« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今年も最後は子ども日記

私の場合たまにあるのですが、どうも12月の後半から、微熱+悪寒、のどの痛みがあり、寝込むまでではないのですが、良くなったと思ったらまたぶり返したりなどが続いています。おかで仕事も片付けも、年末の仕上げが中途半端になってしまいました・・・。

ということで、今年も最後は子ども日記です。
今年もわが子には、いろんな成長が見られましたが、振り返ってみると、「子どもから少年になってきたかな?」と感じるところが結構あった気がします。わりとしっかりとしてきている部分があるかなというか。

161231_001

最近では、家に大きな地図を何枚か貼ってみました。群馬の地図、日本地図、そして世界地図もあります。いろんな地図を見ては、「○○くんのふるさとは△△県なんだって」と言うと、それを一緒に探してみたり、「この間、大統領が新しく決まったのはどこの国?」などと言って世界地図から探したりなど、「もっと問題出して!」と意欲的だったりするので父としても嬉しいです(笑) 来年もまた、違った姿が見られるかと楽しみですし、車の長距離運転が快適にできるようになったので、これまで以上にいろんなところに連れて行ってあげたいと思っています。

ということで、今年も多くのみなさまに大変お世話になり、誠にありがとうございました!特に今年引渡しをさせて頂いて、新居で初めての年越しをお迎えの建主様におかれましては、穏やかな新年となりますよう。

来年も、着工前でいろいろご苦労をお掛けしそうな建主様や、現在設計中の建主様と頑張っていかねばですし、そして新しい方々との良い出会いもありますように。

当事務所は、来年5日から営業開始いたしますが、急用の方はご遠慮なくご連絡頂ければと思います。

2016年12月23日 (金)

糸魚川大規模火災

昨日発生した糸魚川での大規模火災の映像は、とても衝撃的なものでした。1軒からの火災が大火になっていく主な原因については、ニュースでも分析が見られましたが、「強風」ということが最大の要因だったようです。同じような出火でも、乾燥が続いている時期かどうか、雨が降っている時であれば被害も違うであろう、さらには今回の糸魚川では、消防用水の不足もあったようにも聞きます。いずれにしても昼間であったこともあってか、人的被害が最小限に済んだらしいことは不幸中の幸いでしたが、いずれにしても痛ましいです。

古い木造建築が密集する地域であることも火災の大規模化の原因ですが、学生の頃には、「界隈」、「路地」といった言葉もよく聞かれて、あのようなヒューマンスケールの風情ある街並みに対して価値を見出す動きと、他方でやはり火災に対して強い街にするべきとの動きの両方がありました。それでも最近は、後者の動きの方が主流になっているようです。ただ個人的には、散歩番組が人気があることなどからも、路地空間のようなものへの良さも見直されているのだろうと思います。

木造密集地域では、消防車も入っていけない細い道も多いため、まずは延焼を防ぐ意味からも道を広げて、次に建つ建物は防火性能を上げていくなどの方法がとられているようです。でも、こうした作業には、多くの権利関係者の協力が必要ですし、数年のうちに何とかなるようなケースはほとんどないでしょう。だからこそまずは、こうした地域では、住民の方々の火災への意識を高め、また、初期消火で火災を鎮圧できるようなネットワークや設備の整備が進められてているわけです。木造密集のデメリットばかりでなく、そのデメリットをできるだけ小さくする方向での努力も期待したいと思う次第です。

それと、今回の件では、「瓦屋根からの延焼」についても改めて感じました。例えば群馬県内だと、用途地域が指定されている区域に建物を建てる場合は、屋根は不燃材料を使うこと、さらには隣地との間に一定のスペースをあけられない場合は、外壁にも一定の防火性能を持たせることが義務付けられています。そうした中で、昔ながらの瓦屋根は、もちろん不燃材料として扱われているのですが、その葺き方によっては、瓦と瓦の隙間から飛び火が入りんで延焼することがあるそうです。今回のような強風時には、飛び火も広範囲に広がりますし、瓦の隙間に入り込んでしまう可能性も高くなるのだろうなと思います。今後瓦については、こうした点も意識しての設計や製品選びも、建主様のご要望に応じて考えなければならないなと思った次第です。

いずれにしても、まずは自分の家から火災を出さないよう注意しなければと思いました。

2016年12月17日 (土)

洗面化粧台 修理

今朝は寒かったですね~。でもこれからしばらくは暖かめだそうで、ホッとひと息です。

さて、わが事務所のミーティングルーム・リフォームとは直接は関係ありませんが、このカテゴリーに。

しばらく前ですが、事務所併用住宅で使っている洗面化粧台の具合が以前から悪く、いよいよ何かしなければとのことになりました。お湯の出が悪いというだけだったので、知り合いの設備屋さんにわざわざ来て頂くまでではないかな?と思い、テレビCMなどでもやっている、「水のトラブル駆けつけます」的な会社に電話をしてみました。

するとすぐに来訪の日時が決まって来てくれました。すると、「お湯が出ないのは水栓が古くなっているから、化粧台もかなり古いので、水栓だけの部品はもうメーカーにない場合が多い、洗面化粧台ごと交換が必要」と言われました。それはまた大げさな話になったなと思っていたのですが、うちの洗面化粧台が、TOTOの、今では廃番になっているシステム洗面化粧台だったせいか、類似品を選ぶにしても「見積の仕方がわからない」と言いだし、帰ってしまいました(苦笑) 知人に話したところ、私が建築の関係者だから、ぼれないと思ったのではないかとのこと、こういう業者さんてそういうのものなのかなぁ?と思いつつ、お世話になっている設備業者さんに再度修理のお願いをしました。

161217001

するとこちらもテキパキと進めてくれて、お湯の出が悪いのは、元が閉まってしまっているから(自分でそうしたわけではないので、気が回りませんでした・・・)、そして、配管から水漏れしていて、水栓ごと交換しないとだということで、「この部品ならまだあると思う」と、水栓の写真を取ってどこかにメールして、すぐに在庫があることを確認してくれました。すごっ!後日部品が入荷したとのことで水栓の交換に来てくれました。こうしてみると、やっぱり、あの手の修理屋さんに見てもらう際には、ある程度の注意が必要なのかも(全ての会社や担当者がそうというわけではないでしょうけれど)とも思ったのでした。

この件では、水が漏れていたのに私自身しばらく気付かず、洗面化粧台の箱の部分が少し腐ってしまっていたことがわかりました・・・。今年の夏頃から、何だか配管が臭いなと感じ、配管洗浄剤などを使ったりしてみていたのですが、こういうことだったとは。

20年も経つと、既製品でもいろんなところにほころびが出るものだなと改めて思うとともに、私ももっと知識や経験を積まねばと改めて思ったのでした。頑張らねば!

2016年12月13日 (火)

八重洲

恒例の今年の漢字が発表されましたが、オリンピックの度に「金」では、やる意味があるのかなぁ?と思ってしまいます(苦笑)

さて先日、東京に行った際に、東京駅近くの八重洲ブックセンターに寄りました。最近、仕事の関係でしっかり読みたい、調べたいことがあったので。群馬から電車だと、神田や新宿ではなく、やっぱりJRの東京駅方面の近くにある本屋が便が良いなと感じます。たまに行きますが、結構頻繁に売り場が変わっている印象で、今回は初めて、レジの無いフロアーができていることに気付きました。経費削減でしょうか、寂しい限りです。

Dsc_00090_2

そのついでに、八重洲付近でラーメンでも食べたいなとふと思ってネットで検索したところ、ご存知の方も多いのかなとは思いますが、八重洲の地下街に「東京ラーメンストリート」なるものができていることを知りました!行ってみると、昼時とはいえ土曜なのに、どの店も行列ができていました。

Dsc_00090_1

その中で、聞いたことがあるなぁとのことで、「斑鳩」というお店に入りました。九段のお店が有名なようです。行列はしていましたが、回転は良いようでまもなく席に案内されました。私はもともと豚骨ラーメンが好きなのですが、この店は、魚介豚骨とのことで、魚介系の出汁がきいた豚骨ラーメンでした。

食べてみて改めて思ったのですが、私はもともと、魚介系の出汁はあまり好きではないのですが、そもそももうドロドロ系の豚骨はあまり受け付けない体になっているようでした(苦笑) やっぱり私は、おおぎやで良いのでした!(といっては失礼かも知れませんが) 中でも安中店は他の支店よりおいしいとの噂があるらしく、いつも混んでいます。安中にお越しの際は、寄ってみてはいかがでしょうか。

 

2016年12月10日 (土)

すみかくらぶ情報更新

師走ももう半ばに入って来ました。仕事もしつつ、年末を迎える準備も進めていかねばです。朝晩もかなり冷えるようになりました。

161210

さて、少し前のことになりますが、上毛新聞「すみか建築家くらぶ」の自身の紹介ページに掲載して頂いている設計事例について、「石原町の家」を載せさせて頂きました。建主様、ありがとうございます!

こうしてみると、タテとヨコでバランス良く写真を撮っておかないと、と改めて思った次第です。

「すみか建築家くらぶ」 磯貝俊行

2016年12月 2日 (金)

建主様とゴルフ

いよいよ師走になってしまいました。早いですね~。

Dsc_0007

そういえばしばらく前のことになりますが、「石原町の家」の建主様と、施工会社さん主催のゴルフコンペに参加してきました。場所は、ゴルフクラブスカイリゾートです。スカイリゾートというくらいですので標高が高く、当日は結構寒かったです。

この日は、「ball-house」の建主様とも隣の組で、変わらず快適に暮らして頂いていること、特に夏涼しく、冬暖かいととても喜んで下さっていたのでとても良かったです。

さて、この日は、グリーンがとても速いなどあってスコアがボロボロでした(苦笑) それでも建主様と楽しく回らせて頂きました!またぜひ一緒に回りましょう!

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »