« 実施設計終了! | トップページ | 上毛新聞すみか建築家くらぶ 掲載 »

2016年7月19日 (火)

ミニトマトの色づき

月曜の海の日から続いて、今日も暑くなりました。でも関東はまだ梅雨明けではないそうで、まだ天気が崩れる予報のようです。

というところで、気温も高くなっていることもあってか、畑も変化が出てきました。しばらく前からきゅうりがボコボコできて、消費に苦労していますが(苦笑)、ミニトマトも赤くなってきました。数日前に数個とって食べましたが、おいしかったです!

160719_006

ミニトマトをマジマジと見るのは初めてなのですが、花房といって、花が10個くらいまとまって咲く部分があって、根っこに近い、はじめにできた部分から、第1花房、第2花房・・・、と呼ぶそうです。花が咲き、それが散ってトマトの実ができます。そして、花房の茎に近い方から熟していくのだなぁと思ったのですが、第1花房の実が全部熟して赤くなるのではなく、その上の第2花房の茎に近い方の実の方が、先に赤くなるようでした。へ~という感じです。写真は、第1~第3の花房です(第1花房の実は、すでにいくつか収穫しました)

熟してくると、ちょっとさわっただけでも実が取れてしまうようで、少しずつとって食べています。店で売っているみたいに、同じ赤さの実が、一度にたくさんとれるわけではないのだなぁと改めてわかりました。なかなか楽しいものです。

以上はミニトマトの話。別で育てている大玉のトマトも、途中心配はありましたが、こちらも実が少し赤くなってきました!ミニトマトは何もしなくても大丈夫でしたが、大玉のトマトの方がかなり楽しみです。

« 実施設計終了! | トップページ | 上毛新聞すみか建築家くらぶ 掲載 »