« クリスマスツリー&イルミネーション、そして前橋の夜景 | トップページ | ドラレコ付けました »

2018年12月15日 (土)

元井上工業会長・井上健太郎氏 逝去

私が新卒で入社し、数年前にもう倒産してなくなっている、高崎白衣大観音もつくった、高崎市の伝統ある建設会社であった井上工業の元会長、井上健太郎さんの訃報が、昨日の上毛新聞に掲載されました。井上OBの間では情報が駆け巡りました。

健太郎元会長については、井上工業の古くからの先輩や、祖父である房一郎氏や高高OBなども含め、関係者がとても多く、いろんな思いをお持ちの方がいらっしゃるはずなので、私のようなものが何かを書くことははばかられるのですが、ごく小さな断片を少し・・・。誤りもあると思うのですが、ご関係の方におかれましてはご容赦頂ければと存じます。

健太郎元会長は、バブルの時に積極的にリゾート開発などを行なったことによる大きな負債が原因で、会社を追われてしまった方です。井上工業にはマイトンリゾートというのがあって、毎年社員旅行で行ったと聞いていますが、バブルが崩壊して会社の経営が下向きとなり、マイトンに行っていないのが、私の期からです・・・。

私が入社試験を受けた時には、筆記試験後の面接が私がトップバッターで、事前に会社を訪れて気に掛けて下さっていた当時の取締役からの質問をいくつか受けて、その答えを正面で目を見開いて聞いていて、「磯貝君、ありがとう!」と言って頂いて面接が終了しました。その時の元会長のオーラのものすごさは今でも覚えています。私が若かったせいもあるでしょうけれど。
そして、設計を続けるべきかやや迷っていた私を、その元取締役の方や熊倉浩康さんなどのおかげもあると思いますが、そうした関連会社へ配属して下さったのも、私の人生に大きな影響を与え、とても感謝しているところでもあります。

080601_172

そして、特に印象的だったのが、既に井上工業本体の社長を解任されて、私がいた関連会社の社長にだけ残っていた時期の冬、今でいう「旧井上房一郎邸」に、新年会で招待して頂いたことです。そこはストーブでとても暖かく、ピカソのサイン入りの画集などがポンと置いてあるようなところで、会社に入って2年目?くらいの私は、緊張しながらすごしたといったことは、かなり以前にブログでも書いた記憶があります。

写真は10年前の、高崎哲学堂として使っていたころの写真でイマイチですが、今はご存知の方も多いと思いますが、高崎駅西口の高崎市立美術館の展示の一部となっていますので、どなたでもご覧になれます。だた、家というのは、生活していないと家としての実際の雰囲気がわからないものですが、ちょっぴり自慢なのは、「家の主がいる最後の時期」に、ここの空間を、少しですが味わえたことです。今でも平屋をご希望のお施主様には、「一度、見に行かれては?」とオススメしていますし、しばらく前には、建築雑誌でたびたび取り上げられ、全国から建築ファンが来る、意義のある住宅です。

ということで、長くなってしまいましたが、健太郎元会長はどこにいらっしゃるのか周りに聞いてもわからなかったのですが、東京にいらっしゃったとは驚きでした。そして、62歳とは若すぎる最期のように思います。健太郎元会長にはいろんな思いをお持ちの方がいらっしゃると思いますが、私としては、心からの御礼を申し上げるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

高校の同窓会総会の仲間に入ったせいもあるのでしょうか、今日は予定を変えて、情報収集とブログ・FB対応をしています。もう井上工業は、本当に終わったんだなと感傷的になります。でも、高崎では、井上工業の伝統的な功績は、株式会社井ノ上さんが引き継いでいるようですので、ますますのご発展を祈念する次第です。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

« クリスマスツリー&イルミネーション、そして前橋の夜景 | トップページ | ドラレコ付けました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスツリー&イルミネーション、そして前橋の夜景 | トップページ | ドラレコ付けました »