« 雑誌の写真撮影 | トップページ | ブルームーン »

2010年3月27日 (土)

石の使いみち

100114_028

「夕涼みの家」の敷地は、高台のようなところから少し斜面をおりたところに位置しています。その斜面のかなり下のほうには、チョロチョロと小川が流れています。周辺は畑に利用されている土地が多くあります。

ところが太古の昔、この敷地のあたりも川だったそうで、敷地の地面を掘り返すと、いかにも川にあるような大きな石がボコボコ出てきます(昔から石垣として積んであった石を取り崩して新たな擁壁をつくったせいもありますが)。周囲の家でも、斜面に対して石垣で作った平場に建てられているものも多いですが、こうした石を利用しているのでしょう。

庭の植栽や畑利用などのために、お施主さんが埋まった石を掘り起こして集めています。お施主さんからのご要望もあり、この石を何か住宅のために利用できないものかと、いろいろアイデアを練っているところです。

« 雑誌の写真撮影 | トップページ | ブルームーン »