« 基礎工事中 | トップページ | 館林・桐生、また今度! »

2013年5月 7日 (火)

5回目の端午の節句

GW後半は、仕事をしつつも比較的のんびりできました。

さて、毎年端午の節句の時期恒例の子ども日記です。ちなみに去年の今頃は、金環日食で盛り上がっていたようです(笑)

130416_051

さて、5歳のわが子。年長にもなり、言葉や体の動きなど、かなりしっかりして来た印象です。ちなみに写真は、毎年お決まりの鯉のぼりとの写真ですが、今でもハマっているスーパー戦隊のポーズを決めているところです(笑)なかなか良い動きをしてます(?)

相変わらず社交的で、にぎやか好きなのは良いですが、そろそろ人見知りし出すのかなぁ?などと思ったり。そして何となくですが、「結構勘が良いのかな?」と感じることがあります。基本は天然キャラですが、意外と周りの状況などをよく理解しているなと感じることがあります。私がそうでないのであこがれの意味も込めて、磯野家のカツオのように、かわいらしく世渡り上手くらいに育ってくれた方が良いかなぁなどと思ったりしています(笑)

それと何だか最近、「父親のことをとても意識している」ように感じます。例えばインテリアグッズで、特に深い意味もなくキリン1頭、シマウマの親子1頭ずつのフィギュアを買ってあって、「大きいキリンはパパ、このシマウマの小さい方が○○(わが子)だよ~」などと言っていたら、「僕もパパと同じキリンでしょ!!」と泣いて怒るので、仕方なく親子のキリンの人形を追加で買う羽目になったり(苦笑) 他にも、「パパは小さい頃どうだった?」と聞いてものを決めたりなどあります。そういう年頃とかあるのかなぁ?と不思議に感じます。ある意味父親をお手本にする面もあるのだろうと思うので、しっかりしないとと思ったりします(苦笑) 

それと、楽しいおもちゃがあると他の子を押しのけて遊んでしまったりなどあるものの、他方で誰それの心配をしたりなど、結構やさしい子だなと思う面もあります。そして先日は、車の中でかかっていたサザンについて、「サザンオールスターズって、いい歌だねぇ」などと言っていました。多少は良いと思っているのでしょうけれど、そういうイッパシのことを言うことでの大人の反応を楽しんでいるのではないかという気もします(笑)

そんなこんなの端午の節句で、「柱のキズ」で身長を測ったら111㎝でした。これからも、体も心も健やかに育って欲しいなと思います。

« 基礎工事中 | トップページ | 館林・桐生、また今度! »