« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月28日 (木)

「A-BASE」 最近の様子

日曜から、まるで梅雨が明けたかのような暑さです(汗) 夜はまだ寝苦しくはないのでマシですが。そして、先週から頭を悩ませていた仕事が終わり、ホッとひと段落です。とはいえ、遅れてしまった仕事に早く着手せねばですが。でも今夜は、思いっきりポーランド戦を楽しめそうです(笑)

180628_2

ところで、以前に引渡しをして、その後もたまに記事を載せさせて頂いている「A-BASE」ですが、昨夏に増築したバーベキューなどのための東屋を含め、さらに庭に手が入ってきたとのことで、建主様が写真を送って下さいました。

植木もずいぶん太く大きくなり、細かな植栽とともに、庭一面にホウキソウが植えられていて、ちょっと幻想的な雰囲気です(笑)

今度私も、写真を撮りにうかがわせて頂くことにしました。宜しくお願いいたしまーす!

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年6月19日 (火)

地震続く

今日は久しぶりに太陽が拝めました。また明日は天気が悪くなるようで、今年の梅雨は、結構梅雨らしいようです。空を撮影する趣味はとりあえずないのですが、気持ち良かったので一枚撮ってみました。

180619_007

日曜に、群馬を震源とした最大震度5弱の地震がありました。わが家のあたりは震度3でしたが、もっと揺れたような気がしました。自分は大したことはなかったですが、群馬が震源とのことで、県外から心配して連絡をもらいました。

そんなこんなと思っていたら、月曜朝に、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生しました。朝から少しテレビを観ていましたが、ああした災害は、時間が経つにつれて被害が見えて来るんだなと改めて感じました。

小学生が倒れたブロック塀にはさまれて亡くなったのは、公共の施設のものであっただけに、なおさら悔やまれます。改めて見返してみてみると、ああした危険なブロック塀は、意外とあるのだなと感じます。

どうしてブロック塀が多いかと言われれば、目隠しとして使う塀の中では安価であること、法的(法律ができる前からあるものは「違法」ではなくて「既存不適格」と言い、「次に作るときには現行法に則って作ります」というものです)、構造的に必要な控え壁が省略されてしまうことが多いのは、「要は邪魔だから」で、塀は基本的に確認申請の対象にならないので、安易に作ってしまうことが多いからだと思われます。

ただやはり、過去の地震から法改正もありましたし、最近では行政も、建て替えの際に敷地内に古いブロック塀がある場合は、安全性に問題ないことを示すように指導することが多くなってきたようには思います。着実に建築物などの安全性が確保されるようになって欲しいと思います。

でもおそらく、悲しい事故が起こってしまう一番の原因は、これだけの地震大国に住みながら、「うちは、自分は大丈夫だろう」と思っている方が多いからではないかとも思います。自分もより一層気を引き締めていかねばと思います。

地震のあった日にとある役所の建築関係の部署に行ったら、おばあさんが窓口で、「瓦屋根を軽いものにするのに補助金はあるのか」など、熱心に質問していました。

・・・・・・・・

しかし・・・、建築や震災関係の報道って、これほどいい加減なものだったかなと愕然とします。ヘリから中継している若いらしき記者は、災害の際に特に壊れることが多い屋根の「棟」の語彙がないらしく、「屋根の一番上」などと言っていたり、プールで倒れた塀の鉄筋が基礎から数10㎝出ている状態を、プール施工後に後から施工したであろうことをふまえずに「鉄筋が切れている」という記者がいたり、あの安藤優子さんでさえ、「鉄筋」のことを「刺し筋」だかなんだか変な言葉で伝えていました。「鉄骨」と「鉄筋」をごっちゃにしている方はよく見掛けますが、建築関係のことは、専門家であっても、若い人は駆け出しの頃は、長年生きている高齢者の知識・経験にかなわないことが多々あります。報道の方々も、もっと勉強して正確に伝えるとの謙虚さを持って頂きたいと、偉そうですが思う次第です。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年6月16日 (土)

ターザンロープ(?)物色中

昨日から梅雨寒です。でも、サッカーWCロシア大会が始まりました!日本はほとんど期待できないようですが、一応は応援したいと思います。

さて、みなさんも、体育館の隅の方に、ロープが何本か吊り下げられている光景を見たことがあるのではないでしょうか?こうした吊り縄は、それを登ることで、トレーニングをする道具なのだというのを、恥ずかしながら最近知りました(苦笑) 例えば柔道選手などは、腕だけでロープを登る練習をすることで、相手をひきつけるための良い筋力アップになるのだそうです。それをとある現場で久しぶりに見掛けて、「子どもが喜びそうだなぁ」と思ったので、家に設置できないか物色を始めました。

180616

体育館などにあるものは、体育用具でさすがに値段が高いのですが、ネットで調べてみると、「ターザンロープ」などと称して、同様の機能を持ったロープが数千円で売られているのがわかりました。でも、こういうもので良いのかわからなかったので、何となく詳しそうな「ボルダリングができる家」の建主様にうかがってみたところ、「これですか?」と送って下さったのが上の写真です。「これです!」と思わす叫びそうでした(笑) (写真は、簡易的に撮って下さったので曲がっていますが、一番手前に垂直に垂れているロープです) さすが、この手のものへの関心が高い建主様でした。ちなみにまだ小さかったお子さんが、ついにボルダリングの最上部まで登れるようになったとのこと。こういうご報告も嬉しいですね!

しかし、いざ自宅に取り付けようとすると、わが家は構造体があらわしになっているなどではないので、大工さんに天井を開けてもらって検討しなくてはなりませんし、取付下地にも費用が掛かりそうだったので、とりあえず他のものにしてみようとのことにしました。私の健康維持のトレーニングにもなり、SASUKEが大好きな子どもの良い遊び・トレーニングになれば良いなと思っています。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年6月12日 (火)

今年の庭は・・・

今日は米朝会談一色です。

先週の目黒の児童虐待は、ニュースが始まるとチャンネルを変えてしまうというダウンタウンまっちゃんの意見がよくわかります。見ていられません。大人が何とかしてあげられなかったのかと思いますが、父親は、香川で2回書類送検されていたのに、東京の児童相談所へその深刻さが引き継げていなかったのでしょうか。東京の自相は、自分たちが仕事をしなくて良い理由を探すばかりで動かないとの評判はよく聞いていましたが、本当に何とかしてもらいたいです。最近は、刑法犯にしづらい精神的虐待も増えていると言われているのですから。

さて、話は変わって、今年のわが家の庭です。

180607_009

春の始めの芝の手入れが間に合わなかったので、どうなるかな?と思っていたのですが、夏が近づき、芝が伸びたので芝刈りをしたりはしました。でも、上の写真のような、去年、雑草に芝が駆逐されてしまった部分に芝が生えず、雑草が復活しつつあります。とりあえず雑草をむしって芝のエアレーションをし、施肥をしたりしてかわいがり始めました。少しはきれいになると良いのですが・・・。

180607_010

そして今年は、庭の初めての場所で、数本だけトマトを植えてみました。大した準備もせず始めましたが、さすがにトマトは環境が悪い方がたくましく育つらしく、現在、2段目の花が咲いています。

ちょこちょこと頑張っていきたいと思います。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年6月 7日 (木)

「K邸増築工事」がスタートしました

昨日、関東も梅雨入りしましたが、今日は晴天で、かなり暑かったです。

さて今週から、「K邸増築工事」が始まりました!かなり紆余曲折あって時間が掛かりましたが、ようやく実際の工事がスタートした次第です。

180607_006

「増築・リフォーム」などの形なので、いろいろな選択肢がありましたが、最終的には増築の確認申請を出すことになりました。それにあたってまず、敷地が2項道路に接していたので、道路後退をする工事から着手しました。今までは塀があった部分を全て解体して、この後、セットバックした位置で新しい塀を作ります。道路と敷地にやや高低差があるため、塀の基礎も土留めの役割もしているので大きく、それを解体して新しく作り直すのはかなり費用も掛かりますが、「将来やご近所のため」とのことで建主様がお決めになりました。とても素晴らしいなと思います。施工会社さんがとても頑張って下さっています。

通常の新築などであれば、2項道路の申請については、道路内にあるものが除去できれば建築確認の申請ができますが、今回はもう少しだけ時間を要します。私も現在までに2つの申請を出していますが、まだいくつか申請の類があります。頑張っていきたいと思います!

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年6月 1日 (金)

構造検査と瓦葺き

早くも6月になってしまいました。梅雨入りも近いようです。

180525_030

さて、「T-HOUSE」ですが、こちらも先日、構造検査を行ない、無事終了しました。まだ外壁廻りの防水が仕上がっていませんが、メインのLDKの仕上げも少しずつ見えて来ました。

180525_031

そして、以前の記事でも書きましたが、こちらのお宅は、かなり久しぶりの瓦葺きです。この日には既に屋根瓦が屋根の上にあげられ、準備が進んでいました。どんな風になるのかとても楽しみです!

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »