« 国営武蔵丘陵森林公園 | トップページ | メネデール芝肥料 »

2011年5月14日 (土)

レッドロビンの病気

さて、今年の庭の手入れですが、実は一番最初に始めたのが
「レッドロビンの病気への対処」でした。

110413_019

3月下旬の新芽が出る時期に、
気付いたら葉っぱのいたるところに黒っぽい斑点ができてしまっていました。
調べたところ、「ごま色斑点病」のようでした。

110413_023

カビが原因の病気で、ご近所の木どうしでも感染したり、
病気の枯れ葉が木の下に落ちているのもダメという、
かなりの感染力のようです。
本来は赤くてきれいな新芽まで、斑点がはびこっています。
最悪の場合は、木が枯れてしまうこともあるそうです。

まずはじめの対処として、斑点のある葉を徹底的に除去する必要がある
とのことで、むしりまくりました。
いくら剪定に強い木とはいえ、
ほとんど葉っぱがなくってしまった木もあったので結構心配しました。

完治するのに時間がかかるとも聞いたので、
トップジンMという殺菌剤も用意したのですが、とりあえず経過観察中です。
病気の葉を取り除いてから数日後に、
また斑点が広がったようだったので殺菌剤を使おうかと思っていたら、
新芽がドンドン出てきて、斑点もほとんどないようだったので、
引き続き様子を見ているところです。

110507_002

« 国営武蔵丘陵森林公園 | トップページ | メネデール芝肥料 »