« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月27日 (金)

ゴルフ打放しデビュ~!

先日、子どもを初めてゴルフの打放しに連れて行きました。私よりゴルフが上手で、娘さんを打放しに何度も連れて行っているという私の友人と4人です。

子どもも、今はちょっと懐かしくなりましたが、仮面ライダーフォーゼに出てきたメティオなどが、番組中でゴルフをやっていたのでもともと親近感はあり、聞くと「ゴルフの練習?行きた~い!」と以前から言っていてようやく実現しました(笑)

Dsc_0033

ゴルフの打放しでは、子どもにはまずは、「ゴルフのスウィングで頭にクラブが当たったりしたら死んじゃうこともあるから、すごく気を付けるように」ということをしっかり教える必要があるのはわかっていて、そうした子どもへの仕込みをします。ジュニア用のクラブは、身長110~130、130~150、150~170㎝など、3段階くらいに分かれていることが多いのでしょうか。友人が110~130用よりもさらに短いドライバーを中古ショップで¥1,000くらいで買って娘さんに使わせていたので、今回はそれを借りました。友人が言うのは、「まずはクラブにボールが当たる感触をおぼえさせる」と、スタンスはある程度気を付けるとのことで、10㎜くらいにティーアップしたところで、スイングの形などは全然気にせず自由に打たせます。他のボールが近くにある時に打ってしまうとボールが変なところに飛んで危ないなど、大人は当然のこととして気にもしなくなったことも、友人が教えてくれていました。

それでうちの子に打たせてみると、意外に飛ぶこと!(笑) もちろん未就学児の初練習ですから30ヤードくらいまでですが、思ったより当たっていると、友人にも褒めてもらい、子どももとても嬉しげです。クラブを振ってボールが飛んで行くのもおもしろく、そして、ダフって空振りしても「ギャハハ!」と大受けしていて本当に楽しそうでした。そしてどの子にも共通のようですが、スイングをまだ気にせず、ボールが自動でティーアップされるものですから、次から次へとバカスカ打ってしまうのです。100球くらいあっという間でした(苦笑)

130926_001

打っている最中から、「僕、また来る~!」と言っていました。でもまあ、そのうち飽きるなどもあるのかも知れませんが、とりあえず気に入ったようで良かったです。子どもの反応が良かったので、うちも早速子ども用のクラブを購入しました。ツアーステージのジュニア用で、中古で¥2,000で、カバーも無料で付けてもらいました。初めはこんなのが1本あれば充分のようです。

書いたように、友人は、以前から娘さんを打放しに連れて来ています。父親と子ども、特に息子でも娘でも、ゴルフは共通の趣味として楽しみやすそうだなと感じました。以前に書きましたが、子どもの習い事を「親子で楽しめる」との観点で選ぶのも良いなというのも念頭にあります。もちろん、プロを目指すなどとなるとかなり費用も時間もかかるようですが、ゴルフ関連の費用も、昔に比べるとかなり安くなりましたし、たまに打放しに来て、やる気が続くようだったら中古のクラブセットでも買ってあげて、小学生くらいでも一緒にコースに出るなど、それほど費用を掛けずに親子で楽しめるのではないかと思いました。これから先が楽しみです!

2013年9月24日 (火)

オーバースライダー

「高崎の家」は、着々と進んでいます。

130924_0022

「高崎の家」はビルトインガレージがありますが、そのドアとしての「オーバースライダー」が取り付けられました。同じような用途としてシャッターの方がよく見かけると思いますが、開閉の速度や音の面で、オーバースライダーの方が性能が高いのが一般的です。

それと、シャッターは、シャッターボックスに巻き込まれますが、オーバースライダーは、写真のように天井に沿って引き上げられます。ですので、照明を普通に天井につけるのでなく、他の方法を用いることになります。

さて、まだ私は、表面を見ることができていませんが、偶然見かけた建主様によると、なかなか良かったとのこと。私も早くみたいです!(笑)

2013年9月20日 (金)

ランドセル物色中

朝晩はちょっと寒いくらいにヒンヤリしてきました。今年は順調に秋が来ているようです。

ごく一部からご好評を頂いている「物色中シリーズ」(どこの誰から??? 笑) 今は、来年小学校に上がるわが子のランドセルが物色中&大詰めです。

最初はイオンやニトリのランドセルも見つつ、一応、「ものづくり」を仕事にしている私としては、子供には多少はこだわりのある物を使わせたい(まあわが家の場合、予算的にたがが知れていますが 苦笑)との思いも持ちつつ、総牛革かかぶせのみコードバンが良いかと思い、気になるメーカーの実物を見に行ったりしています。どこのメーカーについても、私たちが子どもの頃に比べて、本革もかなり丈夫になっていて型崩れなどしづらいそうです。

130915_003

まずは、東京へ行ったついでに「鞄工房山本」へ。奈良のメーカーだそうですが、銀座にショールームがあるというので行ってみました。生まれて初めて、新橋駅から銀座に向かいました。「こうなってるのか~!」と(笑)

130915_001

余談ですが、同じ街区に「銀座の母」がありました。「おぉ!ここなのか~!」と(笑) 事前にカタログとサンプルを請求したらすぐに届いて良かったのですが、銀座ショールームは、WEBにある住所を検索してもヒットしないし、近くに行っても見当たらないし、お店に何度電話してもでつながらないしで近くにあった交番に聞こうと思いましたが、「ルアンビル」がようやく見つかりました。ここの8階でした。エレベーターで上がって行くとお店があって、狭いスペースに結構お客さんがいました。良く言えば、店員さんが電話にも出られないくらいに説明をしていて、という感じでしたが、「銀座店へのアクセス専用番号というのだから、接客で出られないなら自動案内とかすれば?」とは思いました(苦笑) 店員が一人しかいないで、お客さんからの質問攻めで大変そうなので、もともとWEBサイトで見ていたものの実物をチェックして帰りました(笑) しかしそのあとも、電話問い合わせを何度もしましたが、全くつながらず・・・。買ったあとのサポートとかも大丈夫なのか?とメール問い合わせしているところです(苦笑) 最近はかぶせを閉じる「錠」が、自動的に回転してロックしてくれるものが多いようでしたが、ここのWEBサイトを見たら、「故障しやすいので当社では使っていません」とのこと。なるほど~。

130915_007

そして次は、「土屋鞄」へ。ここは東京の友人の奥さんも狙っていると言っていたお店。ちょうど高崎に出張店舗が来ていたので、会場であるワシントンホテルへ。写真撮影OKとのことなのでちょっと1枚(笑) でも、駅のペデストリアンデッキから行くと、会場がどこなのか良くかわらず・・・(苦笑) この日は息子を連れて行き、子供も喜ぶだろうと思ったら、「ん~なとこ良いから、早く遊ばせてよ!」という感じ(苦笑) でもたくさん展示されたランドセルを見て、ちょっと楽しくなったようで、いくつか背負ってみたり、テンションが上がっていました(笑) 子供の好みで選ばせると大変なことになりかねないので、好みを聞きつつ、「こういうのが良いんじゃない?」と洗脳してこの日は終了しました(苦笑)

190918_002

そしてその後、群馬のお店で、建主奥様に紹介して頂いた「トヤマかばん店」へ。前橋の中央通りアーケードにありました。WEBサイトを見て、「何かランドセルが丸いなぁ」と思っていて聞いてみたら、ランドセルの「かぶせ(要はフタ)」が一般よりも少し長く、それは、子供たちの様子を見ていると、かぶせのところにいろいろはさみこんで使っているようなので、そこに少し余裕があった方が良いと考えたのだそうです。なるほど~と。かぶせと本体で皮の色が違う「ツートン」があったり、ステッチや中側の皮の色が選べるなど、オリジナリティを大切にしているようでした。今申し込んでも、2月中旬の仕上がりとのことでした。

ということで、とある理由でこの連休くらいに最終決定したいと思っているところで。少しは同じような方から情報は頂いているものの、ランドセル選びは、こんなもんで良いのでしょうか??? 何かありましたら教えて下さ~い!(笑)

※などと悠長なことを言っていたら、別の電話でようやくつながったので鞄工房山本に聞いたところ、もう既にほとんど売り切れとのこと!しかも、先日名古屋で展示会をやって、ここ数日でドドッとということでした。「コバ塗り」、結構気に入っていたのですが(苦笑) まあ気を取り直して、早速別の店で注文し、物色終了です!子供も喜んでくれるかな~?(笑)

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2013年9月17日 (火)

「土間のある家」がスタートしました!

週末に、「土間のある家」の地鎮祭が行われました。建主様おめでとうございました!

130917_2

最初に家についてのお話をうかがってから確か2年半ほどかかったでしょうか。ご実家をリフォームしての2世帯住宅とのことで始めましたが、ご実家の裏に新築することになりました。施工会社さんを選ぶのがやや大変でしたが、何とか無事にこの日が迎えられて良かったなと思います。

こちらのお宅は、建主様のご両親がやっている農業を、将来は跡を継ぐとの予定でもあるため、玄関に広めの土間を設けているのが特徴です。地方の農家らしく、人寄せもしやすいようになっています。そして全体としては、自然素材を多く使い、そうした中でも、建主様の好みをうかがっていると、少しシックな雰囲気にまとまって行くのかな?というところです。施工会社さんも、技術的にかなり自信のあるご様子で、仕上がりがとても楽しみです。

余談ですが、この日は子守で、うちの息子も参加させて頂きました。建主様のお子さんとも仲良しです(笑) でもさすがに子供には、地鎮祭でじっとしているのは大変だったようで、かつ、実家に上がり込んだりなど、いろいろご迷惑をお掛けしました(苦笑) でも良い記念になったと思います。

ということで、建主様には、今後もいろいろ打合せして頂くことがありますが、引き続き、宜しくお願いいたします!

2013年9月13日 (金)

元気なあいさつ

私の事務所兼自宅は、小学校のすぐ近くにあり、毎日の登下校時には、通学する子供たちがたくさん通ります。

しばらく前から思っていたのですが、最近は、小学校で「道で人に会ったら、知らない人でもあいさつしましょう」などと教えているのでしょうか、私と行きあうときちんと「おはようございます!」、「こんにちは!」とあいさつしてくれる子が結構います。何だか大人としては照れる部分もないではないですが(苦笑)、こちらももちろんきちんとあいさつを返します。とても良いことだなぁと思っています。

そうした中、うちの近所は、自転車に乗った高校生もたまに通るのですが、おそらく安中総合学園高校の生徒さんだと思うのですが、男子2人が自転車で私とすれ違いざまに、「こんにちは!」とあいさつしてくれました。それも、とびきりまじめそうとかでもなく、普通にカッコ良い雰囲気の男の子たちでした。私もびっくりしながらあいさつを返したのですが、高校生でもこうしたことをしてくれる、習慣が身についている(?)子っているんだ~、といたく感動してしまいました(笑)

ということで、みんなが気持ちよくなる「あいさつ」、私も大切にしていきたいなと思います。

2013年9月10日 (火)

色決め開始

祝・2020東京五輪開催決定!
目標ができて日本が明るくなるというのも良いですし、「生活にもっとスポーツを!」というのも良いですね!でも単に大きなスポーツイベントが来るというだけでなく、それをきっかけに、日本全体がいろいろと変わって行くと良いなと思います。

130909_014

さて「高崎の家」ですが、恒例の「色決め」を「開始」しました。色決めを開始との表現を使うことはあまりないのですが、私も建主様もバタバタしている中、私の中では「今までとは結構違う方向性」との家なので、色決めのご提案も簡単ではなく(どこのお宅も簡単に提案しているわけではありませんが 苦笑)、徐々に検討を進めて行くという感じです(笑) 施工会社さんに用意してもらった建具や家具に使う材料に、いくつか色を塗ってみましたが、もう少し違う方が良いかななどと、新しい色を取り寄せて再検討です。

130909_001_2

既に購入済みのソファの色も大事なので家具屋さんに行ってみたところ、また展示されていたので建材との色合いも確認しました。

いよいよ仕上げに入って行くので、ますます頑張らねばです!

2013年9月 6日 (金)

冷製トマトスパゲッティ

ちょっと季節がずれてしまった感もありますが、夏のネタをひとつ。

相変わらず、時間を見つけて初心者なりに料理を楽しんでいますが、今年作った中で結構気に入ったもののひとつに「冷製トマトスパゲッティ」があります。

130725_004

今までも、かみさんに言って作ってもらったりしてはいましたが、自分で作るのは初めて。しばらく前にスーパーで、「冷製スパゲッティ用トマトソース」というのが売っていたので試しに使ったみたところ「全然違ーう!」ということで、自分で作ることにしたのでした。

とりあえずはそれほど手が込んだものでもなく、一応、ガーリックと唐辛子を炒め、刻んだトマトにも軽く火を入れる、という程度のもの。それでもオリーブオイルや塩コショウとで、まずまずのイタリアンな味にまとまり、暑い日にビールとともに頂くのがとても嬉しいひと品でした。

「冷製トマトスパゲッティ」と言ってもレシピはもちろん様々だと思うのですが、私が初めてこの手の名前のスパゲッティを食べたのは、かれこれ20年ほど前。東京などに「オリーブの木」というスパゲッティ屋があり、そこのスパゲッティが、当時としては珍しくまたとても美味しかったので、狂ったように食べに行っていました(苦笑) そんなこんなで、冷製トマトスパにはとても思い入れがあります。

ということで、私のお気に入りのこのパスタを子供に食べさせてみたところ、「いつものやつの方がいいや!」とまた言われてしまいました(苦笑) 確かに小さい子供にとっては、ガーリックだのなんだのよりも、「ケチャップ」とか「ミートソース」の方が、圧倒的に人気なのでしょう。失敗しました(苦笑)

こうしてまた、料理トレーニングは続くのでした(笑) でも先日、料理好きの男性の友人と話していて、料理というのは、趣味として楽しもうと思うと、いつでも手軽にできるのでとても良いのだなぁと改めて思ったのでした。頑張るぞ~!

2013年9月 3日 (火)

ケヤキの利用法

昨日の越谷・野田周辺の竜巻はかなりの被害だったようです。早い復旧をお祈りします。

さて「土間のある家」は先週、施工会社も決まり、建築確認も提出できてほっとひと息。そして、着工に向けて準備が加速します。

130902_005

ところでこの敷地には、家を建てるための整地以前にケヤキの木が生えていました。それを切り倒してとっておいてあります。「ケヤキは貴重な木だし、せっかく生えていた木なのだから思い出に新しい家のどこかで使っては?」とのことで、これから施工会社さんと検討して行くことになっています。

いくつかの案は出ているのですが、どこまで乾燥できるかにもよりそうです。最終的にどのような形で生まれ変わるのか、これから楽しみです!

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »