« 猛暑による植物の巨大化? 今年はクサギを駆除したい! | トップページ | ジュンク堂書店・池袋本店に行ってみた »

2024年1月27日 (土)

クロ現・佐藤優 おもしろかったな~

年初来の株高について、ブルームバーグの記事が出ていましたが、「外国人投資家が買い越しているだけで、国内投資家は逆に売り越している。新NISAによる効果も特に大きくない」とありました。なるほど~。

ところで今週のNHKクロ現で(最近、クロ現で面白いものが多い気が)、元外交官で作家の佐藤優氏が出ていました。私も逮捕された外交官程度しか知らなかったですし、ほとんどテレビに出てこなかったということで、ロシアでゴルバチョフに対するクーデターが起きた時に、世界で一番早く、ゴルバチョフが生きているとの情報を得た才能ある外交官であったなど、とても新鮮でした。

240124

「他者を理解し合える世界へ」との副題がつけられ、「内在的論理」といって、例えばプーチンにも、ゼレンスキーとバイデンもそれぞれが自分が正しいと思っていて、相手のことを悪魔だと思っている、ただ、それを進めていくと、世界で殺し合いが大きくなるだけなのだと、相手の論理を理解しようとする努力を説いていました。さらには、某専門家の著作から、「人間はどうしてもグループをつくる習性があって、自分たちと違うグループよりも自分たちは勝っていると思いたい性質があるので、反ファシズムの教育をずっと続けていく必要がある」など言っていました。これらは特に新鮮なわけではないかも知れませんが。

さらには、中国が台湾に侵攻するとか、北朝鮮なども日本に攻めて来る可能性があるから国防力の強化をなど、スローガンではなく、リアリズムで考えるべき。中国は、ロシアが侵攻により孤立した状況を見て損得を考えている、中国はまず台湾の半導体工場を攻撃するという専門家もいるが、そんなことをしたら中国に半導体が入らないことはわかっているからやらないだろう。平和的に解決したいとの意思はあるのだから、外交で解決できる。ロシアとウクライナも互いを皆殺しにしたいわけではないので、まずは銃を置くこと、と言っていて、さらには、日本はロシアにもウクライナに対しても、殺傷兵器を渡していない、日本の兵器による死傷者は一人も出ていないのだから、仲介役として魅力がある。そしてさらには、アジア太平洋では戦争を起こさせないような枠組みを、過去に武力を背景に失敗した過去があるからこそつくろうと話をするなど活躍できる可能性が多分にあるとのこと、元気鋭の外交官の言葉として、とても説得力があるように感じました。氏の命を第一にする考え方は、母親が沖縄県人で、本土決戦で集団自決の一歩手前まで行ったとよく話していたから、と言っていました。

最後には、この30年で貧しくなってしまった日本について、やはり教育だと。我々世代が、ダメだった点も含め、下の世代にきちんと伝えていくこと、若い人たちは優秀だから、もっと自信を持ってもらい、上の人から受けた恩恵を若い世代に返していくというのを「縦の贈与の連鎖」と言って提唱していました。親ガチャで恵まれたと思った人は、他の人に還元していく、逆に苦しい人が「助けて」と遠慮なく言える世の中になると良いのではないかとのことでした。

ちょっとはしょり気味ではありますが、こんなに面白い人だと思ってなかったので、とても良かったなと思ったのでした。

クロ現は、NHK+で見逃し配信していて重宝しています。

« 猛暑による植物の巨大化? 今年はクサギを駆除したい! | トップページ | ジュンク堂書店・池袋本店に行ってみた »