« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月29日 (火)

上棟式

予報よりもとても暖かくなった先日、「石原町の家」の上棟式が行なわれました。建主様、おめでとうございました!

160329_011

2階建てで太陽光発電パネルを載せるので、ある程度の高さと勾配がある屋根でちょっとドキドキしましたが(笑)、無事に式を終えられて良かったです。

160329_005

屋根に上がってみると、本当に眺めが良く気持ち良かったです。武尊や谷川も見えました。「(工事が終われば)一生見られないかも」と建主様もとても感動なさっていたようです。わが子も参加させて頂きましたが、建主様のお子様と足場から屋根に登ったり降りたりしていてヒヤヒヤでした(苦笑 うちの子はまだ慣れているのですが)

160329_003

これから耐力壁やサッシュが入っていきます。建主様におかれましては、ますます宜しくお願いいたします!

そしてこの日の午前早くには、別の建主様に設計監理のご契約を頂きました。誠にありがとうございました!忙しくなりますが、今後とも宜しくお願いいたします!

2016年3月23日 (水)

初の芝焼き

ずいぶん暖かくなり、前橋でも桜が開花しましたが、また寒の戻りがあるようで・・・。本格的な春が待ち遠しいです。

さて、遅ればせながら、数日前から、時間を見つけて今年の庭の手入れを始めました!庭の手入れは10年以上になりますが、今年初めてやってみたのが「芝焼き」です。

芝焼きは、冬の芝が休んでいる時に、サッチ、病原菌、虫の卵、雑草の種の除去などを目的として芝に火をつけて焼くものです。去年はスジキリヨトウの幼虫に芝をやられたり、雑草も増えて来たので何とかなるのかな?などの期待を持ってやってみることにしました。しかし既に芝の新芽も出始めている状態だったので、もっと早くやるべきなのですが、雨のあとなどはできないなどありなかなか時間が取れず、今になってしまいました・・・。

160319_021

芝焼きは、私が子供の頃に親がたまにやっていたのを記憶していますが、ちょっと火をつけるとメラメラと燃え広がった気がするのですが、湿気が多いの、芝が短いからか何かわかりませんが、ちっとも燃え広がってくれません(苦笑) 雨が降って数日経ってもです。仕方がないのでとりあえず、ホームセンターで¥2,000くらいのバーナーを購入して試してみました。

160323_001

でも、バーナーを使っても燃え広がりませんでした。仕方なくバーナーで焼いていくことにしたのですが、ごく小さいバーナーなのでとても手間が掛かりました。そして、一応、ひと通り焼いた結果が上の写真です。枯れた芝が残っている部分も多いので、どの程度効果があるのかわかりませんが、今年はこれで様子見です。

160323_002

そして芝に年々繁殖しているこの雑草も(雑草が生える前に芝焼きしたかったのですが)、種の部分は燃えていたようだったので、今後どうなるのか観察してみたいと思います!、

2016年3月19日 (土)

見積チェック

先日、約10年ぶりくらいに学生時代の友人と呑みました。群馬に出張があったとのことで誘ってくれました。学生時代のこと、一級建築士の製図試験のための製図板を彼から借りたなぁなどの懐かしい話から、お互いの近況までと話は盛り上がり、今後はもっと頻繁に会おうと約束して別れました。とても楽しい時間でした。

など言いつつ、だいぶ暖かくなりましたが、天気や気温がイマイチで、どうも春本番という感じでもないような?困ったものです。

そんな中、「夫婦で暮らす平屋の家」は、複数社から見積を提出して頂き、私の方で内容を精査して、建主様と打合せしました。

160319_019

今までにも書いて来ましたが、見積チェックでは、細かく計上された見積書の中身を見て、数量やものの過不足、単価の妥当性などをチェックしていき、必要な部分は施工会社さんに質問したりなどして見積書を整えていきます。どこに見積落ちがあってどのくらい増額になりそうか、余計なものが入っていて、他には仕様を変更するなどで、どこでどのくらい減額できそうかをリストアップして、建主様とどこを採用するかを相談していきます。複数の会社での相見積の場合は、会社ごとに「○○工事」などの名称は同じでも、細かくはそこに含まれる工事が異なっていることも多いので、それを選別して、各社の各工事の金額をより正しく比較して頂けるように資料を作ったりもします。

160319_018

ということで、建主様には最終検討をして頂いています。そうしたところで、建主様に言われて久しぶりに敷地を見に行ってみたら、分譲地の他の敷地では、どんどん家が建っていました(苦笑) 頑張らねばです!

2016年3月15日 (火)

立上りコンクリート打設+物置改修

「火曜から春らしい陽気」との予報でしたが、暖かくなるのは明日だそうで。週末も結構寒かったですね。

160315_005

そんな中、「石原町の家」は基礎の立上りのコンクリートの打設を行ないました。予報は晴れだったにもかかわらずなかなか雨がやまず、安中では雪も舞うなど、寒い日でした。何とか打設直前には雨が上がり、無事に打設を終えました。この日に終えないと、工程がかなり遅れてしまうところだったので良かったです。

160315_011

そして、物置の改修工事を始めるとの連絡は聞いていましたが、あっというまに終わっていました。以前より、91㎝奥行きを削りました。家の車の出入りなど、かなり楽になりそうです。

2016年3月11日 (金)

震災から5年

今日で、東日本大震災から5年が経ちました。ひとつの節目でもあり、テレビでの報道もたくさんありました。亡くなられた多くの方のご冥福をお祈りします。

でも復興の進みが遅かったり、仮設の商店街なども、当初はにぎわったものの、だんだんお客さんが減って来て経営が大変など、いろいろ問題も山積みのようでした。

まだまだ大変だろうと思いますが、何とか頑張って頂きたいと思いますし、自分もできることはしていかねばと改めて思いました。

2016年3月 9日 (水)

立上り配筋

新国立競技場に聖火台がないとのことでまた騒ぎになっているようです(苦笑) 設計を担当した隈さんが言っていることもふまえ、「建築の方としてはあとからどうにでもできる。実際は、開会式の演出方法も含めて決定されるのが当然」だろうと思います。マスコミは揚げ足取りというか、他にネタがないからやっているのだろうかと感じてしまう状況です。

さて「石原町の家」は、今日、基礎の立上りのコンクリートを打設する予定でしたが、あいにくの雨のため延期となってしまいました。敷地への進入路が狭く、小型のミキサー車なので、この小型が最近は所有している会社が少なく、そちらで打設の日程が決まってしまう面もあるとのことで、次はいつになるか気になります。

160309_001

そして先日、立上りの配筋検査をして来ました。ホールダウン金物のセット状況も検査の対象ですが、金物を基礎の立上り部分にどれだけの長さを埋め込むかというのも構造上の検討ポイントなのですが、最近は、以前から主流だった埋込長さよりも短くて済む金物も出て来たようで、今回はそれを使うことになりました。

160309_005

大きな力が掛かる部分には、2本のホールダウン金物を使ったりもしましたが、今回初めて、1本で60kNまで対応できるものも初めて見ました。技術はどんどん進歩しているようです。

2016年3月 4日 (金)

ゴルフスクール

このブログでは、たまにゴルフに行った記事を書いて来ました。

思い返せば、初めてゴルフの打放しに行ったのは学生の頃で、コースに出たのは社会人になってからということで、既に20年以上やっていることになります。でも、特に若い頃はゴルフの費用も今よりはかなり高くなかなか行けませんでしたし、その後もゴルフをやめていた時期などもあったので、20年間フルにやってきたわけではないのですが。それでもここ数年、そこそこ一生懸命、趣味として再開していたのですが、なかなかスコアが伸びないとのことで、一念発起、友人とゴルフスクールに通うことにしました!費用も安いとは言えませんが、トレーニングジムに通うのと同じくらいかなと思います。

私がいつも通っている練習場でやっている何人かのレッスンプロの中から、ダンロップゴルフスクールとしてやっているものを選んでみました。本当にプロを目指すようなジュニアに対応したプロもいるそうです。最初の1回は無料体験できました。

160218

毎回このスクールの設備として、スイングを正面と後ろからカメラで撮って、それを見ながら問題点を解説して教えてくれます。自分のスイングの問題点が具体的によくわかるのでとても新鮮です。

そして現在、2回スクールのレッスンを行ないましたが、基本的には「手打ち」になってしまっている私には、ゴルフ業界でいう「ボディターン(体を回してパワーを与えて打つこと)」のスイングができるようにとのことを中心に指導してもらっています。それに対して、左手だけで力を入れずに打つ練習や、タオルを肩幅で持って、テイクバックとフォローの練習をするなど、毎回少しずつ違ったことを指導してもらっていてとても張り合いがあります。そして「良くなりましたね!」などプロに言って頂くと、自分ではあまり変わった実感はわかないのですが嬉しくなりますし、さらに練習の張り合いが出ます!練習の本を見て練習するので大丈夫な人もいると思いますが、私なんぞは、プロの人に実際に「ここまで持ち上げて」と体を持って指導してもらい、「体で覚える」と言って指導してもらえるのがとても有効なように思います。

まあ、教わったからと言って急激にスコアが上がるとも思いませんが、せっかくコースに出るのに、少しでも自分が満足できるゴルフができて、多少なりともスコアが良くなれば、とても嬉しいだろうなと思うので、しっかりスクールで練習したいと思います!みなさま、ゴルフ誘ってくださ~い!

2016年3月 1日 (火)

配筋検査・最狭の?コンクリート打設

今日から早くも3月です。でも今日も風が冷たかったです。

ところで最近、スバルのアイサイトが気になっています。安全で運転も楽になりそうなので。欲しいなぁ・・・。

160301_006

さて、「石原町の家」は先日、配筋検査を行ないました。少し手直し箇所がありましたが、全体としてとてもきれいに組んでもらっていました。その後に、瑕疵担保の方での配筋検査もありました。

160301_039

そしてその翌日、基礎のベースのコンクリートの打設を行ない、立ち会ってきました。以前の記事にも書いたように、車両の通路が狭く、物置の屋根を一部撤去しましたが、その上で、ポンプ車とミキサー車が何とか入りました。ミキサー車は4tで、一般的なものより小さめでしたが、それでも本当にギリギリでした(写真は、ミキサー車がバックで入ってくるところです)。私が過去に見た中で、一番狭いところだったように思います。でもさすがにプロ、事前に検討をして、できる限り効率的にコンクリートを打てるように段取りをしてくれて、思ったよりスムーズに打設が終わりました。

160301_043

そしてその少し前に、建主様と外観などの検討打合せを行ないました。とてもスムーズに決めて頂きました。

いろいろが重なってきていますが、どの仕事も丁寧に頑張っていきたいと思います!

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »