« 基礎工事中 | トップページ | 「黒い家」の暑さ »

2010年8月 6日 (金)

外構&見積チェック

100731_011_2

「夕涼みの家」は、引渡し後に残っていた外構工事が終わりました。
道路と建物の間は駐車場として砕石を敷きましたが、玄関までの間にコンクリートのアプローチを設けました。これは、アプローチ部分の距離が結構あるため、ベビーカーを楽に押せるように、そして、かかとの高い靴などで歩いた際にヒールを痛めたりしないように、との目的を持っています。

あとの植栽などは、建主様ご自身が、今後楽しみながら少しずつやっていく予定になっていて、とりあえず監理業務は終了ということで、工事監理の報告もしてきました。

100726_001

施工期間中にもいろいろと変更がありました。施工会社さんから出てくる最終的な変更見積をチェックするのも私たちの仕事です。見積を細かく、正確に出そうとしてくれるほど、どうしてもケアレスミスが増える面もあるので、しっかり見ます。やはり少し違う部分があったので監督さんと確認・調整をしました。施工会社さん、監理者でのダブルチェックです。住宅エコポイントも、追加分の精算に使うことができました。

住み始めてまだ2週間ほどですが、細かいところではいくつか注文を頂いているものの、とても気持ち良く暮らせているとのことで、喜んで頂いていました!とりあえずひと安心です。特に暑さについては、今年の猛暑はすごく、さすがに暑い日の昼間はクーラーを入れずにいられない時間帯もあるそうですが、夜は未だにクーラーを使ったことがない、窓を開ければ風が気持ち良く、寒いくらいの夜もあるとのことでした。場所は前橋、高崎と気温はほとんど同じくらいのはずなのですが・・・。単に風通しの良い敷地、間取りになっていること以外にも、原因があるのではないかということで、探っていきたいなと思っています。

« 基礎工事中 | トップページ | 「黒い家」の暑さ »