« 久々の倉渕せせらぎ公園 | トップページ | クールビズなど »

2015年6月16日 (火)

網戸の貼り替えとサッシュ枠掃除

わが家のウッドデッキ空間のリニューアルを進めていますが、きれいにし始めると、周りの部分もきれいにしたくなるもので、ウッドデッキへ出られる掃出しサッシュの網戸が、古くなっていましたし、一部網が外れたりしていたので、網戸を貼り替えることにしました。

150615_001

貼り替えたい網戸は、W800×H2,000くらいの一般的な掃出し窓用のもの1枚でしたが、最初は、簡単に済めばと思って、ホームセンターに貼り替えを頼もうと値段を聞いてみたのですが、4枚以上からで、1枚1万円以上するらしかったのでさすがにやめて、店内であたりを見回すと、DIYで貼り替える網戸やそのグッズがあったので、店員さんに聞いて購入し、やってみました。金額は全部で1,000円以下だったと思います。

わが家も既に築15年以上、網戸のメンテもしていないので、網もかなり固くなっているようでした。もともとはフレームは黒で白色の網だったようですが、最近主流と思われる黒の網にしてみました。

150615_002

網戸は、戸であるフレームに細い溝があって、戸に網を敷いて、その細い溝にゴムのパッキンのようなものをはめ込んで網を固定していきます。私も自分でやってみるのは初めてだったので、網戸がピンと貼れるか心配だったのですが、端を洗濯ばさみで仮留めした上でゴムパッキンをはめるなどして、最終的には、意外にヘロヘロでなく、それなりにきちんと網が貼れたのでビックリしました、もちろん、一度パッキンをはめても、きれいでないと思えば、その場でやり直すこともできます。

そのパッキンをはめて、はみ出した網戸をカットして仕上げます。ゴムのパッキンをはめるためには、写真のようなローラーが300円くらいで売っているのでそれを使いましたが、溝にパッキンを押し込むのに結構コツが要るようで、ローラーが溝をはみだして、網戸にキズがついてしまったところも結構ありました・・・。でも、まあまあの見栄えです。細かく見ると、戸と貼った網が微妙に平行でなかったりしましたが(苦笑) まあ、DIY網戸も高いものではないので、失敗したらもう一度トライするのも良いのではないかとも思います。

150615_003

また、このように網戸は、貼ってからパッキンで固定して網をカットするので、ぶつかって網が外れてしまった時などは、網自体を新しくしないとならないとよく言われますが、最低限の仕上がり、虫が入ってこないなどで良ければ、もしかすると、少し強め引っ張って貼ってあげて、パッキンで再度固定することも、応急処置的にはできないわけでもないのでは?と思ったりしたのですが、また今度試してみたいと思います。

150615_005

そして、網戸がきれいになったので、窓掃除もして、ついでにサッシュ枠の掃除もしました。サッシュ枠の掃除は、今や定番となった「ペットボトルを使うブラシ」でやりました。サッシュ枠の特に下枠は、土ぼこりがたまって、ぬれぞうきんなどでもほこりを取り除くのはひと苦労ですが、これら掃除用具は、市販のペットボトルに水を入れてブラシを付けるだけで、ちょうど良い水量を出しながら、ブラシを使って土を洗い流せるので、かなり便利です。

そんな感じで網戸とサッシュがきれいになったので、次は、この掃出し窓のレースカーテンを新調しようかと思っています。今まで何度も洗ってきたので、さすがに生地が硬くなって手触りも悪いですし、特に高さ方向が縮んでしまっているので・・・。いろいろきれいにしていきたいなと思います!

« 久々の倉渕せせらぎ公園 | トップページ | クールビズなど »