« ブロワーバキュームで花壇と砂利敷きの掃除 | トップページ | 霧と嵐直前のロイヤルオーク »

2013年4月 9日 (火)

晴海客船ターミナルでポージング!

今日は入学式の学校が多かったのでしょうか、真新しい制服とスーツ姿のお母さんといった組み合わせをチラホラ見掛けました。

ところで先日、子どもと「晴海客船ターミナル」に行ってきました。

130328_0192

「晴海客船ターミナル」は、10年ほど前に、関東の青年建築士の集まりの東京大会の会場として行って以来でしょうか。この日は、「スーパー戦隊シリーズ」のロケ地としてたまに使われていて、子どもに「今度、ここに行ってみる?」と聞いたら「うん!!」ということだったので(笑)

建物の平面などはほとんど忘れてしまっていて、子どもと一緒に、スーパー戦隊によく出てくる「外部の広い階段」を探しましたがなかなか見当たらず・・・。でも一周したら、ようやく見つかりました。「あ、ここだ~!」と子ども。少ししか出てこないのによく憶えているものだなぁと思います。

そこで、今よりひとつ前の「ゴーバスターズ」に出てくる「ビートバスター」のお面や武器を持たせ、ママに色を合わせてもらった洋服も着て、子どもはテレビのシーンと同様に変身やポーズを決めたりなどハイテンションで遊び、それをビデオや写真におさめてあげました。彼は大満足だったようです(笑)

この晴海客船ターミナルは、竹山実さんという建築家の設計。ちょうど私らが学生の頃にできたのでその頃にも観に来ました。そういえば竹山さんは、チャールズ・ジェンクスのポストモダン建築についての著書を日本に最初に紹介した、ポストモダンの代表的な建築家の1人。懐かしいなぁと思いながら見ていました(ロケットのような形をしている理由も、想像がつくところでしょうか 笑)でも海側にある、海とつながって見える池(何ていう手法だったか忘れてしまいました 苦笑)が稼働していないようでみずぼらしくなっていて、子どもとは反対に、パパとしてはちょっと寂しい印象でした(苦笑)

晴海ふ頭へは、東京駅の丸の内口から都バスが出ています。

« ブロワーバキュームで花壇と砂利敷きの掃除 | トップページ | 霧と嵐直前のロイヤルオーク »