌ですが、値段もいつも¥300ほどとお手頃なので、書店などにてごお買い求め頂ければ幸いです。一部のコンビニのほか、文真堂さん系列の書店や戸田書店さんなどでもおいてあると思います。専門書ではなく、一般ユーザー向けのハウジング的なコーナーに置いてあることが多いようです。いつもですが、大量に平積みされています(笑) 価格のせいもあって売れているようですが、次の号が出るまできちんと補充されている印象です。

「ball-house」の表彰式は来月です。そのあとに、受賞作品をまとめた書籍が発行されることは以前にもこのブログでお知らせしましたが、その書籍の原稿チェックなどもありましたが、どうなるんでしょうね~(笑) いずれにしても楽しみです!

2014年10月 9日 (木)

「ball-house」が賞を頂けることになりました!

先日連絡があり、今夏に募集があった「LIXILメンバーズコンテスト2014」(旧 TH大賞)において、「ball-house」が「地域最優秀賞」を頂けることになりました!関係のみなさま、おめでとうございます!

年明けに東京で表彰式があり、受賞作品を掲載した書籍も出版されるとのことで、とても楽しみです。また詳しいことがわかりましたらお知らせしたいと思います。

建主様はもとより、しっかりとした施工と、コンテストへの応募を勧めて下さった株式会社関工務所さんに御礼申し上げます。

Ball007

ウェブサイトに掲載してある竣工写真から1枚。このように室内で壁打ちテニスなどの運動ができることがこの家の一番の特徴ですが、ちなみにおわかりの方も多いと思いますが、テニスをしているのは、建主様でなく私です(笑) こちらの家の、どのような点を評価して頂いたのかもうかがえると良いなと思います。

2014年6月16日 (月)

Worksに「ball-house」をアップしました

週末から梅雨の中休み。日なたは暑いですが、日陰は結構風が涼しく快適です。そしてサッカーワールドカップ、日本の初戦はとても残念でした。あと2試合、頑張って欲しいなと思います。

140616

さて、先日撮影した「ball-house」の竣工写真を、ようやくウェブサイトにアップできました!ぜひご覧下さい。

2014年5月20日 (火)

「ball-house」竣工写真撮影

先日、「ball-house」の竣工写真撮影があったので立ち会ってきました。「ball-house」は、既に引渡しから1年半ほど経っていますが、建主様がとてもお忙しく、ようやくタイミングが合って撮影させて頂くことができました。

140519_0112

1年ほど前に「お疲れ様会」を開いて頂き、暮らしのご様子もうかがってはいましたが、ご家族の写真やその他小物など、とても生活感あふれる家になっていました。そして道路側も中庭も、ずいぶん緑や花がきれいになっていました。お忙しい中でも、庭いじりも楽しんでいらっしゃるようでした。

アップしたのは、私がちょこっと撮ったものですが、もちろん竣工写真はプロによる撮影です。写真が仕上がったら、WEBサイトにもアップさせて頂こうと思っています。

2013年7月 5日 (金)

「ball-house」お疲れ様会

昨夜の「アメトーク」の「すぐモノ買っちゃう芸人」は、個人的にはそれほど面白いわけでもなかったですが、取り上げられていた「真空断熱タンブラー」は、すかさず注文してしまいました(苦笑)

というところで先日、しばらく前に植栽などほとんどの工事が終わった「ball-house」の、お疲れ様会を建主様が催して下さったので行ってきました。

今回は写真アップはありませんが、とても上品で眺めの良い和食料理屋さんにて。設計中、施工中のこと、家以外のことなど、とても楽しくお話をさせて頂いて来ました。

そして何より、年末に引渡しをしてから今までの住み心地や使い勝手について、とても満足して頂いていることを、具体的なポイントを挙げてお話し頂きました。室内でスポーツができて良いこと、お孫さんらがたくさん集まって楽しく遊んでいること、車から家事動線、奥様の部屋までの動線のコンパクトさなどなど・・・。

頂いた料理もとても美味しかったですが、こうして出来上がった家にご満足頂いていることをお話し頂けることは、何より嬉しくありがたいものであることを改めて感じました。「どんどん推薦しますからね!」などと言って頂けるのは、本当に作り手冥利に尽きます。

引渡しから1年経過する間に、まだまだいろいろあるかと思いますが、そうしたことも改めてうかがいつつ、竣工写真も撮影させて頂けるとのこと、建主様、今後ともますます宜しくお願い申しあげます!

2013年3月19日 (火)

鉄平石小端積み

WEBサイトからお問い合わせを頂いたお客様が先日、当事務所の打合せ室開設以来の大家族でお越しになりました。お子さんがたくさんいらっしゃり、とてもにぎやかで楽しい時間でした。ありがとうございました。今後ともぜひ宜しくお願い申し上げます!

さて「ball-house」の外構ですが、鉄平石の小端積み(てっぺいせき・こばづみ)が進んでいます。

130318_001

鉄平石は、敷石などとして使われることが多いですが、このように壁にも使います。例えばタイルなどは、薄い板状のものを壁に貼り付けるわけですが、鉄平石は、例えばレンガのように細長い面(小端)を見せながら、「貼っていく」というよりも「積んでいく」方法をとるのが一般的です。壁も厚くなり、要は、石の体積が大きくなり、作業にも時間が掛かるので、コスト的にも高級仕様のひとつです。余談ですが、屋根瓦をタテにして地面に敷く方法を「瓦の小端立て(こばだて)」と言い、瓦の再利用方法のひとつなどとしても知られています。

今回の鉄平石は、主な産地でもある諏訪地方で取れた「諏訪鉄平石」で、やや赤みがかっています。同じ種類の石でも、取れる状況(水分や鉄分など)に応じて色味が異なるのも楽しいものです。

ということで、外構工事もだいぶ仕上がって来ました。去年の冬に植栽もほとんど済んでいるので、新緑の時期が待ち遠しいです!

2013年2月28日 (木)

RC塀・脱型

外構工事が進行中の「ball-house」は、RC塀の脱型(コンクリートが固まって型枠を外すこと)までが終わりました。

130227_011

写真は、門扉から玄関までのアプローチ部分。これから床のタイルやその他舗装が済むと、ようやく雰囲気が見えて来ます。植栽なども少し欲しいところでです。

アプローチなど外構は、入居時から数年など遅れて施工されることも多いですが、家と一緒に計画して、できるだけ新築時に作っておく方が、やはり家の雰囲気が良くなるなぁと思います。
楽しみです!