« 耐力壁・金物検査 | トップページ | 9.11から20年 »

2021年9月 3日 (金)

50を過ぎても体力は上がる!? ゴルフで自己ベスト!!

新型コロナの第5波は、東京は、10日間ほど連続で前週を下回っています。お盆で一時的に減っただけの可能性がある、お盆明けから人流が大幅に増えている、学校が始まり、学校でのクラスターからの家庭内感染が増える恐れがある、と東京都の専門家は言っているようです。確かにそういう可能性はあるので引き続き要注意ですが、五輪が始まって感染拡大が始まった時に、「このままで行くと(この言葉、単なる逃げだと多くの人がわかっていますが)、8月には、新規感染者が1日1万人を超える恐れがある」と言っていた統計関係の専門家は、またまた大外しのようです。

さて、以前にも少し書いたかも知れませんが、今春くらいから、「リベンジ消費の一環」として、ゴルフのラウンド(コースに出ること)を、自分としては結構増やしています!そして先日ついに、50を過ぎて、ゴルフの自己ベストが出ました~~~!(^^)/

なーんて言ってもゴルフの場合、年齢とともにどうしても飛距離が落ちますが、グリーン周りのアプローチなどは、年齢に関係なく、やればやるだけ上手になると言われ、ゴルフは1ラウンド18ホールを72打で回るのが基本で、プロは、コースによって難易度が異なりますが、その-10~0くらいで回る感じですが、そうしたプロやセミプロのような方々は、70を過ぎても72前後で回られる方も少なくない、という競技で、高齢になっても楽しめるスポーツのひとつです。さらには年々、道具も進化するので、飛距離アップやコントロールの向上も少しずつあり得ます。

そんなところではありますが、私も、コロナ禍になって、ゴルフの再特訓を始め、なかなかスコアが出なかったのですが、その前に自己ベストタイ、そしてついに、おそらく20年ぶりくらいの自己ベスト更新となったのでした!場所は、安中氏に昔からある梅ノ郷ゴルフクラブでした。

2109032

いや~、メッチャ嬉しいです(笑)上のように、道具の進化も多少はありますが、筋トレを特にしているわけでもないのに、飛距離も自己最高になってきています!でも何より、近年は、YOUTUBEなどで上達する動画をいくつも観て練習するなどで、「飛距離が出る打ち方」を少しずつ身に付けられているのが良いのかなと思っています。

いずれにしても、30や40も過ぎると、その都度、体力の衰えを感じることが多くなると思いますが、ちょっと頑張るだけでも、体力は上がったとの感触を得ることができ、そうなると、やる気マシマシ、テンションアゲアゲになるのだな~と改めて思いました! でもさすがに、張り切り過ぎてケガをして、逆に運動ができなくなって筋力が落ちていくケースもあるようですので気を付けながら、テニス、バドミントンとともに、今後も張り切ってやって行きたいと思います!

メディアなどでも言われますが、コロナ禍になって、密になりにくい屋外スポーツで、しかも、昔に比べて費用も安くなって来ているということで、ゴルフを始める若い方、女性が増えていて、初心者向けのゴルフショップもできたそうです。練習場に行っても、確かに若い方が増えていると感じます。これからますます、ゴルフ人口が増えて、いろんな方と行けるようになると良いなと思います!


 

 

« 耐力壁・金物検査 | トップページ | 9.11から20年 »