« キッチンハウス、再び | トップページ | 湯の丸高原 »

2012年7月17日 (火)

色決め

さて、急に暑くなってきたなと思ったら、梅雨が明けました!
熱中症など気を付けながら、今年も夏を満喫したいと思います!
でもなぜか、個人的にはオリンピックに対してまだ盛り上がらず・・・。

さて、「クラガノキューブ」は月末から月初にかけて、
内装の基本部分の色決めを行ないました。

120630_022_2

色決めの記事のたびに書いているかも知れませんが、
当事務所での色決めは、できるだけ建物が出来上がって
イメージがわきやすくなってから、主に現場にて、
できるだけ大きなサンプルでご検討頂くようにしています。

会社さんによって、取引の面から数種類にしぼった中から選んで頂くケース、
「建主様の好みの問題だから」とサンプル帳などを渡して、
ほとんどアドバイスなしに選んでもらうケースなどさまざまのようですが、
私の場合、建主様に基本設計段階からうかがってきたイメージなどから
建物全体の基本ラインを考えて、ご検討頂きやすいように、
いくつかの内装パターンとしてご提案し、
アドバイスさせて頂くようにしています。

もちろん途中で、建主様の意向も変化して行く場合もありますが、
それまでの基本ラインとは違ったものでも、より良いと思えば、
そうした方向性に変更した上で、
ほかの部分を修正して行ったりと柔軟に対応して行きます。

こちらのお宅の室内建具と窓枠や巾木などの造作材は既製品。
これもコストダウンの目的で、
設計の初期段階から方針を決めていましたので、
これらを使って作ることができる範囲で
部屋のイメージを良くしたパターンを考え、
それをもとに決めて行く流れにしています。
それでも安っぽく見えないよう、
サンプルがわかりづらかったので何度も取り直したりなど、
フローリングの種類などもこだわって決めて頂きました。

カウンターや一部の建具には、集成や無垢の木材も使っていますが、
今回は、その塗装も私の方で事前に検討して試し塗りをし、
そのサンプルを見て選んで頂くようにしています。

建主様にとっては「これでホントに良いのかな?」と感じながら
選んで頂いたものもあるかも知れませんが(苦笑)、
多分、良い感じに仕上がってくると思います(笑)

かなりの部分が決まってきたので、
建主様も、最終段階の家具などの検討が、
現実的で楽しくなって来ているご様子。
楽しみです!

ちなみにこの「クラガノキューブ」は、9月末頃の完成予定。
何だかんだで工期も残り2か月ちょっと。
見学会も開催させて頂けることになっています。

« キッチンハウス、再び | トップページ | 湯の丸高原 »