« 最新の模型 | トップページ | 榛名の雪と新緑と »

2013年4月19日 (金)

施工図チェック

「高崎の家」は建築確認もおりて、先行してスタートしていた付帯工事に続き、いよいよ建物本体の工事が始まります。

130416_004_3

まずは施工会社さんから、基礎工事にあたっての施工図が出できました。「施工図」とは、設計図をもとに、施工をするための品質等々のチェックをして、実際に施工をする職人さんにわかるように描く図面です。ここで施工会社さんとして、設計図に施工が困難な部分や誤りなどがないかチェックをするとともに、私たちのような設計者や監理者は、その施工図を見て、設計の意図が施工者にきちんと伝わっているかを確認するわけです。

戸建住宅のような比較的小さな建物の場合は、施工図は省略されやすい傾向にありますが、こうした建物でも、必要な部分はきちんと施工図を描こうとしてくれるかどうかで、施工会社さんの質も結構わかるという面もあります。施工図を描く部分については、私たちから指示することもあります。

時間をとってチェックして、何かあれば施工会社さんに質疑や指示をして、最終的な施工図にまとめ直してもらいます。こうした図面はいわば「専門家用の図面」なので、建主様にご覧頂くようなものではないことが多いですが、建主様には概要のみをお知らせするだけの地道な作業が建物づくりには多くありますので、ちょっとご紹介まで。

« 最新の模型 | トップページ | 榛名の雪と新緑と »