« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月26日 (土)

久々の暖かさ

今日は、事前の予報通り、久しぶりに暖かくなり、珍しいことらしいですが、2月ももう終わりとの時期になって、今年初めて、前橋など関東で15℃を超えました。今年の冬も「コロナ太り」をしてしまいましたが(苦笑)、ジョギングをしたり、ようやく体を動かす気になってきました!

他方、ロシアがウクライナに侵攻したことが、現在の最大のニュースになっています。核をちらつかせるなど、プーチンは本当に恐ろしいと思いますが、アメリカもちょくちょく似たようなことをやって来ましたし、いずれにしても戦争反対! 早期の解決とウクライナの人たちの安全を願います。

2022年2月19日 (土)

施工途中の吹抜

昨日朝、カーテンを開けたら、雪が降っていたのでビックリしました。今夜も少し雪が降るかも知れない予報のようです。昨日の雪は、日本海側からの雪で、今夜は南岸低気圧による雪の予報。天気について、子どもにたまに教えたりしていますが、興味を持ってくれるかどうか(苦笑)

夕べの女子カーリングの準決勝スイス戦は、とても良かったなと思います。

220219

さて、「高崎の二世帯エコハウス」は、のんびりですが進んでいます。
先月のことになりますが、サッシュが入ったところで、吹抜の写真を撮ってみました。最終的には両側に壁ができますので見え方は変わりますが、施工途中の一段階で、とても開放的に見えました。

2022年2月12日 (土)

2021シーズン(多分)初雪

北京五輪も、ぼちぼち楽しんでいます。
今週から、東京での新型コロナ新規感染者が前週比で減少を始めました。検査数が足りていないのは確実ではありますが、いずれにしてもこのまま減って行ってくれればと願います。

周りで、3回目のブースター接種が進んでいますが、モデルナの1回の量が半分になったというのに40度の熱が出た人がいたりなど、「ワクチン副反応は、2回目と同じくらいかそれ以下」というくらいとの情報が合っているのかもと思っているところです。いやですね~。私も2回目から6か月経ったので、まもなく接種券が送られてくるらしいです。

220212

という中で、今週木曜、予報通り平野部でも雪が降りました。思ったより朝から降っていました。
わが家の前の道は、お向かいさんと2軒で主に使っているので、両家やできる方が雪かきをするのが通例となっています(笑) 通りに出るのに少し下り坂もあるので。今年はお向かいさんが、融雪剤を撒いても良いかと聞いてきて下さったので、撒いてもらいました。見る見るうちに溶けて行きます!

足回りを洗車しないと錆びるとの、高速道路などでおなじみの融雪剤、「塩カル」と言って来ましたが、塩化ナトリウムや塩化マグネシウムなども使われるのだと知りました。基本的には食塩に融雪作用があり、仕組みとすると、塩など不純物を雪の水分に含ませることで凝固点を下げるということだそうで、塩カルの場合は-50度まで下がるとのこと、へぇでした。

このあたりでは、さすがに幹線道路に積もるほどではなかったですが、畑などは、3~5㎝くらいは積もったかも知れないです。そしてまた日曜にも、雪が降るかも知れないようです。

そういえば、同じ市町村内でも、「雪が降る、雪に変わる境目」というのがあるのをよく聞くのではないでしょうか? 安中では、旧松井田町などになると旧安中市街とは結構違いますが、旧安中でも、原市のあたりにそうした境目があると友人が昔言っていました。もちろんそれ以外でも、碓氷川や九十九川の向こうの丘陵部や山沿いなどは結構積雪量が違います。先日前橋の北部に行ったら、昨晩の雪がうっすら残っていたので、「いつ雪が降ったのですか!?」との話になり、前橋などは、南部大橋の向こうとこちらでかなり違うとの話も聞きました。

大人になると、スキー場以外の雪は、面倒くさいだけのものになってしまいがちですが、いろいろ面白い面もあるのだなと思います。

2022年2月 8日 (火)

あかしあ薬局 底冷え無し!―非住宅木造

先日、「庭野クリニック」とともに設計をし、工事をして頂いた「あかしあ薬局」さんの1年点検を、施工会社さんがしてくれました。

220205

私自身は、お隣の庭野クリニックさんとともに、定期的に利用させて頂いていて、何かあればお話はうかがっているのですが、とりあえず最初の1年-つまり四季を通じての様子は、よくうかがうようにしています。

庭野クリニックもあかしあ薬局も、同程度の断熱性能の高い設計にしていますが、あかしあ薬局さんは、RCや鉄骨造と同様の「RC土間床」で、靴履きの利用を前提としたつくりなので、「冬の足元の底冷え」について気に掛けていました。

RCや鉄骨のビルや、昔なながらの低断熱の木造の建物の会社では、特に手足など末端が冷えやすいとされる女性をはじめ男性でも、「冬場に足元が寒い、底冷えする」との印象をお持ちの方も多いのではないかと思います。昔ながらの話かも知れませんが、デスクワークの多い女性が、ひざ掛けをしたり、足元に自前のヒーターを用意したりなどは、よく見る光景かと思います。そのような不利な土間床でも、こちらの薬局では、底冷えする感じはしないとのこと。もともと南からの採光が取りやすい建物ではありますが、ひとつの有効な事例として、今後の参考にしていきたいと思いました。

こちらの薬局は、オープンした時からコロナ化で、店長である薬剤師さんも、ワクチン接種のお手伝いもされていました。カッコ良くてやさしく、いろいろお話を聞いてくれる親切な方が多いですので、ぜひご利用してみてはいかがかと思います!

2022年2月 3日 (木)

オミクロン下でもテニス大会!

早くも2月。そして明日は立春です。
東京の新型コロナ新規感染者数が、みなし感染者数も含めるようになったこともあってか、2万人を超えるようになっています。「みなし」も良いですが、そもそも特にオミクロンは、無症状や軽症者が多いとのことで、検査で拾い上げられない感染者が5倍はいる(20-30倍との推察もあるとか)との話もある中で、新規感染者数を毎日数えることに意味があるのか?との疑問が聞かれますが、その通りな気がします。県内の学校では、感染を避けるために登校を控えている学生が多くて学級閉鎖になっているところもあるとも聞きました。そうなのかぁと。
実行再生産数は1に近づき、再来週にはピークか?との情報もありますが、減るペースは鈍くなるとの予測が増えているようです。
でも先日発表されたスパコン富岳のデータによる、「不織布マスク」、「人とは1m以上くらいの距離で会話」、「会話は15分くらいまでにしておく」、「換気をする」などが、各自で行なう感染対策として、やはりとても参考になりそうです。
ちなみにわが家では、家庭内感染対策として、家族がいる時はマスクをして、食事の時には横に並んで食べる、家には24時間換気がないので、しばらく前に新しくしたキッチンのレンジフードについている常時換気を点けるなどしています。

220203

さて、オミクロンで群馬にもまん延防止が出ていますが、中止になるのだろうなぁと思っていたテニス大会が、先日行われました。そこのコートの使用制限が出ていないので予定通り実施とのことでした。もともとテニスは、屋外で、しかも密にならないようにしやすいスポーツとは思いますが、それでも、応援だけの人はダメ、負けたらすぐ帰るようになど、できるだけ蜜を避ける配慮はされていました。実施して頂けてとてもありがたかったです。結果は・・・、ですが(苦笑)
現在、県内の高校・中学の部活が休止になっているので、部活でエントリーしている中高生が全員不参加になってしまっていたのはとてもかわいそうで、クラブチームからエントリーしている小中高生は出場していましたので、一律ではなく、実状に合わせた対処をして、「学び」に含まれるのかも知れませんが、「学生ならではの機会」を確保してあげられると良いのになと思いました。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »