« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

代々木公園でレンタサイクル

いつの間にかGWが始まっていました(笑)
とは言え、GW前半は少し休みをとって、子どもと自転車に乗ろうと代々木公園などに出掛けてきました。

130429_051

自転車は、「大きくなっても使えるように」と思って、大きい18インチを買ってしまったものの、以前にもブログに書きましたが、最近は、両足が付く自転車でペダルを外すなどして、バランス感覚を覚えさせてすぐに乗れるようにさせるのが主流とのこと、失敗したなぁと思っている次第で、たまにレンタサイクルのあるところへ出掛けて練習させたりしています。うちの子は、足の長さとしては16インチくらいでも良いようですが、実際は14インチの補助輪ナシがベストのようです。

130429_053

GWですが、レンタサイクルは昼ごろから少し混むと電話で聞いていたこともあり午前中から行ったので、最初はそれほど混雑している印象ではありませんでした。ホントに久々の代々木公園、懐かしいです。子どもは甘えて「抱っこ~」などとすぐに言うので、公園の奥にあるサイクリングセンターまでの道のりが大変でした(苦笑) でも新緑の季節で、ピクニック以外にもジョギングや楽器の練習をする人などいろんな人がいました。何かそれが、とても都市公園チックで良かったです(笑)

レンタサイクルは、子ども用も補助輪あり・なしなどいろいろあり、大人用とともに料金の基本は1時間¥200で、子供用のヘルメットも無料で貸してくれます。1周10分か15分くらいのサイクリング専用コースのほかに、小さい子供用の練習コースがあって、そこでまずは様子見です。久々の補助輪なしの自転車だったせいか、ブレーキを掛け忘れて転ぶなど、こりゃあ練習で終わりか?と心配しましたが、少しずつ慣れてきた様子。うちの子は社交的なので、「こうやって乗るんだよ」とか、他の子どもにえらそーに教え始めたりしました(苦笑)

130429_078

しかしホントに代々木公園など、由緒のある公園は木の1本1本が大きく、見上げる新緑がきれいというのもありますが、木陰が多くて、蒸散作用もあってヒンヤリとして気持ちいいです。これなら、真夏でも結構外遊びが快適なのではないかと思うくらいです。一部の木に名札が掛かっているので覚えさせようとしていますが、今のところあまり関心がないようで(苦笑) でもそうした中での自転車の練習、見た目もきれいで気持ちがやわらぎます。

130429_074

そしてだいぶ調子が上がって来たようなので、本物のサイクリングコースの方に子どもと出てみました。子どもが「僕が先~!」とドンドン走って行きます。思ったよりは心配はないようで、ところどころにある歩行者用の横断歩道の手前にある一時停止のところもきちんと止まっています。途中1回だけよそ見をして派手に転びましたが、とても楽しんでいたようで良かったです。1時間半ほどで大満足という、親もとても気持ちの良いサイクリングでした。

130429_081

130429_087_2

代々木公園はレストランはないですが、数か所ある売店で焼きそばやカレーくらいは買えるので、木陰のベンチでおいしく昼ごはんも食べました。そして売店で売っていたフリスビーをしたり、子どもは噴水の池のほとりで遊んだりもしていました。

130429_117

そして別のところへ向かおうとしたら、野外ステージのあるイベント広場に、屋台などがあって人がたくさんいました。祭りかな?と思って近くの人に聞いたら、「レインボープライドと言って、同性愛者の人のイベントだそうですよ」と。そういうのがあるんだ~と。最近は、「オネメン」なんていうのも流行りつつあるようで?

130429_123

そこの中を通ってトイレに行ったのですが、またそこでうちの子が人見知りをしないものですから、「あの人おなか出てるねぇ」などと言って、「おじさんのことぉ~?(オネエ風 笑)」などとやりとりが始まり、何だか知りませんが、この日子どもが着ていたTシャツが仮面ライダーウィザードのもので、決めゼリフの「It's showtime」(ご存知ない方はすみません)など英語が書いてあって、「パパ、これ何て読むの?」など言うので読んだら、「ホント私たちショータイムよねぇ~!(笑)」なんていうことになってしまいました(苦笑) 記念に写真を撮らせてもらって、「僕も一緒にどう?」なんて言われましたが、「僕、いい!」と断っていました(苦笑) 何かおもしろい経験でした(笑)

130429_116

そのイベント会場から見えるのは代々木体育館(ベストショットの角度ではないですが)。東京都庁やフジテレビ社屋の設計者でもあり、数年前に亡くなった日本建築界の巨匠・丹下健三さんの代表作のひとつです。吊り橋と同様の「吊り構造」により、室内の大空間を作っています。そうした構造体がそのまま意匠デザインになっていてそれがカッコイイという、意匠と構造を両立させ、構造を見せるのが特徴であるタイプの作品です。これも懐かしい!

ということで、つづく・・・。

2013年4月25日 (木)

半年後の暮らし

先日、施工会社さんが行なう「クラガノキューブ」の6か月点検に、私も一緒に行ってきました。そして、以前の点検の際に挙がったものの補修も含め、対応してもらいました。

Dsc_0025

「クラガノキューブ」も引渡しから半年がたち、いろいろと変化がありました。
周りにはさらに新しい家が建ちました。そして最も変わったのが庭でしょうか。フェンスやプレハブの物置、畑、シンボルツリー、ご主人様お手製の砂場もできて、すっかり庭が整っていました。昨秋に貼った芝が、日照時間が短い部分は成長がイマイチとのことですが、これから夏に向けて、さらに雰囲気が良くなるであろうと楽しみです!

そして室内も、住み心地や使い勝手についてもおうかがいしました。今月からお子さんが幼稚園に行き始めたのでバタバタして片付かなくて・・・とおっしゃっていましたが、充分きれいです(笑)

Dsc_0029

まずは玄関。お客さん用のクローク代わりに「長押(なげし)」のようなものを取り付けましたが、今のところはお子さんの外着掛けになっているようでした。

Dsc_0012

そして余談ですがテレビのバー型スピーカー(手前に鏡が置いてあるので不思議な写真になっていますが)ウーハーも別についてなかなかの音響でした!でも、その高音質で昼メロを観ているわけではありません(笑)

Dsc_0016

そして、キッチン背面の食器棚。90㎝×2の幅で、左側をカウンターにするか上から下まで食器棚のトールにするか迷われていました。そういうお客様は多いので、ご参考まで。写真ではわかりづらいですが、奥様がおしゃれな小物を使ってきれいになさっています。ちなみに食器棚の左がパントリーなので、そちらの収納も使えます(その下がゴミ箱スペース)。そしてパントリーに調味料の一部が入っていたので聞いてみたら、お子さんが引き出しを開けてしまうので避難させているとのことでした。そして炊飯器の下の観音開きの扉のフックは、ただのS字フックを使っているのだとか。なるほどです。そして、わが家もこうしたカウンターにパンや果物が出て来ます。何なんでしょう(笑)

Dsc_0013

続いて掃除用具入れ。今のところ、掃除用の洗剤などの買い置きなどが少ないせいか、結構さっぱりしている印象でした。

Dsc_0019

そして最後の写真は吹抜にも設けた室内物干し。普通に何か所か付けましたが、「夫婦で花粉症なので重宝してます」とのこと。え~?、今まで知らなかったんですけど(苦笑)

その他にも、造り付けのコルクボードには、お子さんの幼稚園の連絡や献立表などが予定通り貼られていましたが、それにまぎれて、奥様がファンだという某有名人の切り抜きが貼ってあったので写真におさめさせてもらいましたが、さすがにブログアップはやめておこうかと(笑)

ということで、お子さんの新たな生活も始まり、さらに暮らしが楽しくなった「クラガノキューブ」なのでした!

2013年4月22日 (月)

榛名の雪と新緑と

昨日は、新しい建主様とお会いしました。今お住まいの家が、高級住宅街?にふさわしくとても立派でビックリしました(笑) 今後ともぜひよろしくお願い申し上げます! だいぶ前からプラン作成にお時間を頂いてしまっている建主様、ようやく取り掛かれますので、もうしばらくお待ち下さい!

130421_014

さて、今日も風が冷たいです。そして昨日の打合せの際に話題になったのですが、この土日はかなり寒いなぁと思っていたら、県の北部では雪が降っていたのだそうで! そしてうちに帰って榛名を見てみたら、うっすらと雪が降ったようでした。

ここのところ車を運転していて、「新緑がきれいな時期になったなぁ」などと嬉しく思っていたら、雪化粧と新緑という組合せの、私としては珍しい榛名の写真がわが家から撮れました。せっかくなので1枚(笑)

2013年4月19日 (金)

施工図チェック

「高崎の家」は建築確認もおりて、先行してスタートしていた付帯工事に続き、いよいよ建物本体の工事が始まります。

130416_004_3

まずは施工会社さんから、基礎工事にあたっての施工図が出できました。「施工図」とは、設計図をもとに、施工をするための品質等々のチェックをして、実際に施工をする職人さんにわかるように描く図面です。ここで施工会社さんとして、設計図に施工が困難な部分や誤りなどがないかチェックをするとともに、私たちのような設計者や監理者は、その施工図を見て、設計の意図が施工者にきちんと伝わっているかを確認するわけです。

戸建住宅のような比較的小さな建物の場合は、施工図は省略されやすい傾向にありますが、こうした建物でも、必要な部分はきちんと施工図を描こうとしてくれるかどうかで、施工会社さんの質も結構わかるという面もあります。施工図を描く部分については、私たちから指示することもあります。

時間をとってチェックして、何かあれば施工会社さんに質疑や指示をして、最終的な施工図にまとめ直してもらいます。こうした図面はいわば「専門家用の図面」なので、建主様にご覧頂くようなものではないことが多いですが、建主様には概要のみをお知らせするだけの地道な作業が建物づくりには多くありますので、ちょっとご紹介まで。

2013年4月16日 (火)

最新の模型

先週末は、子どもや友人家族らといろいろ楽しく遊びました。うちの子も大喜びでした。みなさま、また宜しくお願いいたしまーす!

130415_0332

さて、「(仮称)土間のある家」の実施設計を進めています。そして、最終段階の形の模型を建主様にお渡しして検討・確認をして頂いています。

模型(ややゆがんでいる部分もあったりしますが 苦笑)にしてみたら、自分で思っていたよりもカッコ良くできそうで、さらに頑張らねばと思ったのでした!(でも模型の写真がきれいに撮れるかは別の問題でもありまして・・・苦笑)夏の涼しい風が期待できる東からだけでなく、南北、上下にも風が抜けるような形にしています。

それと、こちらのお宅は、「地面」以外の場所からも竣工写真が撮影できそうなので、そうした面でも楽しみです!

現在建主様には、各ショールームで、設備関係の検討も始めて頂いています。建主様、ますます宜しくお願いいたします!

2013年4月12日 (金)

霧と嵐直前のロイヤルオーク

台風並みの低気圧が接近するとの最悪の天候だった先週末に、友人が勤務しているのでというのもあり、ロイヤルオークカントリー倶楽部へ、建主様や友人などとゴルフに行ってきました。

Dsc_0024

前日から天気予報をみてヒヤヒヤしていましたが、当日は午後3時頃から雨が降り出すとの予報で、まあ何とか回れるかねぇなどと話しながらゴルフ場へ向かいましたが、今にも雨が降り出しそうな重い空・・・。

そしてゴルフ場へ着いてみると、嵐の前ぶれなのか?、濃い~霧に覆われていました。
何とかスタートしてみたものの、ティーグラウンドは写真のような状況(苦笑) 何度も来ている人が何人かいたのでまだ良かったですが、ドライバーをどこへ向かって打っていいのかさっぱりわかりません(苦笑)

そしてすごいのが、ティーグラウンドでグリーンが見えないなどならまだマシですが、グリーンを狙う第2、3打になってもグリーンが見えず・・・。こんなことってあるんだなぁと逆に感動してしまいます(苦笑) 「多分あのヘンじゃない?」と教えてもらって打つというありさまで、こんなのは初めてでした。

とはいえ3、4ホールからは徐々に霧も晴れて、後半はやや風が吹き始めたものの雨に降られることもなく、結構すがすがしくラウンドすることができました。この日は改良中のドライバーがまずまずで、大きなミスショットがほとんどないくらい上出来でした。しかし不振のパターがどうにもならず、今回もスコアを書けない結果となってしまいました(苦笑) それでも嵐に巻き込まれることもなく、ちょっとした収穫も得て満足の終了となりました。

そして夕方から反省会をしましたが、その頃には、すっかり風雨が強まっていて、次の日も午後まで、強い風雨が繰り返しやって来ていたので、結構ラッキーだったなと思います。

ちなみにロイヤルオークに勤めている友人に、この日はとてもサービスしてもらってしまいました。ありがとうございました!今後行かれる方はぜひご一緒にいかがでしょうか?(笑)

2013年4月 9日 (火)

晴海客船ターミナルでポージング!

今日は入学式の学校が多かったのでしょうか、真新しい制服とスーツ姿のお母さんといった組み合わせをチラホラ見掛けました。

ところで先日、子どもと「晴海客船ターミナル」に行ってきました。

130328_0192

「晴海客船ターミナル」は、10年ほど前に、関東の青年建築士の集まりの東京大会の会場として行って以来でしょうか。この日は、「スーパー戦隊シリーズ」のロケ地としてたまに使われていて、子どもに「今度、ここに行ってみる?」と聞いたら「うん!!」ということだったので(笑)

建物の平面などはほとんど忘れてしまっていて、子どもと一緒に、スーパー戦隊によく出てくる「外部の広い階段」を探しましたがなかなか見当たらず・・・。でも一周したら、ようやく見つかりました。「あ、ここだ~!」と子ども。少ししか出てこないのによく憶えているものだなぁと思います。

そこで、今よりひとつ前の「ゴーバスターズ」に出てくる「ビートバスター」のお面や武器を持たせ、ママに色を合わせてもらった洋服も着て、子どもはテレビのシーンと同様に変身やポーズを決めたりなどハイテンションで遊び、それをビデオや写真におさめてあげました。彼は大満足だったようです(笑)

この晴海客船ターミナルは、竹山実さんという建築家の設計。ちょうど私らが学生の頃にできたのでその頃にも観に来ました。そういえば竹山さんは、チャールズ・ジェンクスのポストモダン建築についての著書を日本に最初に紹介した、ポストモダンの代表的な建築家の1人。懐かしいなぁと思いながら見ていました(ロケットのような形をしている理由も、想像がつくところでしょうか 笑)でも海側にある、海とつながって見える池(何ていう手法だったか忘れてしまいました 苦笑)が稼働していないようでみずぼらしくなっていて、子どもとは反対に、パパとしてはちょっと寂しい印象でした(苦笑)

晴海ふ頭へは、東京駅の丸の内口から都バスが出ています。

2013年4月 5日 (金)

ブロワーバキュームで花壇と砂利敷きの掃除

さて、先月の終わりになってようやく仕事が一度落ち着いたので、少し遅れましたが、今年の庭の手入れを始めました。

例年通り「上から」ということで、サルスベリやレッドロビン、そして大半が枯れてしまったもののそのままにしていたシマトネリコを切り、芝のエアレーションと目土入れ、施肥を行ないました。ここ数年、芝生が元気がないですが、かわいがって何とか少し良くなればと思います。もちろん仕上げの芝生の草むしりは、以前の記事にも書いた草抜き道具「草抜くぞう」です(笑 ご興味のある方は、右下の「ブログ内検索」で探してみて下さい)

130328_147

ところで、以前から、落ち葉掃除用に欲しいと思っていた「ブロワー」を、ついに購入しました~!ホームセンターでたまたま見つけて、単にブロワーだけでなく、逆の「バキューム」も付いている、しかも吸い込んだものを1/10に粉砕してくれるということで、思わず買ってしまいました。リョービのRESV-1000という製品で、¥9,800でしたが、ネット通販だと¥1,000くらい安いサイトもあるようでした。

わが家は、冬には強風で、近隣からかなり落ち葉が飛んで来るので定期的に掃除しないとです。落ち葉掃除には、普通に竹ぼうきを使うのですが、花壇や植木の下などはホウキが入らず手でかき出したりするものの、手間がかかる割にはきれいにならずに困っていたところ、以前にわが家に来た植木屋さんが、剪定した枝の掃除とともに、ブロワーで花壇の落ち葉をひょいときれいにして行ったのを見て、「す、すごい!」と思って気になっていました。

そんなところで、早速使ってみることにしました。組み立ても、ノズルをはめ込んで先端の車輪を装着するだけで簡単です。¥5,000ほど高いRESV-1010は、少しパワーが違うだけかと思いましたが、本体の上の部分に取っ手が付いているようで、それはそれで便利そうな気がしました。

130328_145

130328_161

まずはブロワーを使って花壇からですが、やってみると落ち葉が飛ぶこと!かなりのパワーです。これは良い!(笑) でも慣れないうちは、風を当てすぎて逆に落ち葉がまき散らされてしまったりなど、少し練習は必要なようです。あと、風で落ち葉が浮き上がるので、少しでも向かい風が吹いていると、変に落ち葉が舞い上がってしまうなどあって、これも工夫が必要なようです。それでもやはり、簡単にかなりきれいになりました!

仕上にバキュームを使って、飛ばせずに残ってしまった落ち葉を吸い取ります。でもバキュームの方は、ブロワーに比べてパワーが弱い印象でした。それでもまずまず使えます。

130328_149130328_152_2

そして、かねてより掃除方法に苦心していた「砂利敷き部分の落ち葉掃除」にも使ってみることにしました。これも竹ぼうきで掃除していましたが、ホウキでは動かしきれない落ち葉もあり、さらには砕けて小さくなってしまった落ち葉は完全に残ってしまうなど、ホウキでの掃除に限界を感じていました。うちの砂利は小さめなので、これもブロワーでやってみました。落ち葉の舞い上がり防止に慣れが必要なのは同じですが、それでも強弱を使い分けるなどしてみると、全く残りなく落ち葉掃除があっという間にできました!これは感動です!(笑) ただバキュームは、枯葉を粉砕してくれるのは良いのですが、ゴミをためる袋からなかなかきれいに取れずにゴミとして捨てるのにちょっと苦労するのと、土なども吸い込んでしまうので土ぼこりがすごく、車の室内掃除にも使えるかと期待していたら、吸い込む時に袋の中の土が舞い出るようで、使えなかったのが残念でした。

ということでこの「フロアーバキューム」、もちろんモーター音が結構するので、使用する時間帯には注意が必要などありますが、以前に買って「洗車以外には使えない」と思って後悔した家庭用高圧洗浄機とは違い、これからもわが家で活躍してくれそうなのでした。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2013年4月 2日 (火)

大河「八重の桜」経済効果?

新年度が始まりました。一方で年度末の先週末には、珍しく2日続けて設計・監理のご契約をして頂きました。両建主様、ありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます!

それと、ここのところ、見積や施工をお願いする施工会社さんの施工例を見学させて頂く機会を増やしています。
先週末も、今後見積をお願いすることも増えそうな施工会社さんの施工作品を、建主様らとともに見学させて頂きました。施工会社の社長さんに直接、施工面で工夫なさった点などをいろいろお話頂き、建主様にもとても参考になったようです。設計は県内を拠点に活躍されている建築家さんで初めてご挨拶させて頂きましたが、さすがにお忙しそうで、あまりお話をうかがえずに残念でしたが、とても良い作品でした。ありがとうございました!またぜひお話させて頂きたいなと思います。

さて今回は、こうした見学など、手みやげを買う際などによく利用させてもらっている近所のお菓子屋さんに、先日立ち寄った時の話。

1303103

珍しく、小型ですが観光バスが駐車しようとしていたので「何だろう?」と思いつつ店へ。モノを選んでいると、人がワンサカとお店に入って来ました!ガイドのおじさんが「20人くらいなんだけど」とお店の人に言っています。乗っていたのは主に、おじさま、おばさま方。ん~???もしやと思ってお店の人に、「もしかして大河の?」と聞くと、「多分・・・」とのこと。おお~!!!

20人ほどの人がにぎやかに商品を選び、レジに列をなします。私は、その列に巻き込まれる前に自分の買い物を済ませ、そそくさと店を出ました。そしてバスを見てみると「○○町歴史散策の会」のプレート。車のナンバーを見ると群馬とあるので、なるほど、あの市の○○町か~と。

今回遭遇したのは県内のそうしたグループの方のようでしたが、多かれ少なかれ、大河ドラマ「八重の桜」と関連が深いわが安中市を訪れる人が増えていることを直に見られて、すご~い!と思ったのでした(笑) わが事務所にも何か効果がないですかね~? ないですね~・・・(苦笑)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »