« 秋間梅林 | トップページ | パパ??? »

2008年3月30日 (日)

庭の手入れ

 最近すっかり春らしくなってきました。それもそのはず、もう3月も終わり。今日から庭の手入れを始めました。去年はあまりできなかったので、今年はきちんとやりたいと思っています。

 うちの庭は、かみさんが植栽全般を手入れしていて、自分が主に芝や高所の枝切、塀など作業が大変そうなものを担当しています。裏庭では、かみさんが気まぐれで野菜を作ったりもしています。

080330_0042_3080330_0072_2  とりあえず今年も、芝の根切とエアレーションから始めました。地中でからまった芝の根を切りつつ酸素を入れることで芝が元気に生長するという、芝の手入れの基本作業のひとつです。

 最近、肉体労働をしていなかったので、エアレーションを始めて3分でイヤになって休憩(笑) これではイカンと思い直して再開し、休み休みで1時間ほどかかって庭全体のエアレーションが終了。あとは目土を入れようかとふと眺めると、雑草や落葉はあるし、芝も去年のものが結構伸びたままなので、急遽雑草取りと芝刈り作業を追加しました。今年は気合を入れて目土を入れようと思っていたのですが、150リットルまいても何だかスカスカです。それでもできるだけ平らになるように、ちょっとだけ気を使ってまいてみました。

080330_0052_2080330_0062_2   芝をきれいにしておくのは結構大変ですが、植物は、季節の移り変わりを端的に教えてくれるのでやはり良いもので、手入れした分、きちんと楽しませてくれます。早く新芽が出てこないかとワクワクします。かみさんは、子供を自然好きにするんだと意気込んでいます。アセビも咲き始めていました。

 ちなみに我が家の塀には、部分的に県産材の杉を使っています。作ったときに自分で塗装をして以降そのままにしていますが、3年近くたってこのような感じです。やはり上面は直射日光にさらされるので、木裏を上に向けてあっても木が反り、水もたまるのでかなり厳しいです。塗ったのは、含浸しつつ造膜するタイプなので、塗膜が割れています。これは塗って1年ほどで見られました。写真で主に見える垂直面は南。南面もやや劣化が進みやすいようですが、写真の部分は、植物とこすれているのが主な原因のようで、全般的にはまずますの状態が続いています。今年は塗装のメンテもできればなぁと思っています。

« 秋間梅林 | トップページ | パパ??? »