« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

位置決め・根切り底確認

今度は台風が過ぎたら、木枯らしが吹いたり、急に冬っぽくなってきました。今年は夏も秋もあったのかな?と思うような感じです。

さて、「防音室とプライベートバルコニーのある家」は、結構急ピッチで進んでいる印象です。

171030_018

171030_019

先日は、工事の始めの建物の位置と高さを決めて遣り方をして、土工事が始まりました。住宅レベルの場合、ほとんど問題になることはありませんが、念のため、根切りをしたあとの、基礎が接地する面に問題がないかも目視で確認していきます。

既に次の検査などの工程も組まれています。しっかりと進めて頂けると良いなと思います。

2017年10月26日 (木)

既存住宅状況調査技術者講習

台風が過ぎて天気が良くなるとの予報でしたが全然外れまくり、今日ようやく晴れて暖かくなったなと思ったら、この晴天も明日までとか。まあ、台風の発生までは予報できないでしょうから仕方ないとは思いますが。いずれにしても今年は天気が悪すぎですね・・・。

Dsc_0029

これも少し前のことになりますが、「既存住宅状況調査技術者」という制度が今年できて、それの講習会があったので受講して来ました。「既存住宅状況調査」というのは、別でも書いてきた「住宅インスペクション」とほぼ同義です。この講習も一日がかりで、最後には、テキストを見て良いのですが、テストがありました(そういえば結果がまだ来ていないような・・・)。

この制度は、「消費者が、中古住宅を安心して売買できるように」との一助となるべく創られたもので、土地などの売買をする際には、不動産屋さんの宅建有資格者から「重要事項説明」というのを受けることをご存知の方も多いと思いますが、宅建業法も以前に改正されていて、中古住宅の重要事項説明の際などに、この建築士による状況調査の結果が必要になるとのことのようです。

中古住宅やリフォームが今後増えると言われつつ、日本ではまだまだとの面もあるようですが、中古住宅をリフォームして住むなどもメリットが大きいですので、ぜひさらに広がると良いなと思います!

2017年10月23日 (月)

台風一過

毎年1回はこのタイトルで記事を書いている気がします(苦笑) それだけすがすがしいなど強いインパクトを受けるということでしょうか。

今回は、10月にもかかわらず、「超大型」の台風が本州を直撃するとのことで、数日前からちょっとした緊張感がありました。実際に全国的に被害も少なくなかったようです。ただ一方、「群馬は台風に強いし」などの楽観的な気持ちもありつつ・・・(でも地元の安中で、避難勧告が出ている地域があるとのことで、大変だなと思います)。高崎の知人は、明け方近くなど結構風雨が強かったと言っていましたが、私は思いのほか爆睡していたのか、それほど強かった印象はなかったですが(苦笑)

今日は台風一過で、昼前から晴れて気温が上がるとの予報で楽しみにしていましたが、晴れはしたものの風は北風で、結構ヒンヤリしていたので、体感的には気温ほど暖かい感じではなかったかも。

171023_001

赤城が見えましたが、まるで雪雲が掛かっているような雰囲気でした。浅間も同じような感じでした。ちょっと珍しい台風一過だったようにも思います。

2017年10月19日 (木)

ちょっと憲法9条

しっかし、昨日は久々に太陽が拝めましたが、寒くて雨が降る天気が続いていてイヤになります(苦笑)

総選挙の投票も今度の日曜に迫りました。前にも書いたかと思いますが、私自身は政治や宗教には無味無臭(苦笑) 何かに加勢することもほとんどないですが、希望の党が失速して来た時点で冷静に考えると、「そもそも小池さんって、都の選挙はうまかったけど、都知事として国会議員として、何か政策的な実績ありましたっけ?」と思ったりします(苦笑)

そうしたところではありますが、以前にどこかの記事で書いたことがあったかも知れませんが、憲法9条について、ひとつの意見を紹介したいと思います。それは、現在は自民党議員となった、それ以前はよくテレビに出ていた青山繁晴氏(世間では右と言われるそうです 苦笑)のものです。概要とすると、

●日本は先の戦争に負けて、「いけないことをしてしまった。繰り返してはいけない」との反省する教育(いわゆる「自虐史観」でしょうか)が強すぎた。それは、日本はそれまで、戦争に負けたことがなかったからで、「戦争の負け方」、「負けの処理の仕方」がわからなかったのではないか(国民性などもあるかも知れませんが)。同様に、ナチスの大虐殺をし、戦争に負けたドイツも、負けたからと自国の軍隊を放棄したりなどしていない。過去に何度も戦争をし、負け慣れているから。ベトナム戦争で負けたアメリカも、それで自国の軍隊を放棄したりするはずもない。

●北朝鮮が日本人を拉致していたことは、事実として認められている。他国に自分の国民をたくさん連れ去られて、取り戻すために実力行使できないような国家で良いのか?

●軍隊が復活すると、徴兵制も復活するのではないかとの懸念も聞かれるが、今はAIなどコンピューターが戦争するのであって、人を徴収する必要などない(これについては、個人的にはやや疑問ですが)

その他、先の戦争中の東南アジア諸国からは、欧米列強の支配から解放してくれたと日本を好意的に思っている国が実際にあること、従軍慰安婦の件など、興味深い話をいろいろされています。

私も引き続き、より正確な歴史の理解のために勉強していきたいと思いますし、他方、きれいごとで軍隊を復活させ、悪いことを狙っている人が必ずまぎれているであろうことも忘れずにおかねばと思ったりしています。

2017年10月16日 (月)

「防音室とプライベートバルコニーのある家」がスタートしました!

しばらく前のことになりますが、「防音室とプライベートバルコニーのある家」の地鎮祭が行なわれました。建主様、おめでとうございます!良い写真がなくて申し訳ないのですが、とても立派な地鎮祭でした!

170913_334_2

いろいろと大変なことも多かったかと思いますが、地盤調査も済み、確認もおりて、ようやく着工が近づいて来ました。建主様、今後とも宜しくお願い申し上げます!

2017年10月11日 (水)

旧月夜野でパラグライダー体験

ここのところ、季節外れの暑さが続いていますが、金曜からは寒くなるとのこと。体調に気を付けねばです。

さて、だいぶ前の夏休みのことになりますが、いわゆる「利根・沼田」方面に遊びに行きました。こちらの方面で、子どもも含めたレジャーを調べてみたら、夏の時期は「ラフティング(ボートで渓流を下るやつ)(もしくはカヌーか)、パラグライダー」がかなり盛んであるらしいことがわかりました。

詳しそうな方々にうかがってみると、日本人が経営していて、保険などしっかりしているところがいいとのことで、そうした中から比較的手軽そうなパラグライダーを初体験することにしました。

初級者用としては、プロと一緒に乗って高いところまで飛ぶタンデムフライトと、自分一人でとりあえず浮遊体験をするものがあるようでした、気付かずに浮遊体験の方に申し込んでしまいました・・・。

170913_323

ここでは、傾斜のある草原で、インストラクターの補助を受けて、2~3mくらいの高さを、10~20mくらい飛ぶというのを3~4回行なうというメニューになっていました。子どもも一緒にやりましたが、なかなか楽しかったようです。でも、コスパがちょっとなぁと思いましたが(苦笑)

パラグライダーは、近くで見ると、帆?というかと人を支える部分をつなぐヒモの量が膨大で、慣れた人はすぐに整えていましたが、結構大変そうだなと感じました。

そして、4回目が終わる頃にインストラクターの方が向かいの山の雲を見て、「雨が降りそうだからこれで最後です」と言っていたら、ホントに10分後くらいに雨が降り始めました。さすが、いつも天気を気にしているとわかることってあるんだろうなと感じたのでした。

2017年10月 6日 (金)

サイト 復旧しました!

しばらく前から閲覧できなくなっていた当事務所のWEBサイトですが、何とか昨日、無事復旧できました。ご心配を下さった方もいらっしゃいましたし、ご迷惑もお掛けしたものと思います。大変失礼いたしました。

ちなみにサイトは復旧しましたが、中身は以前と変わっていません・・・(苦笑)

ブログも夏バテからずいぶんピッチが落ちてしまいましたが、頑張ります!

2017年10月 4日 (水)

WEBサイト 復旧作業中です

お気付きの方も少なくないと思いますが、しばらく前から、当事務所のWEBサイトが表示されなくなり、見られなくなってしまっています。

少なからず皆様に、ご迷惑やご心配をお掛けしてしまって大変申し訳ありません。鋭意、復旧作業中ですので、もうしばらくお待ち頂きたく、お願いいたします。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年11月 »