« 軒先のディテール | トップページ | 余談ですが、『SUUMO注文住宅 群馬で建てる』 »

2015年1月26日 (月)

軽井沢プリンスホテルスキー場

1月も後半になりましたが、少し暖かい日も出てきました。でも、暖冬傾向との予想ほどではない印象です。

150125_009

さて先日、子供を連れて、友人家族とスキーに行ってきました。軽井沢プリンスホテルスキー場です。わが家のある安中からは、もっとも手軽に行けるスキー場です。ただ、雪があまり降らないので人工降雪の場合も少なくないこと、1回券がなく、全体的に少し値段が高めであること、コースはある程度種類がありますが、狭めのコースが多く、またわが子のような初心者には、最後の部分に中級コースがあって心配であるなどいろいろあるのはあるのですが・・・。それでもキッズランドもあって、さらに小さい子がいる家族も楽しみやすいです。わが家も、子供を初めて連れてきたのはここだった記憶があります。

わが子は去年、コーチベルトを使って、ボーゲンで、最低限は止まれるようになりました。今年も、「スキー?行きたーい!」と大喜びで、そり遊びなどをしたがるかと思ったものの、迷いなくスキーをやるというので、お~と思っていました。そしてこの日は、数日前に結構雪が降ったようで、軽井沢としてはとても良い雪質でした。

でも現地に着くとやはり子供なのでしょうか、1年ぶりの雪の斜面に、ふざけて掛け登ったり、雪合戦として私に雪を投げつけてきたりで、なかなかスキーを始めようとしません(苦笑)ようやく何度か話をして、一緒にリフトに乗らせました。

150125_011

すると、「僕、ベルトなしで自分で滑ってみる!」というので、今年初につき、最低限の感触を思い出させるための練習をさせて滑らせました。「スキー三角(ハの字)~、止まって~!」など後ろから声を掛けていると、まずまずできるようです。「お~、上手になってきたね~!と褒めてやると得意げです(笑) たまに転ぶことはありましたが、一緒に起き上がり方を教えてあげてだいぶできるようになって来たり、曲がりたいときに何となく曲がれているようで、2本滑れただけでしたが、かなり進歩したような気がしました。小学生になって、基本的な足の力もついてきたというのもあるのだろうと思います。(わかりづらそうですが、上の写真の真ん中あたりで、ボーダー2人の向こうでボーゲンっぽい格好をしているのが息子です)

次は、ボーゲンでさらにしっかりスキーをコントロールできたり、ターンをする練習をさせようと思っています。そうすれば、初級者ゲレンデであれば、かなり一緒に滑れてますます楽しそうだなと思うのでした!

« 軒先のディテール | トップページ | 余談ですが、『SUUMO注文住宅 群馬で建てる』 »