« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月30日 (火)

トマトハウス完成!

北朝鮮のミサイル実験の頻度が上がっていますが、テレビでいちいち扱い過ぎだと個人的にはうんざりです・・・。日本は、自国の防衛をアメリカに任せてしまっているのですから、日本政府が北朝鮮に抗議したり、アメリカと協調を確認しても無駄ですよね。安保理決議も役に立たず(苦笑) そんなことより、森友や加計とかの方が、余程日本には大事なような?

さて、季節が進むも時間が取れずに焦り気味の畑ですが、夏野菜のメインイベント(?笑)、トマトの簡易ハウスがようやく完成しました!もちろん大玉トマト(一般的なトマト)です。

170530_001

昨年は、自宅の庭で大玉トマト3株ほどに初挑戦しましたが、ところどころで失敗がありつつも、とてもおいしい大玉トマトが収穫できたので、今年は畑も広いので、周囲の畑先生方にご指導を頂きながら、簡易ハウスで栽培することにしたのでした(笑)

ミニトマトは、植えれば放っておいてもどんどん実がなる、家庭菜園の比較的やさしめの野菜ですが、大玉トマトは、できれば雨が当たらないようにした方が良いので、去年も簡単に雨よけを設置しましたが、それは1列。今年は2列にして、間に人が入れる大きさに挑戦します!もちろんその分、株数も増えるので、さらにマメに面倒をみないとですが。苗も植え時の終わりになってきたので、早めに植えねばです。

170530_002

以前にも書いたかも知れませんが、大玉トマトは、家庭菜園で育てるのとスーパーで買うのとで、おいしさに最も差が出る野菜のひとつです。ギリギリまで熟させてもいで食べるトマトは、収穫から数日かけて店頭に並んで赤くなる一般的なトマトとは、おいしさが全く違います!途中病気など、いろいろあるかも知れませんが、何とかたくさんのトマトが収穫できるよう頑張りたいと思います!(笑) 他の野菜も徐々に育っています。

170530_003_3

それと、ダイコンを植えたのですが、ダイコンは、1か所に数個の種をまいて、勢いの良いものを残して間引いていくのですが(「間引き」って言葉は使っちゃダメと聞いた気がするのですが、少なくとも農業分野ではそうでもないようで)、間引くのが遅れて、結構大きくなってしまいました・・・。春のダイコンは本当に成長が早いなと感じます。

170530_004

間引いたダイコンも普通に食べられるので、根の方(白い部分)はダイコンおろしにして冷たいうどんに掛け、葉は、塩もみして漬物にしました。大根葉は、最近はスーパーではあまり見かけなくなった気もしますが、いろいろ料理法もあるようでおいしいです。

2017年5月27日 (土)

「カップヌードルナイス」はナイス!

週の後半は天気が悪かったですが、もろもろはかどって良かったです。

今日は金スマで、「既に亡くなって数年経つ料理研究家・小林かつ代さんの本が売れている」とのことから始まり、小林かつ代さんについて紹介していましたが、面白かったですね。「プロが伝授する手の込んだ料理ではなく、どんな人でも真似できる、主婦が簡単に作れる家庭料理」が小林かつ代さんの特徴とのことで、長男においしいものを食べさせたい、料理にも興味を持たせたいと思って頑張っている私としても、とても興味がわいたのでした。

170527

話はインスタント食品に変わりますが、そういえば、以前からTVCMが気になっていた「カップヌードルナイス」を買ってみました。「呑んだ後にラーメンを食べたくなるが、脂質、糖質、カロリーを抑えてあるので『罪悪感ないス!』」というのがコンセプトのようですが、「意外とこってり」とか、CMで麵がつるっとしておいしそうなのが気になっていました。まあ、本当に作ったカップラーメンの麵でなく、CM用においしい状態の麵を使っているらしきCMはよく見ますので、その類なのだろうかとも思いましたが。

そうしたら、宣伝にたがわず、わりとこってりとしていて、しかも面もつるっとしておいしかったです!具として使われているキャベツのようなものがどうなのかなぁ?と思わないでもなかったですが。

昔から楽しんだお菓子「カール」が、東日本では販売しなくなると今日ニュースでやっていて残念でしたが、「カップヌードルナイス」は、今後は、味が増えてくれてもいいなぁと思ったのでした。

2017年5月23日 (火)

着工の目処が立ちました(?)

先週後半から暑い日が続きました。館林では、今年全国初の猛暑日にもなったとのことで、かなり暑かったです。

今夜のTBS『マツコの知らない世界』の「駅メロの世界」は、とても面白かったです!(笑) 駅の発車ベルが、いつからか「せかし過ぎないように」などの配慮から、メロディ音に代わってきていたこと、駅によって違うなどは何となく聞いてはいましたが、あまり意識していなかったので、「○○」との曲名でメロディを聴かせてもらって、「あ~、これこれ~!!」など思った方も多かったのではないでしょうか。それでも、各駅各ホームごとに曲が違うとのことで、あまり乗降しない駅、路線のメロディは全くわからないものもあって、へ~とも思ったのでした。

170523_019

ということで、だいぶ前から再見積をしていた「ウッドデッキのある平屋の家」ですが、少し前に再見積が仕上がり、建主様の予算内にほぼ収まってきたとのことで、施工会社さんと簡単に打合せをし、着工の目処が立ってきたようです。

だいぶ前に造成工事をしていた敷地も、コンクリートの擁壁が仕上がって、地面も平らになっていました。あとは施工会社さんの忙しさもあるようですが、着工が見えてきました。頑張らねばです!

2017年5月19日 (金)

最新のパース

今日からは予報通り暑いようです。でも日陰はまだまださわやか、気持ちもスッキリです(笑)

170519

さて、ようやく家の名前が決まった「防音室とプライベートバルコニーのある家」ですが、現在、実施設計中。そんなところで、久しぶりに外観パースをアップしてみます。

基本設計中など、プレゼンの一部としてパースをお描きすることはよくありますが、これは、「自分たちで着色して色の検討をしたいので」とのことで、無着色のパースにしています。それでも窓や影など、軽く明暗の差はお付けしましたが。

こちらのお宅は、本当に久しぶり、自分で設計事務所を始めてから初の外壁タイル貼りのお宅です。そんなテクスチャも最低限わかるような絵にしてみました。

ということで、ご希望の工期から少し遅れ気味ですが、できるだけ挽回すべく、頑張っていかねばです!

2017年5月16日 (火)

イチゴが鳥にやられました!

夜になって、眞子様のご婚約のニュースも入って来ました。今週は何だか涼しめですが、後半には暑くなるとのことで、体調には気を付けないとです。

さて、GWも終わり、畑が本格的に仕込みの時期を迎えていますが、なかなか時間が取れずに少し焦ります(苦笑) 他方で、畑に注力してちょっとおろそか気味だった庭の芝が、5月になってさすがに雑草が増えて来たので、そちらも頑張っています。

ところで、昨秋から、庭の方で栽培しているイチゴですが、4月初めくらいまでは「ホントに育つのかな?」と思っていたものの、暖かくなるにつれてどんどん成長して、ずいぶん実がなってきました。わが家の場合、まだ緑のものがほとんどですが。

170516_009

そんな中、陽当たりの良い場所でプランターで栽培していたイチゴが、ふたつほど赤くなってきて楽しみにしていたのですが、先日朝見てみたら、食べられていました!!どうも鳥のようです。近所の畑の先生に聞いたところ、庭にジューンベリーがあって、もうじき実がなり、鳥が毎年食べに来るので、もともと狙っていて、イチゴもあったので狙われたのではとのこと、なるほど~と。いや~、鳥獣類は、「食べ頃」になったところを食べに来るのだなと改めて感じるとともに、ホントがっかりでした・・・。

友人らに改めて聞いてみると、ハクビシンもイチゴを食べにくるというので、これはまずい!とのことで、対策を始めました。他にもアリにも狙われます。イチゴは子どもに人気なので、何とか食べさせてあげるべく頑張りたいと思います!

2017年5月13日 (土)

砕石工事中

今日土曜は、本当に久しぶりの本格的な雨です。畑もだいぶ潤って嬉しい限りです!ホント、ホコリが立ってすごかったですので(苦笑)

最近、何かの番組で言っていたのですが、群馬出身の井森美幸さんは、やっぱり群馬のおじさま方にとても人気があるんだそうで(笑)

170508_068

そんなところではありますが、施工中の「T-HOUSE」は、現在砕石事業工事中です。わりとのんびりではありますが、徐々に進んでいます。これから配筋など始まるので、しっかりと施工と検査をしていかねばです!頑張ります!

2017年5月 8日 (月)

糸魚川市大火災あと・谷村美術館

長い人は9連休のGWが終わりました。みなさんは、いかがお過ごしでしたでしょうか? 私は仕事と遊び半々くらいだったでしょうか、でももう少し仕事を進めたかったのですが・・・。ブログもまるまる一週間サボってしまいました(苦笑) ということで、本格的に仕事再開です。

そのGWの遊びというか仕事以外で、糸魚川市の大火災あとを見て来ました。現在、どのような状態なのかなど、やはり実際に見ることは大切であることが多いので。

170508_019

有名だった加賀の井酒造を目指して向かったのですが、建物はすっかり焼けてしまっていたことを知りました。加賀前田候・本陣跡だったとのことで、そうした面でもとても残念です。

170508_020

あたりを見回すと、焼けなかった建物との対比も強烈でしたが、火事で焼失した建物のあとがハッキリとわかり、戦争で焼けたあとというのもこういうものなのだろうかと、思っていた以上の衝撃でした。既にある程度のがれき撤去が済んだようで、建物の基礎や基礎の金物、床の石やタイルなどの燃えないものだけが残されているのが、火災跡であることを物語ります。

糸魚川出身の知人の話では、もともと建物が立て込んでいたので、基礎まで解体してしまうと、敷地の境界がわからなくなってしまうから残しているとの意味もあるそうです。そして復興状況ですが、もともと旧市街地で、発展途上の街などでもなく、そして高齢者が多く、行政が建て直しに補助を出してくれる制度もできているそうですが、新たな負担をかかえてまで新しく建て直すとの決断はなかなかできないという方が多いそうで、高齢者が集まって暮らせる建物などを造るなどの方法も検討されているそうです。以前のような密度で街が復活することは、もうないのかも知れないと思うと、とても貴重なものが失われたことを改めて感じます。

こうして街を歩いて、良い方向でのできるだけの復興と、建物の専門家としての火災の怖さを痛感した次第です。街の方には、頑張って頂きたいです。

170508_048

そのあと、近くにある「谷村美術館」を見学に行きました。
http://gyokusuien.jp/
地元の谷村建設というゼネコンが、私財をなげうって、玉翠苑という庭園とともに建設したものだそうです。美術館の設計は、かの有名な日本における近代建築の巨匠のひとりである村野藤吾さんです。展示は、彫刻家・澤田政廣さんの仏像の展示がメインで、建物自体は、シルクロードを巡礼するイメージで作られたとのことで、砂漠から湧き出たような、有機的な面白い形をしていて、室内も、とても神秘的な雰囲気を醸し出していて、清らかな気持ちになる建物でした。

170508_051

玉翠苑という庭園は、建物の中から眺めるとの想定の庭で、山を借景に、きれいにしつらえられていました。

170508_053

玉翠苑の建物の一部には、谷村美術館の設計や施工の状況についての資料室がありました。村野藤吾さんが作ったという、スタディ模型や、曲線的なRCの建物を実現するためのおそらく大変な型枠組みの様子の写真など、専門家向きではあるかも知れませんが、とても興味深かったです。

その他にも糸魚川近辺は、「糸魚川ジオパーク」と銘打って、学校で習った糸魚川静岡構造線などにも関係がある特徴的地形などを活かした観光も盛んのようで、改めてゆっくり訪れてみたいなと思いました。

170508_065

夜には高田で、初めてのどぐろを食べました。地物とのことで、脂が乗ってとてもおいしいのどぐろを軽く焼いたものでした。糸魚川や上越は、群馬からも近い海のあるエリアです。さらに頻繁に遊びに行ってみたいなと思ったのでした!

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »