« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

ブルームーン

100331_1632

ここ数日、咲く準備をしていた桜もちぢこまってしまいそうな寒い日が続きました。

昨日の3月30日はブルームーンでした。ブルームーンというのは、「大気中の塵の影響により月が青く見える現象」などいくつか使い方があるそうですが、「ひと月のうちに2回満月になり、その2回目の満月のこと」もそういうようです。でも調べてみたら、こちらは比較的新しい呼び方らしく、あまり威厳もないような・・・。ひと月に2回満月があるのは数年に一度とのことですが、今年の1月もそうで、今年は2回目だとか。

いずれにしても、夜も天気が良かったのでとても明るくきれいな満月で、うさぎが元気に餅つきをしていました。

今年もはや3カ月が過ぎ、明日からは新しい年度が始まります。
ますます頑張るぞー!

2010年3月27日 (土)

石の使いみち

100114_028

「夕涼みの家」の敷地は、高台のようなところから少し斜面をおりたところに位置しています。その斜面のかなり下のほうには、チョロチョロと小川が流れています。周辺は畑に利用されている土地が多くあります。

ところが太古の昔、この敷地のあたりも川だったそうで、敷地の地面を掘り返すと、いかにも川にあるような大きな石がボコボコ出てきます(昔から石垣として積んであった石を取り崩して新たな擁壁をつくったせいもありますが)。周囲の家でも、斜面に対して石垣で作った平場に建てられているものも多いですが、こうした石を利用しているのでしょう。

庭の植栽や畑利用などのために、お施主さんが埋まった石を掘り起こして集めています。お施主さんからのご要望もあり、この石を何か住宅のために利用できないものかと、いろいろアイデアを練っているところです。

2010年3月23日 (火)

雑誌の写真撮影

100321_0722_2

「高崎の黒い家」が、施工会社であるFESS STYLE HOUSEさんのご厚意により、次号の「群馬の注文住宅」(リクルート)に掲載されるとのことで、私も写真撮影にご一緒してきました。

雑誌の関係では、リクルートの営業さん、広告会社の方、プロの写真家の方が来られました。もう住み始めているお宅なので、撮るショットによって荷物をみんなで移動したりバタバタと・・・。雑誌に使う写真は、お施主さんが写っていた方が良いとのことで、建主のHさんも張り切って撮影に臨んでいました!

しばらくぶりの黒い家でしたが、Hさんもお忙しい中、つい先日、庭の植栽も済ませたとのこと、そしてインテリアのグッズもずいぶんと揃って来ていて、かなり雰囲気が良くなっていました。建主様も、ご自身の力をこめたわが家を、しっかり「住みこなして」頂いているようです。写真の仕上りが楽しみですし、さらに暖かくなって、芝や樹木が青々としてくるのがとても待ち遠しいです!

撮影には影響ないのに、なぜかみんなヒソヒソ声になりがちで(笑)、あまりゆっくりもできませんでしたが、近いうちに、住み心地についていろいろおうかがいできる機会が持てそうです。

この日は、何とか雨は降らずに済みましたが、強風で、黄砂が飛んでいるのか何となく外は黄色っぽくなっていました。また改めて、竣工写真の撮影でお邪魔させて頂くことになっていますが、今度は黒い外壁が映えるような、晴れの天気になれば良いなと思います。

Hさん、大変ありがとうございました!

「高崎の黒い家」も紹介される「群馬の注文住宅」の春夏号は、4月21日発売予定だそうです。書店やコンビニに並びますので、ぜひご覧いただければ幸いです。

「リクルートマガジンプラザ」

2010年3月19日 (金)

安中市が1位!

3/9付の上毛新聞に、県が発表した、群馬県の市町村民経済計算の結果が載っていました。

それによると「1人当たりの市町村民所得」で、安中市が419万円で県内1位とのこと。お~! 同紙によれば、市内に主力拠点を置く信越化学工業の業績好調を反映したとのこと。素晴らしい~!

県のHPに内容が載っていたので少し読んでみました。「市町村民経済計算」というのが何に基づいて行なわれているのかは良くわかりませんでしたが、内閣府経済社会総合研究所が示した推計方法により、各市町村が推計した結果を県が取りまとめて公表しているのだとか。

でもこの調査結果、平成18年度についてだそうで、リーマンショック前・・・。ちなみに「1人当たりの市町村民所得とは、雇用者報酬、財産所得、企業所得の合計である市町村民所得総額を人口で割った数値だそうで、別に18年度の安中市民の収入の平均が419万というわけではないそうです。そりゃそうか・・・。

いずれにしてもちょっぴり嬉しい感じです。

群馬県WEBサイトの関連ページ

2010年3月15日 (月)

たんばらスキーパーク

100314_019

日曜に、念願の「子連れスキー」に行ってきました。スキーは、子供ができる数年前に行ったきりなので、4、5年ぶり? 近場の日帰りで良いのでと思い、年明けくらいから企てていましたが、子供と一緒のスキーは、土日の中で私が仕事を休める時、雨や雪など天気が悪くない、子供が風邪などひいていなくて元気、の3条件がそろわないとです。何だかんだで昨日、ようやく実現しました!

場所は、「子供を遊ばせやすいところ」ということで知人らに聞いて、たんばらスキーパークにしました。「関越沼田ICから30分」と良くラジオCMを聴いていたので、アクセスの良さもポイントでした。

たんばらスキーパーク

同じスキーでも、既に3月半ば。冬というよりは山の上も春の雰囲気です。快晴でテンションもあがります!

とはいえ今回の目的は、「子供をスキー場で遊ばせる」ということなので、親はウェアだけ着て、スキー道具は持たずにソリだけ車に積み、子供は雨ガッパ&長靴。着くとすぐに子供用のゲレンデに直行です。

100314_124

山に向かって左手に「キッズガーデン」がありました。少し長めのソリ用のゲレンデがまずあって、親子で楽しそうに滑っているので私らも子供と。でも、子供をソリに乗せて斜面を登るのが結構しんどい・・・(苦笑) でもうちの子も、お~っ!と言ってはしゃいでいました。

100314_074

でもすぐに子供が飽きたので、今度は隣の、雪のトンネルや雪だるまなどがある遊び場に行ってみました。雪や砂場で遊べるような子供用の小さいスコップやバケツも持って行きましたが、うちの子はあまり興味を示さず・・・。

100314_119

その他にも、雪でできたちょっとした滑り台や、距離は短めで幅の広いソリ用のゲレンデもあって、こちらの方が楽だなと思って、そちらでまたソリ遊びをしました。

かみさんが急に、スキーを滑りたいと言い出し、あいにく昨日はホワイトデーだったので(笑)、特別に急きょスキーセットを1組レンタルして、かみさんはほんの数回ですが滑ってきました。天気が良いので景色がとても良く、空気も気持ち良くてすごく爽快だったらしいです。うらやましい・・・。次は私が滑る日を設けることになりました。軽井沢プリンスも、混んではいますが子供を連れて行きやすかったはずなので、そちらも良いかなと。

それと、今日のたんばらは1時には待たずにレストランの席に座れましたが、天気が良かったので、キッズガーデンでお弁当を食べている家族もいて、今度は節約も兼ねてそういうのも良いなと思いました。GWくらいまでスキーが楽しめるそうです。

スキー好きの友人は、3歳から自分の子にスキーをさせているとのことで、教え方も少し聞いているので、来年はあわよくば子供にスキーをさせたいなと思っています。春が来るのは楽しみですが、冬が終わってしまうのも残念だなと感じたつかのまの休日でした。

2010年3月13日 (土)

サッシュが入りました

100313_0342

「夕涼みの家」は、サッシュが入りました。外壁の透湿防水シートも貼れて、外回りの防水ができました。養生シートが貼られて形がわかりにくいですが、上棟直後くらいは以下のような感じです。

100303_013

100303_056

坂道の前面道路に沿うように葺きおろした片流れで、こうした敷地状況でなければ提案しなかったであろう形です。

内部でも、明るさなど、少しずつ実際の雰囲気がわかるようになってきました。こちらも養生シートが貼られているので、しばらく前の様子も。窓の先は、現状では竹林になっていて、晴れた日は特に、色合いがきれいだなぁと感じます。ここの下屋の軒裏は垂木と野地があらわしです。化粧垂木は、気を使わなければならない要素がいくつもありますが、予定通りに感じ良くできている印象です。建主様も喜んでくれています。

100313_028

100306_005

今日は建主様と打合せの後、完成見学会に一緒に行ってきました。照明やその他の仕上など、まだこれから決定できるものについては、設計段階よりもさらにリアルにイメージができ、とても参考になったようです。その後は、遅刻して建築士会の青年委員会の会議へ。ちょっぴりハードな一日でした。

「夕涼みの家」の敷地のあたりでも、梅がずいぶん咲いていました。

100313_003

2010年3月10日 (水)

また雪・・・

火曜の午前中から、またまた雪が降りました。私の家のあたりでも、10㎝くらい積もっていたように思います。今年は結構雪が降ります。

せっかくなので、庭の雪の夜景を撮ってみました。

100310_0302

100310_038

前回結構積もったときには、子供は風邪をひいてしまっていましたが、今回は元気に保育園に行って、雪で楽しく遊んできたようです。今の身長からサイズを選んで雪用の手袋を買いましたが、手袋の中で5本指をまだ自分で入れられず、ミトンにすれば良かったなぁと・・・。でも来年は大丈夫かなと思います。

火曜は「夕涼みの家」の現場打合せだったので、敷地のあたりでも写真を撮ってみました。

100310_011明日からは晴れで、少し暖かくなる予報で、春ももうすぐのようです。

2010年3月 6日 (土)

中間検査・県産材検査

100306_001

「夕涼みの家」は昨日、行政の中間検査を受けて無事に合格しました。中間検査では主に、木造の軸組の筋交や柱頭・柱脚の金物がきちんと施工されているかを確認していきます。それに先立つ今週初めに、私の方でも事前に検査をして、1ヵ所だけ金物の付け忘れがあったので、付けてもらっておきました。全体としては、しっかりと施工して頂けています。

100303_153

また先週、県産材の検査も受けて合格になっています。このお宅では、群馬県産材を使うことによる補助を受けるので、そのための現場検査があります。そこでは、樹種や寸法、含水率などをチェックして行きました。合格するとシールがもらえます。

来週には、瑕疵保証の検査もあります。検査が続きます。

さて現場の方は、サッシュ枠の取り付けが終盤に差し掛かっています。来週にはサッシュが取り付けられ、外壁の透湿防水シートが貼られる予定です。そうすると、明るさなど室内の印象がさらに良くわかってきます。楽しみです。建主様との打合せの方は、照明関係が大詰めで、候補にあがっている照明を現場に持ち込んで、みんなで実際に検討したりしました。その他の部分も、順々に最終検討を始めています。

施工会社さんによっては、契約時に建物の仕上材料の種類や色まで決めてもらうようにしているケースも多いようです。作る側からするとその方が良い面もありますが、建物が出来てきて、イメージがわくようになってから再検討して決めた方がやっぱり良いなぁと改めて思います。

2010年3月 3日 (水)

安中ひな市&子供の看病

100303_202

3/2は、安中のひな市が行なわれていて、ちょうど通りかかったのでのぞいてみました。ひな市といっても、出店が並ぶちょっとしたお祭りですが。

あいにく少し雨が降っていて、学校がまだ終わっていない時間でもあったので、人出はこれからといったところでしょうか。小学校からすぐ近くなので、ひな市の日は、学校が終わってすぐに、ワクワクしながら遊びに行ったものです。でもしばらくぶりに来てみたら、出店の数がかなり少なくなっていました。それでも、金魚すくいやおもちゃを売る出店もあって、今の子供たちも、ひな市を楽しみにしているのだろうなぁと思います。

子供といえばうちの子は、先週末から、今流行っているという嘔吐下痢症にかかってしまいました。金曜の朝に吐いたので医者に行って薬をもらい、半日くらいで嘔吐は止まったものの、その後から下痢・・・。子供は元気だったので週明けには治るかな?と思っていたら、徐々にグッタリして、熱も出たりと。

かみさんも忙しいので、今週は私も子供の看病をしていました。おかゆどころか水分も取りたがらないので、見ていてとてもかわいそうでした。おかげで一日半も仕事を休みにすることになり、仕事が遅れてヤバイ・・・。まあこうした状況なのでやむを得ませんが。とはいえ普段の子守では、子供のそばで本でも読もうものなら、あっという間に汚されてしまいますが、子供がおとなしいので、これ幸いと言っては何ですが、いろいろ読みたい本を読みながら子供の様子を見ていました。

火曜の夕方くらいからは、いつもに近い食事が取れるようになってきたので、木曜には保育園に行かせられるかなと思っています。子供の笑顔が戻ってくると、私ら親もうれしくなります。

年末には子供が新型インフルエンザにかかり、その頃はまだ、新型に対してみんな過敏だったので、かなり心配しました。いろんな病気にかかることで、子供だけでなく親も、少しずつたくましくなって行くんだろうなぁと感じます。来年は、子供とひな市に行ければ良いなと思います。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »