« ジューンベリーと毛虫 | トップページ | 上棟式 »

2011年9月27日 (火)

子どもの学び&遊び 2

先日の記事の続きです。

わが家にもようやく(?)「書き取り」の知育が登場しました!
パイロットの「水かき練習シート」というものらしいです。

110903_026

とりあえずひらがなとカタカナがあり、
各文字に、「①→ ②↓」など、書き順もうっすらと書いてあります。
文字をなぞると、ペンから出た水で濡れた部分が濃く浮き出てきて、
文字を書いたような感じになります。

実際に書いてはいるのですが、より端的に言うと
「きれいに描いてある文字が浮き出てくる」ので、
きれいに書けている気になるのが優れモノです。
しかも、水は結構早く乾くので、またすぐに文字が薄くなって、と
何度も書けるようになっています。
そしてさらには水なので、
ペンなどと違って机などを汚すこ心配もありません。

本当のペンのものや砂鉄と磁石を使ったものなどは良く見かけましたが、
とってもエコでスマートな気がします。
子どもも物珍しいらしく、ごはんそっちのけでやっていました。
うちの子のことなので(って、多くのお子さんがそうなのでしょうけど)、
すぐに飽きると思いますが(苦笑)

しかし、まるで家政婦のように(?)、すっごいものを見てしまいました!
うちの子は、まだひらがなも良くわかっていないのだろうということで、
ひらがなの「よ」を、このように書いていました↓

110902_002

「知らない」というのはすごいのだな~と、逆に感動しました。
しばらくはそのまま楽しくやらせようと思っています(笑)

« ジューンベリーと毛虫 | トップページ | 上棟式 »