« 上棟しました | トップページ | 上棟式と吹抜 »

2012年6月15日 (金)

木登り

今週は子どもが水疱瘡にかかってしまい、
週の半ばからほとんど仕事にならず・・・。
お時間を頂いてしまっているみなさま、落ち着いたら急ピッチで頑張ります。

さて、そんなうちの子ですが、
しばらく前から、庭にあるサルスベリで木登りをするようになりました。
木登りという行為自体すっかり忘れていましたが、超懐かしい感覚です。

120607_003

わが家のサルスベリは、やってきてからおよそ30年、
おそらく樹齢は40~50年ほど。
自分が小さい頃にもこの木に登りましたが、
もちろん今よりも幹がやや細かったり、
わが子の今の年齢よりも大きかったので、折れそうで大して登れませんでしたが、
今のわが子にとっては、まずまず登り甲斐がある様子。
ひょいと登っては「パパ見て~!」と自慢げに言ってみたり、
そうは言いつつも降りられなくなったと呼び出されたり、
いろいろ楽しんでいます(笑)
庭のあるお宅であれば、孫の代まで時間がかかっても良いので、
登れるような木を1本くらい植えておいても面白いのではと思います。

以前に高崎市では、子どもが生まれると
木を1本プレゼントしていたようですが、
今もやっているのでしょうか。
植物は、自分とともに成長していくのが良くわかり、
併せて植物にまつわる思い出も貯まって行くので、
とても良いことだなぁと思います。

そういえばうちの子も最近、「花が咲いてきれいだね」、
「天気が良いから気持ちいいね」、「お月様がきれいだね」など、
自然に対しての興味や、それにかかわる自分の感覚などを
口にするようになってきました。
特に子育てにこだわりをもっているわけでもないのですが、
親が関心を持って話題にしていると、わりと馴染みやすいのでしょうか。
(まあ、私もそう育てられたように思いますが、
当時は特に関心もなかったですが 苦笑)

植物のお気に入りはシュロの木らしく、車に乗っていても、
シュロの木を見つけるたびに「ヤシみたいな木!」と叫んでいます(笑)
保育園にもあるので流行っているのかも知れません。
シュロの木というのは、最近の植栽計画ではご提案することもないですが、
しばらく前に流行ったのしょうか、
築数十年のお宅を中心に、意外に多いんだなと気付かされました。
そういえば、昔はわが家にもありました。

うちの子も、今後はどんな風に興味の対象が変化していくのか、
とても楽しみです。

120608_173155

オマケで、先日、鉄棒の前回りがひとりでできるようになったと
見せてくれました。
以前から回ることはできていましたが、
自分で鉄棒の上に飛び乗れるようになったということのようです。
いずれにしても嬉しいものだな~と思います。

« 上棟しました | トップページ | 上棟式と吹抜 »