« 軽井沢で結婚式 | トップページ | 「高崎の黒い家」完成見学会を開催します »

2009年11月16日 (月)

「保育参加」してきました

先日、子供が通っている保育園の「保育参加」に、かみさんと行って来ました。学校の父兄参観のような「保育参観」だと勘違いしていて、「ん~、育ってるねぇ」とうしろの方で、微笑ましく子供の園生活を見ていれば良いのだと思っていたのですが、よくよく聞いたら「保育参加」とのことで、保育士さんの見習いみたいに、他の子の世話も含めて、「保育する」行事でした(苦笑) 一日あたり親2人までという、コアな空間です。

普段の送迎などで知っている子もいるかみさんは良いとしても、自分は最初は慣れなかったのですが、他の子たちも人懐っこくて、だんだん要領がわかってきました。内容としては、まず朝、外で遊んで体操して、午前のおやつを食べます。どこかのタイミングでトイレタイムもありました。大きめのトイレの部屋があって、決まった時間にみんな順番にトイレをします。なるほど、普段子供は、保育園でこういう風にやっているんだ~と。

そしてその日はたまたま、消防車見学の日とのことで、保育園の駐車場に消防士さんと消防車が来ていました。若い消防士さんが体操のお兄さんバリに、子供たちにわかりやすく消防車のホースやハシゴの説明をしてくれていました。救助の際に使う酸素ボンベもあって、大人の男性ということで、私もボンベをつけさせられました。最後に、子供たちを消防車の運転席に乗せて、ハンドルを握らせてくれました。もちろん単なる親バカですが、うちの子が一番リアクションが良かったような・・・(笑) とてもラッキーな日でした。

その後は、見学した消防車の絵を描いて給食。他の子とおしゃべりしたり、口を拭いたりしてあげながら自分たちも食べました。結構おいしかったです。その後子供たちは着替えをしてお昼寝。で、私らも終了。

半日でしたが、普段の子供たちの様子が少しわかりました。そして何より、保育士さんの仕事ぶりが拝見できたのがとても良かったです。体操などで体を動かし、教室では、ちょっとした時間で子供たちの体温を計ったり、連絡帳に目を通して保育士さん同士で情報を共有したり、いろいろ目を配ってダメなものはダメなど注意してくれたり、給食でも、子供たちが食べ残さないよう、いろいろお世話というかしつけをしてくれたり・・・。保育士さんの仕事の大変さを感じましたし、それを見ていた私たちも、保育の仕方を少し学べたようで、とても良い機会でした。

保育士さん、いつもありがとうございます。今後とも子供を宜しくお願いします!

« 軽井沢で結婚式 | トップページ | 「高崎の黒い家」完成見学会を開催します »