« 大河「八重の桜」経済効果? | トップページ | 晴海客船ターミナルでポージング! »

2013年4月 5日 (金)

ブロワーバキュームで花壇と砂利敷きの掃除

さて、先月の終わりになってようやく仕事が一度落ち着いたので、少し遅れましたが、今年の庭の手入れを始めました。

例年通り「上から」ということで、サルスベリやレッドロビン、そして大半が枯れてしまったもののそのままにしていたシマトネリコを切り、芝のエアレーションと目土入れ、施肥を行ないました。ここ数年、芝生が元気がないですが、かわいがって何とか少し良くなればと思います。もちろん仕上げの芝生の草むしりは、以前の記事にも書いた草抜き道具「草抜くぞう」です(笑 ご興味のある方は、右下の「ブログ内検索」で探してみて下さい)

130328_147

ところで、以前から、落ち葉掃除用に欲しいと思っていた「ブロワー」を、ついに購入しました~!ホームセンターでたまたま見つけて、単にブロワーだけでなく、逆の「バキューム」も付いている、しかも吸い込んだものを1/10に粉砕してくれるということで、思わず買ってしまいました。リョービのRESV-1000という製品で、¥9,800でしたが、ネット通販だと¥1,000くらい安いサイトもあるようでした。

わが家は、冬には強風で、近隣からかなり落ち葉が飛んで来るので定期的に掃除しないとです。落ち葉掃除には、普通に竹ぼうきを使うのですが、花壇や植木の下などはホウキが入らず手でかき出したりするものの、手間がかかる割にはきれいにならずに困っていたところ、以前にわが家に来た植木屋さんが、剪定した枝の掃除とともに、ブロワーで花壇の落ち葉をひょいときれいにして行ったのを見て、「す、すごい!」と思って気になっていました。

そんなところで、早速使ってみることにしました。組み立ても、ノズルをはめ込んで先端の車輪を装着するだけで簡単です。¥5,000ほど高いRESV-1010は、少しパワーが違うだけかと思いましたが、本体の上の部分に取っ手が付いているようで、それはそれで便利そうな気がしました。

130328_145

130328_161

まずはブロワーを使って花壇からですが、やってみると落ち葉が飛ぶこと!かなりのパワーです。これは良い!(笑) でも慣れないうちは、風を当てすぎて逆に落ち葉がまき散らされてしまったりなど、少し練習は必要なようです。あと、風で落ち葉が浮き上がるので、少しでも向かい風が吹いていると、変に落ち葉が舞い上がってしまうなどあって、これも工夫が必要なようです。それでもやはり、簡単にかなりきれいになりました!

仕上にバキュームを使って、飛ばせずに残ってしまった落ち葉を吸い取ります。でもバキュームの方は、ブロワーに比べてパワーが弱い印象でした。それでもまずまず使えます。

130328_149130328_152_2

そして、かねてより掃除方法に苦心していた「砂利敷き部分の落ち葉掃除」にも使ってみることにしました。これも竹ぼうきで掃除していましたが、ホウキでは動かしきれない落ち葉もあり、さらには砕けて小さくなってしまった落ち葉は完全に残ってしまうなど、ホウキでの掃除に限界を感じていました。うちの砂利は小さめなので、これもブロワーでやってみました。落ち葉の舞い上がり防止に慣れが必要なのは同じですが、それでも強弱を使い分けるなどしてみると、全く残りなく落ち葉掃除があっという間にできました!これは感動です!(笑) ただバキュームは、枯葉を粉砕してくれるのは良いのですが、ゴミをためる袋からなかなかきれいに取れずにゴミとして捨てるのにちょっと苦労するのと、土なども吸い込んでしまうので土ぼこりがすごく、車の室内掃除にも使えるかと期待していたら、吸い込む時に袋の中の土が舞い出るようで、使えなかったのが残念でした。

ということでこの「フロアーバキューム」、もちろんモーター音が結構するので、使用する時間帯には注意が必要などありますが、以前に買って「洗車以外には使えない」と思って後悔した家庭用高圧洗浄機とは違い、これからもわが家で活躍してくれそうなのでした。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

« 大河「八重の桜」経済効果? | トップページ | 晴海客船ターミナルでポージング! »