« 配筋検査 | トップページ | 基礎コンクリート打設・試験 »

2016年5月27日 (金)

ジューンベリーに防鳥ネット

今日は、アメリカのオバマ大統領が、被爆地広島を訪問するという、歴史的な一日でした。

さて、ここのところ過ごしやすい日もあったりしています。しばらく前に「畑、再開!」との記事を書いたものの、「本当に続くのかなぁ?」との心配もありましたが、とりあえずバッチリ進んでいます(笑)

そして、先日外出した際に、わが家と同じく、庭にジューンベリーを植えている家があり、よく見ると、ジューンベリーにネットが掛けられているのを発見!「これだ!」と思い、うちもやってみることにしました。

今まではジューンベリーは、「酸っぱいのでジャムなどにして食べるのが良い」と理解していたのですが、実がなりたての6月、実がまだ赤いくらいの時期だから酸っぱいのであって、黒紫色になれば、そのままでも食べやすいらしいとの話を聞きました。でもジューンベリーの大敵は、ヒヨドリなどの鳥です。実がなってくると、連日のようにヒヨドリが来ては、実を食べていきます。それよりも前の時期に摘んでしまうしかないと思っていたのですが、鳥よけにネットを掛ければ良いのでは?と、ようやく気付いたのでした!(笑)

ホームセンターなどでもいわゆる防鳥ネットは売っていますが、ほとんどがネットが太く、重さもそれなりにあります。農作物用として畝を想定しているのか、幅も2mくらいのものが多いです。それと、ベランダの鳥よけなど。

160527_031

そしてネットで探してとりあえず買ってみたのが、「ふわっと蝶鳥」というネットです。これはサイズもいくつかあるようですが、4×5mというのがあって、果樹などにふわっと掛けて蝶や鳥の害を防ぐというもののようです。宅配便で届きましたが、このサイズなのにとても軽いです。

160527_032

ちょっとわかりづらいかと思いますが、実際にジューンベリーに掛けてみたのが上の写真です。結構背が高くなっているので、2階からすっぽりと掛けられないかなども考えましたが、4×5mとのサイズなので、下の方の実を守ることにしました。どうせ上の方は手持ちの脚立を使っても手が届かないので収穫できそうになかったので、上の方は鳥にあげることにしました(笑) 数か所をヒモで結びましたが、基本的には、名前の通り、ふわっと木にまきついている感じです。風などで飛んで行ったり外れてしまわないか心配でしたが、先日それなりの風が吹いた時にも支障はなかったので良かったです。これで、さらに熟したジューンベリーが収穫できればいいなと思います。

160528_002

畑を始めて野菜を収穫するのも良いですが、まずは以前から家にあった食すことができるものを活かすべきと気付き、やってみた次第です。どうなるか楽しみです!

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

« 配筋検査 | トップページ | 基礎コンクリート打設・試験 »