« あけましておめでとうございます | トップページ | 安中・ろうばいの郷 »

2010年1月 8日 (金)

砂利敷きの掃除

1001075_006_21001075_005 正月休みに庭の掃除をしました。落ち葉が舞い始めてしばらくしたころに一度落ち葉掃除をしましたが、その後はほったらかしていました。

わが家の庭は、大半が芝で、建物まわりは砂利(砕石でなく)を敷いています。若干雑草も生えづらくなりますし、歩くと音がするので、多少の防犯効果もあるのは良く知られいるところです。見た目も良いのでDIYで砂利を敷きましたが、枯れた雑草や落ち葉の掃除が結構面倒です・・・。

砂利部分の落ち葉掃除は、うまく落ち葉だけを集められるようにタカボウキを使っていますが、よほど丁寧にはかないと、動いてくれない落ち葉が出てきます。砂利に引っかかったり埋まっていったり。

それと雑草も、緑色をしているうちに抜いてしまえば良いのですが、雑草がぐんぐん成長する夏を過ぎると、多少雑草があっても「まあいっか」と、ついつい抜くのをサボってしまいます。それが冬になって枯れると、根から抜く前に葉の部分で折れてしまい、細かくなって砂利にまぎれてしまいます。もうこうなると、それをきれいにするのは余程手を入れないと無理になってしまいます。

写真を見るとなんてことはないですが、砂利を敷き詰めた最初の頃と比べると、きれいだった砂利敷きがうっすら汚れていて、全体の雰囲気もかわってしまっている印象です。

砂利ではなく特に砕石敷きは、舗装としては価格がリーズナブルな方なので、設計させていただいた住宅の外構でもオススメすることが多いですが、いつまでも、新築時のきれいな状態にしておくのは、とても大変なことなんだろうなと改めて感じます。まあでも、こんなもんだと思っていればどうってことない範囲だなと思っています。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 安中・ろうばいの郷 »