« 日経 建築・建材展2017 | トップページ | 「クラガノキューブ」で吹抜調査 »

2017年3月23日 (木)

息子とピアノ

○○学園理事長の証人喚問がありましたね。理事長は今まで悪いことをしたりウソを言ったりしてきた可能性が高いとの前提で話を聞く必要があるわけですが、一市民の印象としては、今日の答弁は、「ウソや思い込みの部分もあるだろうけど、本当の部分もあるのだろう」と感じましたがいかがでしょうか。しかし財務省の役人も、今までのような答弁で世間が納得する、批判をかわせると思っているらしいところが役人らしいなと思います。「忖度」なら許されるわけもなく。もうそんな時代ではないと思うのですが・・・。根拠のない国有地の安売りは背任であるとして刑事告発もされたとのことで、当然だろうと思います。 

他方、明るい話題としては、稀勢の里、絶好調ですね!横綱としての貫録も増して来たような?これからさらに強い相手との対戦になってきますが、頑張って欲しいです!

1703133

そういえばわが息子は、しばらく前からピアノを習っています。写真(写りがイマイチですが・・・)は発表会の時のものですが、この時は「清しこの夜」と「ダブリンの町」を弾いていました。「ダブリンの町」では、ちょっと失敗もしましたが(笑) 私はといえば、姉がピアノを習っていたので、小学生の頃に「猫ふんじゃった」は弾けるようになりましたが、私はそこまでで、既に息子は父を抜き去りました(苦笑)

ピアノは知能などの教育面からも良いともされているようですが、個人的には何より「ひとつでも良いから楽器ができることは、きっと人生をとても豊かにしてくれるだろう」との思いがあります。私が知っている楽器ができる人の多くは、同じような仲間を大人になっても持っていて、大きな楽しみのひとつになっているらしいからです。バンドでも吹奏楽などでも。

私も高校の時と結婚前後にギターをかじった経歴があるのですが、結局モノにならなかったというか、発展させられずに過ぎてしまいました(苦笑) でも音楽と関連するものとしては、「合唱の素晴らしさ」は、中学の時に知りました。当時の学級担任が個性的な人で、クラスをまとめるために、放課後、必ず合唱の練習をさせられていて、その成果もあってか、学内の合唱コンクールで学年優勝したりしたので(余談ですがその時私は、なぜか指揮者を仰せつかっていました 苦笑)。合唱で、各パートがうまくかみ合った時の快感は代えがたいものがありました。もちろん、大人になっても続けている方から見たら、ごく幼稚なものなのだろうなとは思うのですが。

ということで、今後も息子の楽器習得、音楽を楽しむことを応援していきたいと思います!

« 日経 建築・建材展2017 | トップページ | 「クラガノキューブ」で吹抜調査 »