« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

地域産業の担い手育成プロジェクト

先日、「地域産業の担い手育成プロジェクト 地域別推進委員会」があったので出席してきました。

「地域産業の担い手育成プロジェクト」とは簡単に言うと、文科省が国交省など他の省庁と連携して、ものづくりを支える将来の専門家を育てるために、個々の地域の必要性に応じて、工業高校や農業高校などの生徒さんに対して、実務的な知識や技能、職業観などを教えていく国の事業です。群馬県では教育委員会が主体となり、国交省との連携の形で、「建設産業の担い手の育成」として、国から指定を受けて取り組んでいます。

群馬県では、前橋工業高校と高崎工業高校の建築科が対象となっています。そのプロジェクトでは具体的には、

①現場見学
②企業実習
③企業技術者を招聘した学校内での授業の実施
④教員研修

に分けられ、要するに、「工業高校の生徒さんが、実社会で働く建設業の人から授業をしてもらったり、職場体験をしたり、現場を見学する」などの内容になっていて、建築士会や建築家協会、建設業協会などの地元の団体が協力をしています。受けられる授業時間には限りがありますが、学校で学びながら、教科書だけではなかなかわからない、社会人からのより実践的な授業が受けられるということで、生徒さんやその保護者の方々からもとても好評のようです。私だって、学生の頃にそんな授業が受けられたら良いだろうなぁと、うらやましく思ってしまいます(笑)

高崎工業高校の授業内容にかかわる高崎の地域別推進委員会というのにおいて、建築士会の高崎支部の元青年部長というだけの理由で?委員になっているので、年数回の委員会ですが、私も出席させて頂いています。プロジェクトでの個別の授業内容は別の場で検討されますので、この委員会では、大枠に対して助言をするというくらいの位置付けですが、他の委員の方々は、県内の建設業界の大先輩がほとんどなので、身を小さくしながら(笑)、毎回とても興味深く意見を拝聴しています。

先日の委員会では、昨年度の報告と、来年度の実施計画の説明などがありましたが、どうやらこの事業も、例の事業仕分けで引っかかったのか?予定の来年度を持ってとりあえずは終了する方向のようです。委員会で、実際に授業を受けた生徒さんらのアンケートを見たり、先生や保護者の方の感想などをじかにうかがって、とても意義のある事業だなぁと思っていただけに、事業仕分けの良し悪しにふれるつもりはありませんが、とても残念です。でも県や先生方も、生徒さんや保護者の方に大変好評なので、どのような形であれ、今後も続けて行きたいとお考えのようです。何とか道が開ければいいなと思います。

2010年2月23日 (火)

上棟式を行ないました

先週までの寒さがウソのように、今日は暖かい陽気でした。頭も体も活発に動いてくる気がします(笑)

100220_136先週末、「夕涼みの家」の上棟式が無事に行なわれました。建主のⅠ様ご夫妻、おめでとうございました!

100220_126上棟式では、餅投げも行ないました。建主様のご親戚やご友人、ご近所の方など、小さなお子さんからご年配の方まで集まって、とてもにぎやかでした。特に子供にとっては、飛んでくるお菓子やカラーボールなど、とても嬉しかったようです。建主様も張り切って投げていました。みなさんにとって、一生の良い思い出になりますように、そして、最後まで安全に工事が進みますように・・・。

建て方の様子です。天気予報がややはずれて、無事に終えることができて良かったです。

100220_029

100220_043

そういえば建て方の際に建主様のお母様が、「昔もここに2階建が建ってたけど、もっと低かった」とおっしゃっていました。屋根の形なども関係しますが、最近の家は基礎や天井が高いのでとのお話をしつつ、「土地の記憶」というものにふと思いをはせました。建主様ご夫妻にも、まわりの方々からいろんなことが大切に語り継がれていくんだろうなと思いました。余談ですが、そうした「土地の記憶を形にすることが、建築の重要な役割のひとつ」との設計上の考え方もあって、個人的にはとても大事なことだと思っています。

100220_146

最後におまけです。フードの中までお菓子がいっぱいで、人生最初のサバイバルレース?に勝利しました! ・・・ってホントは、わたしら大人に「かわいがられて」いるだけですが(笑) Kちゃん、また遊ぼう~!

2010年2月19日 (金)

蓄熱暖房機

今年の冬は、ここ数年と比べて雪が多く、かなり寒いなぁというのは、多くの方が感じているところだと思います。

「高崎の黒い家」では、間仕切りのない24帖ほどのLDKに蓄熱暖房機が1台入っています。そこは、SE構法ならではの大きなサッシュでおおわれた空間になっており、明るく開放的で良いのですが、サッシュは断熱材入りの壁に比べて断熱の面では弱点になるので、建主様もやや心配をしながらの、初めての冬を迎えていただいています。

施工会社さんが建主様から先日うかがった話では、予想以上に暖かくて大変良かったとのこと。ひと安心です。もちろん蓄熱暖房機もいくつかサイズがあって、暖房をする空間の大きさや部屋の形状、壁やサッシュの断熱性能、さらにはその地域の気温やどのくらいの室内温度を求めるかによって選ぶ必要がありますが、さすがの暖房能力のようです。

「高崎の黒い家」は、年末に竣工写真の撮影を予定していましたが、建主様のお仕事の都合で延期になっていて、若干の初期手直しなどをしながら、みんなで楽しみにお待ちしているところです。こちらの家では、その他にも「実際に住んでみてどうか?」と気になる点がいくつかあるので、今度建主様にお会いしたときに、いろいろとお話をうかがいたいなと思っています。というか、飲み会したい~!(笑)

2010年2月16日 (火)

真冬のシマトネリコ

100130_036 わが家の庭には、シマトネリコを植えてあります。外構をやる際に植栽も選びましたが、そのときに、高崎のとある飲食店の店先にシマトネリコの大きな鉢植えがあって、かみさんと「これいいね!」とのことになって・・・。シマトネリコは、小さい葉っぱがたくさんついて、さっぱりと、そして優しげな形をしているので、最近の住宅の植栽でも人気の木のひとつのようです。

いろんな植木屋さんを見てまわり、樹形のきれいさで「これだ!」と思った1本を買って植えてもらいました。一本立ちと株立ちの両方がありますが、わが家のシンボルツリーのひとつとして大きく育てたいなという気持ちもあったので、一本立ちを選びました。でもその木は初めの冬を越せずに枯れてしまいました。枯れ木保証のあるお店だったので、別の一本立ちを次の春に持ってきてもらいました。樹形はあまり良くないですが、まああまりぜいたくも言えず・・・(笑)

100130_039

シマトネリコはモクセイ科トネリコ属です。トネリコという木もあって、これも植栽の定番だと思いますが、トネリコは落葉樹であるのに対して、シマトネリコは半落葉ということで、要は暖かい地方ではほとんど常緑のようですが、群馬くらいになると?冬場は結構落葉するということのようです。それでも真冬でも、枯れてはいるものの葉っぱは結構ついています。春に向けて、もう少し落葉したと思いますが。

シマトネリコは、夏の風などによそいで、さわやかで涼しげなのがとても良い点だったのですが、植えたまま手入れをしていないので、2年前くらいから葉っぱがボウボウになってしまい、それに木の一部が明らかに枯れてしまったりしています。今年は手入れ、特に剪定の仕方を勉強して、本来のソヨソヨしたシマトネリコに戻せればなぁと思っています。

2010年2月13日 (土)

基礎が(ほぼ)できました

100213_2872 「夕涼みの家」は、基礎の立上りコンクリートの脱型(だっけい・型枠の取外し)をしています。

近年法改正が行なわれてきているとはいえ、木造建物の基礎は、ややもすると簡単に考えられがちですが、建物を長きに渡って支えるとても大切な部分ですので、施工はもとより、現場監理もさらにしっかりやりたいところです。

基礎のコンクリートを、ベースと立上りに分けて打設しましたが、それぞれ配筋検査を行ない、コンクリートの打設に立ち会いました。ベースの配筋時には、瑕疵保証の検査員の方も来ていました。

コンクリート打設はもともと気を使う作業ですが、暑い時期や寒い時期は特に、配合から養生、脱型まで、いろんな部分で対策を講じる必要があります。施工会社さんとの打合せを含め結構大変でしたが、何とか支障なく基礎は出来上がっているようでホッとしています。

来週からいよいよ建て方が始まり、週末には上棟式を行なう予定です。建主様も、楽しみながら上棟式の準備をなさっているようでした。天気があまり良くない日もある週間予報なので工程も楽ではありませんが、品質や安全確保の上で無理をすることなく、何とか間に合ってくれるといいなと思っているところです。

下の写真は、配筋、コンクリート打設時の様子です。

100213_0692_2

100213_121_2

今日は、バンクーバーオリンピックの開会式の放送がありました。明日は、女子モーグルの予選と決勝も予定されています。いろんな選手の活躍が楽しみです。

2010年2月10日 (水)

ユキヤナギの紅葉

091213_138

昨日はまるで春のような陽気だったのに、今日は一転して寒く、また雪が降るかも知れないようです。

そういえば12月中頃に、市内の公園でユキヤナギの紅葉を見かけました。

きれいで良いのですが、本来は春に咲くはずの花が咲いていました。最近はたまにあるらしいですが・・・。

先週から図面の提出や現場が重なって、かなり眠いです(笑) 明日は休みたいなぁと思っています。

2010年2月 4日 (木)

観音山ファミリーパークのイベント

100125_0542_2先月24日の日曜に、観音山ファミリーパークでイベントがあったので行ってみました。観音山ファミリーパークは、広い芝生があってボール蹴りなどをのびのびできるし、遊具もあるので何度か行ったことがありましたが、このイベントは、「冬の公園と空を楽しむ」がテーマで、気球や凧があがるとのこと。

観音山ファミリーパーク

100125_080行ってみると、思ったほど混んでいなくて、ボランティアのみなさんによる、手作りの凧や気球をあげるという教室などをやっていて、たくさんのファミリーが思い思いの遊びをしていました。連凧や、懐かしのゲーラカイトをあげている親子もいました。

100125_117_2人が乗れる気球もあって、子供を乗せるつもりはなかったものの、見るのを楽しみにしていたのですが、希望者がいないのか風が良くないのか、午後の半日で一度もあがりませんでした。これは残念!

100125_138でも、長さ10m?くらいはありそうなロケットの打ち上げをやっていました。しばらく前にテレビでもやったとのことで、公園に来ていた人たちの注目を集めていました。「50mくらい飛ぶ」というので、まわりの人に避難してもらったりして、期待が高まりましたが、距離は20mくらいだったでしょうか?ちょっと上に上がりすぎたのかな?と思いましたが、それでもなかなかおもしろかったです。

100125_156_2100125_167最後に、3帖の大きさの凧が、赤城の凧のボランティアの方々によってあげられました。風が比較的穏やかだったので、あげるのに苦労しているようでしたが、それでもしっかりと。2回目は、子供たちにあげさせてくれました。子供たちも楽しさ半分、緊張半分? でも立派にあがっていました。

うちの子は年齢的に、まだこうしたイベントは見るだけになってしまいますが、凧などがあがるたびに、「すご~い!」と言ってはしゃいでしました。

「子供は風の子」なんて言葉は、最近でも使われるのでしょうか?子供の遊びも多様化しているのだと思いますが、「冬でも元気に外で遊ぶ」というのは、とても大事なんだろうなと思いました。ボランティアのみなさんも、楽しいイベントをありがとうございました。 

2010年2月 1日 (月)

地業工事が完了しました

100130_0232_2早いもので、今日から2月です。

「夕涼みの家」は、根切、地業が終わって、部分的に基礎工事が始まっています。大きな石がたくさん出てくるので、基礎屋さんが苦労していました。

週末には建主様と外観などの打合せをして、方向性がほぼ固まってきました。これから上棟やサッシュが入って建物の形が把握できるようになってから、外壁などの色を微調整していきましょうとの話になっています。内部も同時並行でイメージづくりが進んでいます。とても楽しみです。建主様には、お忙しいところをいろいろとご検討いただいてありがとうございました!

今週も枠廻りや階段など、施工会社さんとの打合せや現場の検査が続きます。でも今夜から明日にかけて、県内平野部でも雪の予報になっています。工事が遅れますし、地面もぬかるんでしまいそうなので、天気予報がはずれてくれることを祈っているところです。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »