« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

(多分)スズメバチに刺されました!-2

今週は少し過ごしやすいかと思っていたら、今日はまたまた暑かったです。

さて、以前に書いた記事の続きです。ハチらしきに刺されて傷の処置も行ない、その後何日があたりを確認したのですが、たまにハチが飛んでいるので殺虫剤を遠くから撒いたりしました。

その後、ホームセンターで頭からかぶる防虫ネットなど、最低限の防護服のような格好をして、ハチらしきに刺されて途中になっていた、レッドロビンの剪定を再開しました。しばらく進めて、「やっぱりもう大丈夫か」など思い始めたころに、なんと、レッドロビンの生け垣の中から、ハチの巣らしきものが出てきました!形は丸、大きさはソフトボールよりひと回り大きいくらいでしょうか、マーブル模様の雰囲気から、これはスズメバチの巣だろうと思いました。巣の周りにハチはいない様子でした。

150702_0022

ということで、アシナガバチの巣くらいであれば自分でも駆除できますが、スズメバチは私レベルの素人が相手にしてはいけないと思い(苦笑)、すぐに駆除業者をネットで検索してみました。結構良いお値段ですが、背に腹は代えられないとのことで連絡してみようとしました。その前に、「待てよ?一応市役所に聞いてみよう」と思って電話すると、担当部署にすぐに回してくれました。すると、「業者は紹介している。スズメバチの巣であれば補助が出ます」とのことで、市役所の方から業者さんに連絡をしてくれて、すぐに折り返しの連絡がきて、しばらくしてわが家に来てくれました。

150707_009

業者さんはさすがに慣れているようで、頭に手拭いを巻いただけで、巣の周りにハチがいるかどうかを事前に確認して、「こういう巣は、出入りする穴があるんですよね」と言って探して見つけると、そこから殺虫剤を注入して、巣をもぎ取りました。中にハチがいたのかどうかはわかりませんが、とりあえずこれでひと安心です。業者さんにハチの種類を聞いてみると、キイロスズメバチの巣だとのこと。あとで調べてみると、あまり大型なスズメバチではないようでしたが。補助がいくらかはわかりませんでしたが、代金は¥3,000でした。迅速に対応して頂いたし、頼んで良かったなと思いました。

業者さんが言うには、年によって駆除依頼の件数の多い少ないがあるんだそうで、去年は多かったと言っていました。そして帰り際に、「ハチが戻ってくるかも知れないので、ちょっと注意して作業して下さい」と言われたのですが、確かにその後剪定を再開したら、スズメバチが1匹飛んできてあたりをウロウロしていました。巣の主だったのかも知れません。

ということで、私は刺した虫を直接見たわけではなかったのですが、おそらくこの巣に気付かずに剪定をしていて、巣を刺激してしまったのだろう、ということは、私を刺したのはこのキイロスズメバチというハチだったのだろうなと思うに至ったという次第です。もう10年も庭の剪定をしていて、まさかレッドロビンの中にハチが巣を作るとは思ってもいなかったのですが、これからは注意していかねばと思います。

2015年7月28日 (火)

外構大詰め+暑さ対策+縁側からの眺め

今日は久しぶりに気温が少し低めで、とてもさわやかに目覚めました(笑)

006

外構工事中の「A-BASE」は、天気の影響をかなり受けて遅れてしまい、ようやく大詰めです(写真よりも現在はもっと進んでいます)

もう既にお住まいになっている建主様から、猛暑の日が増えた段階で暑さについてうかがってみました。さすがに外の空気がムッとするような暑さの日は対策が限られてしまうようですが、それでも日没後に、屋根にホースでちょっと散水して頂くだけで、2階の室温が2℃下がったそうです。「風がよく通るように設計して頂けた」と建主様はとても喜んで下さっているのですが、雨の日などは、暑くでも風が流れて気持ち良いそうです。今後も暑さ対策をいろいろやってみて下さるそうなので楽しみです!

008

そして、外構工事でお邪魔した際には、建主様はお留守だったので、ちゃっかり縁側に腰掛けてみました(笑) この日はとても暑かったですが、風が吹いていたので、ある程度日陰ができている縁側はとても気持ち良かったです!そして、周囲の田んぼにも水が張られ、眺めもさらに良い時期になっていました!写真の範囲内では、あとは雨落ち溝の砂利をしっかり入れる作業が残っています。

外構工事になってから、連絡ミスや手直しなどもあって、建主様にはご心配をお掛けしてしまう面もありますが、しっかりと進めさせて頂きますので、宜しくお願いいたします! そしてお盆頃にはおおむね外構工事も終了予定です。鉢植えやホウキソウなどの植物はすでに楽しんでいらっしゃるようですが、できれば、真夏の季節を過ぎたら、本格的な植栽に着手して頂けるといいなぁなどと勝手に思ったりしています(笑)

2015年7月23日 (木)

上毛新聞すみかくらぶ

今日は、上毛新聞すみかくらぶの、「すみか建築家倶楽部」の年に1度のカラー掲載の日です。

150723_013

昨年の掲載後に竣工した住まいの写真をまだ撮っていないので、ほとんど内容は去年と同じですが、宜しければご覧頂ければと思います。すみかくらぶのウェブサイトからも、「すみかくらぶWEB版」を見ることができます。

http://www.sumikaclub.com/

しかし、今日は曇り空なのでまだマシですが、ここのところの暑さはかなりのものな気がします。私も周りでも、現場の人が熱中症で運ばれたとか、私自身も昨日、車で移動していくつか回っていた程度なのに、熱中症の前兆のような感じになってしまったりなど、気を付けて行かねばと思います。

テレビでやっていたのですが、熱中症対策には「水分と塩分」などと言いますが、同時に摂らないと意味がないとの話もあるようで、やはり経口保水液が良いのだとか。その他にも、カフェインの入った飲み物は、利尿作用があるので水分補給の効率が悪い、食生活も大事なども言っていました。

今年は冷夏予想だったはず。今の暑さが、予想外の猛暑なのか、一時的な台風の影響なのかはわかりませんが、いずれにしてもまだ7月!みなさま、体調管理はくれぐれもお気を付け頂きますよう。

2015年7月21日 (火)

芝の手入れ、頑張ってます!

ついに梅雨が明けました!暑い日が続きますが、体調には気を付けて頑張っていきたいと思います。

さて今年は、ウッドデッキのメンテナンスとともに、ここ数年元気がなくて、すっかりあきらめていた芝についても、頑張って手入れしています。その手始めとして、スミチオンを使って、スジキリヨトウの幼虫退治をしたことを以前の記事で書きました。

150623_001

しかしその後、芝の密度がまだ低いせいでしょうか、カタバミなどのよくある雑草が繁茂してしまい、「あんたらは、グランドカバーの植物か?」とツッコミたくなるくらい、一時は芝に雑草が繁茂してしまったこともありました。

それでもめげずに、そうした雑草を手でむしり、あまり効果があったとは思えませんが、芝用の除草剤をまいたりもしました。そして、施肥も行ない、芝が成長を始めた時期であっても、まだ効果はあるだろうとエアレーションをしたり、芝の密度が低いところ、実際に地面が少しへこんでいるいるところなどに目土を入れて根が伸びるように環境を整えました。芝が成長を始めてから目土を入れると、芝生の中に土部分が出て来るので、短期的には芝の見た目が悪くなるのですが、それでも、ということでやってみた次第です。

そんな感じでやっていく一方で、去年まで苦労が絶えなかった芝刈り機を買い換えました!芝刈り機については、刃の形によりリール式とロータリー式に大別できるのは知られるところです。数年前に、わが家の2台目の芝刈り機として、某知られたメーカーのリール式の芝刈り機を購入しました。リール式というのは、昔ながらの手動式芝刈り機で良く見られた、縦回転する刃ですが、「リール式の方がきれいに刈れる」との話が多かったので、少し値段は高くなるのですが、そちらを買ってみました。しかし使用後しばらくから、芝刈りをすると、芝の葉先が茶色く枯れることが続きました。芝がうまく切れずに、引きちぎられているような感じです。「はがきがスムーズに切れるように」など調整方法が示されているのでその通りにしてみても、症状は改善されません。メーカーの人に来てもらったりもしましたが、結局改善することはありませんでした。要するにリール式のこの刃は、芝をスパッと切れずに擦ってしまって、それが葉先が茶色くなる原因のようでした。以前の安いロータリー式では、そうしたことはほとんどなかったのに・・・。

150412_006

そうしていろいろ考えたのですが、どうもリール式は、ある程度刃のメンテナンスなどをしっかりやれる人で、それなりに広い面積をきれいに刈るのに適しているのかな?と思うに至りました。うちの芝は所詮10坪くらいですので、芝刈りにそれほど時間が掛かるわけでもありません。そんなことで近くのホームセンターを探したのですが、希望するメーカーのロータリー式がなかったので、アマゾンで買ってしまいました。こういう意味では、ネット通販はとても便利だなと改めて感じます。

使ってみると、まだ芝の成長の最盛期ではないこともあるのかも知れませんが、とてもスムーズにきれいに刈れました。以前のリール式のような、刈った後に葉先が枯れるなどのこともとりあえずないようです。それだけで、今までよりかなりテンションが上がります!(笑) それで刈ってみると、まだ芝の密度は低い部分はありますが、全体としてとてもきれいになりつつあります。思わず、ちょっとした時に芝を眺め、気付いた雑草を抜いてさらにきれいにするなどがとても楽しくなっています。夜だと芝の様子が見えないのでつまらないです(笑) 芝がまだ育っていない部分などは、芝が踏まれて横に寝てしまうので、芝刈り機で設定した刈高よりも長い芝でも刈れていないこともままあります。芝は、刈られることで横に伸びようとするとのことも聞いているので、気付いた部分は手で芝を起こして、ハサミでチョキチョキ切ったりもしています。それが良いやり方なのかどうかはわからないのですが(笑) 雨が降らない時には、芝を貼った頃のように、朝や夕に水やりをしたりもしています。

150721_004_2

ということで、直近の、今年2回目の芝刈りをした直後の写真が上です。最初に芝刈りをしたときに短めだったせいか、暑くなってきたせいか、少し茶色い部分が増えた気がしたり、芝がつながっていない部分もまだ直っていないんなどありますが、だいぶ良くなってきました!さすがに今年1年では完全には良くならないのかな?など思いつつ、いよいよ芝が最も成長する時期、さらにメンテを頑張っていきたいと思います!

2015年7月17日 (金)

地下に農業用水が!

昨日から、西日本を中心に台風が接近。こちらも意外と雨や風の時間が長かった気がしますが、何とか抜けていったでしょうか。被害が少なければ良いですが。そして、台風が続けて来たせいで、梅雨前線がなくなってしまい、もう梅雨が明けているのでは?との噂も。

今週前半は猛暑でしたが、そんな中、現在計画中のお宅の敷地の造成についての打合せに行ってきました。

005

隣の敷地の地下に農業用水が通っていて家が建てられないとのことは聞いていたのですが、いろんな方が集まって確認してみると、建主様の敷地にも大きく影響していることがわかりました。

予定していた家の配置計画などの変更が必要であることがわかって、建主様には再度検討をして頂くことになってしまいましたが、比較的早くわかって良かったなと思います。

土地って、ホントにいろんなことがあるものだなぁと改めて思いました。

2015年7月13日 (月)

緊急情報!「ハチ激取れ」効果あり!

先日スズメバチに刺された際に、ハチのトラップを買って仕掛けておきました。しばらく前から、ペットボトルを使った自作のものがネットでも紹介されていましたが、商品化されていました。フマキラーの「ハチ激取れ」です。

150713_001

ご存知の方もいらっしゃると思いますがこれは、中にハチなどが好む液体を入れておいて誘引し、一度中に入ってしまうと出られない、おぼれて死んでしまうというものです。

設置したのは6月下旬で、梅雨空だったのですが、最初はほとんど虫も入らず、効果を全く感じられませんでした。ところが1週間くらいしたころから、ハエのような虫が結構入るようになり、そしてここ数日、暑くなって活動が活発になったのか、ハチが数匹入っているのが確認できました。庭のサルスベリの枝に吊るしてあり、その花が咲き始めたことも関係があるのかも知れないですが。

この週末は、朝にトラップをのぞいてみると、必ずハチは入っていました。小型のスズメバチ、アシナガバチなどいろいろです。一度は、トラップのあたりで水をまいていたらハチが威嚇してきたので逃げたのですが、なんだと思ったらそのトラップにおびき寄せられ、あっという間に中に落ちてしまいました(苦笑) 効果はあるものの、ハチを誘引してしまうわけなので、それの観察や近づいたりするときには、少し注意した方が良いのかも知れません。

ハチはこちらが攻撃しない限りは刺してきませんが、私のように、その気がなくても攻撃とみなされて刺されてしまうこともあります。頻繁にハチに巣をつくられる、庭によくハチが来るけど、小さなお子さんがいて心配などある方は、利用してみるのも良いかも知れません。

150713_002

今朝は、大きめのスズメバチが入っていました。大親分のオオスズメバチかも知れないです。逆に怖いです(苦笑) 写真のように虫がたまってしまうと、なかなか溺れなくなってしまうので、本当はもう交換時期です。

※その後の追記です。交換時期かと思っていたのですが、それから虫たちが徐々に沈んできてしまい、再び溺れやすくなりました(苦笑) まだまだ虫が入る余地があるようですごいです。一方、木に登ってきているアリが入ってくるようになってしまいました。その後どうなるか?

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2015年7月10日 (金)

植栽+縁側+ボルダリング指導

今日は久しぶりの晴天で、太陽の下にいるとさすがに暑いですが、気持ち良いですね。

さて先日、「ボルダリングができる家」にお邪魔してきました。いくつか不具合などの対処状況の確認と、植栽がとりあえず終わったとのこと、さらには、こちらのお宅のお子さんとうちの子が同い年であることもあって、遊んで頂こうとのことでした(笑)

150707_019

行ってみると、まだ片付かないところも一部あったようでしたが、シャラ、ヤマボウシ、ハナミズキなどのほかに、頂いたというドウダンツツジなど、何本もの木々が植えられ、芝も張られてすっかり庭らしくなっていました!奥様が、「雑木林のような雰囲気が良い」と言っていた感じに近付いているようです(写真がイマイチですみません)。正面に雨樋がないので、大きな缶などで雨水を溜めて、植栽のための雨水利用もなさっていました。

150707_0182_2

そしてビックリなのが、いろんな方から、植物のプレゼントがあったとのことで、たくさんの鉢が既に並んでいることと、ご主人様が種を拾って来たというカエデやイチョウなどがたくさん芽を出していたこと(写真を撮らせてもらえば良かった・・・)、そして、ネットで竹を買って、自前で作ったという竹垣(竹垣も、本当に落下防止を目的とするものよりも、ちょっとした人の侵入を防ぐくらいのものであれば、さらに手軽にできます)など、既にバリバリに庭や緑を楽しみ始めている様子だったことです。引渡し後はみなさん、徐々に庭をいじっていく感じの方が多いように思うのですが、既にエンジン全開といったところでしょうか(笑) さすがはアウトドア派のご主人様とご家族です。庭でバーベキューもして、それもとても気持ち良かったようです。

150707_038

この日は雨も降りかねない様子でしたが何とかもって、みんなで気持ち良く縁側でおやつも頂きました。子供たちは、縁側で戦いごっこをしたりもしていました(笑 写真奥)

150707_025

ボルダリングは、うちの子も以前少し登らせて頂きましたが、その後、床に敷くマットや、安全ベルトであるハーネスもご主人様が用意なさったとのことで、うちの子にもやらせて頂きました。最初や、難しい壁などは、これがあると安心のようです。うちの子もしばらくすると、ハーネスなしで2階まで登れるようになりました。2階に登ったあとは、同様に壁から降りてくることも、ハシゴから降りてくることもできます。こちらの家のお子さんは、既に30°の斜め壁に挑戦していました。すごい!

ボルダリングや庭など、ご家族が希望していた暮らしが始まりました。この日も、周りの田んぼから来ているらしいカエルを庭で見つけて、お子さんが写真を撮ったりしていました(笑) 以前のご様子だと、「お母さんにベッタリ」タイプのお子さんだった印象ですが、ボルダリングを教えることで、お父さんとお子さんのコミュニケーションも増えたようで、私もうらやましいなぁと思ったのでした(笑)

ということで、また夏休みにお邪魔できればと思いますし、竣工写真の予定も立てています。その他メンテなどもあると思いますが、建主様におかれましては、今後とも、実際にお住まいになっての良い悪いを教えて頂くなど、もろもろ、宜しくお願い申し上げます!そして、ご家族が元気で仲良く過ごされますように!

2015年7月 7日 (火)

(多分)スズメバチに刺されました!-1

今年の梅雨は、結構雨が多いですね。

そんな中、庭の植木や、ツル植物がかなり繁茂してきたので、先日剪定や刈取をしていました。こうした庭の手入れは、仕事を休みやすい週末に行なうのがもちろん良いのですが、そうした時に雨が降っているとできないなど、結構タイミングが大変です。私の場合は、平日でも、時間の融通を効かせて庭仕事をしやすいのでまだ良いのですが。

そんな感じで、いつものようにレッドロビンの剪定をしていたところ、いきなり「ブ~ン」と虫が飛んできて、私の唇の下のあたりにとまったので手で振り払ったのですが飛んで行かず、その後飛んで行ったのですが、「あ、これはハチかアブか何かに刺されたな」と感じました。ハエや蚊などがとまったときには、手で振り払うと逃げていくと思いますが、この時は、手で振り払ってもしっかりとまっていて、「刺すぞ!」という強い意思が感じられ、こんなことは初めてだったので(苦笑) まもなくそのあたりがヒリヒリして来たので鏡で見てみました。すると、直径1㎝くらい、厚さ1㎜くらいでその場所が腫れていたので、何となくですが、うみを出すようにそれを絞り出してみました。その後、嵐の相葉君がCMをやっている、ムカデやクラゲに効くみたいな、少し強めの?薬があったので塗ってみると、腫れはすっと引きました。ただ、ヒリヒリするような痛みは続いていましたが。しかし、刺していった虫自体を私は直接見られなかったので、ハチなのかどうなのかもわかっていないのですが。今まで私も、庭の手入れを10年以上してきて、たまにアシナガバチの巣を駆除したりもしてきましたが、こんなことは初めてでした。

しかしハチといえば、怖いのは痛みそのものではなくて「アナフィラキシーショック」であることはよく知られています。「ハチに2回刺されると死ぬ」くらいのドキドキ情報も聞いたことがありました。ということで、そうしたショックなどを含めて少し調べました。アナフィラキシーショックは、何もハチに限ったことではなく、子供の食物アレルギーでなども起きるものであることも改めてわかりました。

すると、ハチに刺された時の対処は、
①安全な場所に逃げる
②刺された毒をしぼり出して水で洗う
③虫刺されの薬を塗る
④アナフィラキシーショックが出ないか観察
⑤念のため皮膚科を受診する
という感じだったので、初期対処としては悪くなかったのかな?と思ったりもしました。昔から「ハチに刺されたらおしっこを掛ける」など聞いたりもしましたが、それは何の根拠も効果もないそうです。

その後、念のため皮膚科に行ったのですが、刺されて既に数時間経っていることを伝えたからか、先生が忙しいからか、大きな腫れがあるなどではなかったからかわかりませんが、近くでしっかりと診てくれることすらなく、塗り薬を出され、「今度刺されて、気分が悪くなったら救急車を呼ぶように」と、怖い指導をされて帰ることになりました・・・。

でも帰宅後にさらに調べてみると、ハチ毒によるアナギラキシーショックを起こす人は、ハチ毒によって体内に抗体を作ってしまう体質の人であり、全体の1割程度であり、その中でも、さらに重篤な症状に陥る人は一定の割合でしかないこともわかりました。そうしたことから、「次に刺されたらやばいかもなどと思って生きて行くより、まずはアレルギー検査をした方が良いだろう」と思うに至りました。他の人に話を聞いてみると、特に農林業をなさっている方など、ハチに複数回刺されているとの人も少なくなく、聞いてみると特に対処はしていないとのこと。「次に刺されて気分が悪くなったら救急車」などと言っているお医者さんって一体・・・と思ったのでした(苦笑)

ということで、刺されてからしばらく時間が経ってから検査しないと抗体ができたか正確にわからないということもあるらしいので、もうしばらく待ってから、念のためアレルギーの検査をしてみようかと思っているところです。

そしてそもそもハチは、人間がハチを攻撃しない限りは攻撃してこないとよく聞きますので、そうした点に気を付けることがまず基本になるのに、どうして私がハチに刺されてしまったのか、そして、刺された時には何に刺されたのか見ることはできなかったのに、どうやら私を刺したのはスズメバチであろうことがなぜわかったかは、後の記事で!

2015年7月 3日 (金)

「Facebook 始めました」

冷やし中華のようですが、私もついに「Facebook 始めました」(笑)。

仕事を中心としたこのブログは、もう数年続けていますが、その他新しく登場するSNSについては、イマイチ食指が伸びなかったのですが、ついにFacebookを始めてみることにしました。以前に始めた友人も、「昔の懐かしい友人に再開できたり楽しいよ」など勧められたこともあったりしたのですが・・・。

150701

きっかけは、学校のOB会でFacebookページを作ることになったからなのですが、基本の理由がそれなので、始めたものの、正直あまり活用の術を考えていません・・・(苦笑) とりあえず、ブログで書いた記事をたまにはFacebookにもアップするようにでもしようかな?と思っているところです。どういった範囲の方に見て頂けるようにするかなどの設定もできるようで、いろいろ試してみようかと思っているところですが、Facebookをなさっているみなさま、機会があったら、私のページものぞいてみて下さ~い!そして、いろいろ教えて下さ~い!

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »