« 最新の模型 | トップページ | 本年も宜しくお願い申し上げます »

2015年12月31日 (木)

今年も最後は子ども日記

大晦日になりました。今年も最後は子どもの記事です。

今年はタイミングが悪く、わが子の誕生日の記録の記事を書き損ねてしまいましたが、小学2年生のわが長男、もちろん毎年ではありますが、いろいろと変化がありました。特に印象に残っているのは、体格がしっかりしてきたことでしょうか。もともとほっそりとした感じでしたが、骨も肉付きも良くなった気がします。印象通り、体重も増えましたし、何より、嫌々ながらの時はありつつも、毎回の食事で食べる量が結構増えて、「え~!最後まで食べられたね!」と驚くことが多くなりました。言うことも、「いっぱし」というのでしょうか、何かと理屈をつけたり、具体例を挙げたりしながら自分の主張をするようになってきたと思います。

151230_013

この冬休みには、子供と2人で日帰りでスキーに行きました。軽井沢プリンスです。今年は暖冬というのが顕著にわかるところですが、多くのスキー場が雪不足のようで、軽井沢プリンスも人工降雪機で一部のコースをオープンさせているだけでしたが(ここのスキー場はそういう年も多い印象ですが)、頂上までは行けて、とても楽しめました。子どもも「またやりたーい!」と以前に興味を示していたのに、次にはやりたがらないなどのことも少なくないですが(苦笑)、スキーはシーズンが限られているせいもあるのかとても積極的で、1時間くらいで飽きるかと思っていたら、夕方までガッツリ滑っていました。ボーゲンでのコントロールはほぼ自在にできるようになりました。褒めてあげると「僕は全然、うまく滑ろうとかしてないんだけどね!」など生意気なことも言います(笑) 次はシュテムターンに進ませようかと思っています。「またスクールに入る?」と聞いたら、「僕、小さい子じゃないんだから!」と怒っていましたが(苦笑)、それぞれの段階でクラスがあることを教えたら、興味津々のようでした。

このスキーの時では、リフトが混雑して並んでいる時も、列で横に並んでいる人がいると「ゆずってあげようか」と私に言ってみたり、友達と公園でドッジボールもどきをしていたら、ベビーカーの赤ちゃんと両親が近づいてきたところ、「みんな待って!どうぞ、通って下さい!」というなど、「へぇ~」と思うこともままありました。もちろんそうした後には、「良いこと言えたね」と褒めてあげます。ま、大した話ではないと思いますが(笑) 来年も子どもの成長が楽しみです。

ということで、今年もたくさんのみなさまのご厚情に、心より感謝申し上げます。仕事では、春に2件の住宅の引渡しをさせて頂き、その後のアフターメンテナンスなどもさせて頂いていますが、初めての冬の住み心地、そして、新しい家で迎えられるであろう新たな年が幸せなものであることをお祈りいたします。そしてその後は、モロモロの都合で新規着工が遅れてしまいましたが、そのせいもあって、来年は実施設計や現場が重なる予定で、それ以外の仕事も含め、益々頑張っていかねばと思います。みなさまにとって、来年も良い年でありますよう。

« 最新の模型 | トップページ | 本年も宜しくお願い申し上げます »