« あかしあ薬局 底冷え無し!―非住宅木造 | トップページ | 施工途中の吹抜 »

2022年2月12日 (土)

2021シーズン(多分)初雪

北京五輪も、ぼちぼち楽しんでいます。
今週から、東京での新型コロナ新規感染者が前週比で減少を始めました。検査数が足りていないのは確実ではありますが、いずれにしてもこのまま減って行ってくれればと願います。

周りで、3回目のブースター接種が進んでいますが、モデルナの1回の量が半分になったというのに40度の熱が出た人がいたりなど、「ワクチン副反応は、2回目と同じくらいかそれ以下」というくらいとの情報が合っているのかもと思っているところです。いやですね~。私も2回目から6か月経ったので、まもなく接種券が送られてくるらしいです。

220212

という中で、今週木曜、予報通り平野部でも雪が降りました。思ったより朝から降っていました。
わが家の前の道は、お向かいさんと2軒で主に使っているので、両家やできる方が雪かきをするのが通例となっています(笑) 通りに出るのに少し下り坂もあるので。今年はお向かいさんが、融雪剤を撒いても良いかと聞いてきて下さったので、撒いてもらいました。見る見るうちに溶けて行きます!

足回りを洗車しないと錆びるとの、高速道路などでおなじみの融雪剤、「塩カル」と言って来ましたが、塩化ナトリウムや塩化マグネシウムなども使われるのだと知りました。基本的には食塩に融雪作用があり、仕組みとすると、塩など不純物を雪の水分に含ませることで凝固点を下げるということだそうで、塩カルの場合は-50度まで下がるとのこと、へぇでした。

このあたりでは、さすがに幹線道路に積もるほどではなかったですが、畑などは、3~5㎝くらいは積もったかも知れないです。そしてまた日曜にも、雪が降るかも知れないようです。

そういえば、同じ市町村内でも、「雪が降る、雪に変わる境目」というのがあるのをよく聞くのではないでしょうか? 安中では、旧松井田町などになると旧安中市街とは結構違いますが、旧安中でも、原市のあたりにそうした境目があると友人が昔言っていました。もちろんそれ以外でも、碓氷川や九十九川の向こうの丘陵部や山沿いなどは結構積雪量が違います。先日前橋の北部に行ったら、昨晩の雪がうっすら残っていたので、「いつ雪が降ったのですか!?」との話になり、前橋などは、南部大橋の向こうとこちらでかなり違うとの話も聞きました。

大人になると、スキー場以外の雪は、面倒くさいだけのものになってしまいがちですが、いろいろ面白い面もあるのだなと思います。

« あかしあ薬局 底冷え無し!―非住宅木造 | トップページ | 施工途中の吹抜 »