« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年1月

2008年1月29日 (火)

壁の強度不足?

 何やらまた、どこかで聞いたようなことが報じられました。テレビのニュースでも扱われていました。テレビでは、「設計会社のミス」と伝えられていたのですが、かみさんが、「筋交を入れるのって、設計の仕事なの?」とポツリ。もちろん設計者の仕事です!どの壁にどのサイズの筋交をどういう向きで入れるかは、大工さんが決めているのではありません。建築士の資格を持った者だけが、その設計をすることができます。

 木造の構造計算は、ビルのような本格的な構造計算は義務付けられていなくて、「壁量計算」という簡易的な方法で行ないます。それと合わせて、筋交などが入った耐力壁がバランス良く配置されているか検討し、その壁などに関わる柱に、適切に金物を付けることが法律で決められています。ただし、木造2階建戸建住宅などのような建物では、「確認の特例」として、建築士が設計していれば、耐力壁などの入り具合などは、建築確認で審査の対象にならないことになっています(ただこの特例も、今年中に改正される予定です)。ですから、ノーチェックといえばそういう面があります。ただ、例えば高崎市役所など、壁量計算や金物の図面など、確認申請時などに提出させている検査機関もあります。私はもちろん、建築確認に添付する必要がなくても、こうした計算は添付して、お施主さんにもお渡ししています。

 一部報道では、中には建築基準法の基準より4割ほど少ないものがあったとのことですが、建築基準法は、建物としての最低限の基準を定めているもので、今は、建築基準法で定められた壁量の1.2~1.5倍の耐力壁を設けることを推奨している人も多いですので、4割少ないというのは、かなり少ないと感じます。

 詳細がまだ不明ですので、何とも言えませんが、数百もの建物で、専門化が計算を間違えるということは、非常に考えづらいと思うのが普通でしょう。今後の報道にも注目したいと思っています。

 「たかが筋交を数本抜いたくらいのコストダウンなんてたがか知れているのだから、まさか意図的にはしないだろう」という印象もあるのですが、コスト管理をそこまで徹底している会社は結構あるようです。筋交には、材料の品質に関する規定がないので、節が多くあって少しでも安価な木材を使う業者さんもいるとの話も聞いたことがあります。でも、節や割れなどがある材料を筋交で使ってしまうと、地震や強風時に、想定した耐力が得られない場合があり得ますので、避けなければならないこととされています。

<ファースト住建>住宅700戸の壁が強度不足 業者のミス

1月29日2時33分配信 毎日新聞

 大証2部上場の住宅施工販売会社「ファースト住建」(兵庫県尼崎市)の木造2階建て住宅約700戸の壁が強度不足であることが、関係者の話で分かった。いずれも建築基準法に基づく安全率に達しておらず、強風や震度5以上の地震で倒壊する可能性がある。設計を請け負った約10業者のミスが原因とみられる。同社は「まだ調査結果が確定していない」として公表していない。

 過去、木造2階建て住宅で強度不足が発覚した会社は、同社と、いずれも同社の元関係会社「一はじめ建設」(東京都練馬区)、「アーネストワン」(西東京市)の3社のみ。国土交通省は「危険性を認識しながら居住者に通知しないことは問題だ。事実を確認し、指導したい」と話している。

 国交省は07年7月、ファースト住建が分譲した2階建て木造住宅32戸で強度不足が見つかったと発表した。木造2階建て住宅は建築基準法施行令で、地震や台風などによる横からの力に耐えられる一定の耐力壁の設置を定めているが、基準を満たしていなかった。

 その後、同社の物件がある大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀、和歌山の各自治体が約6000戸の調査を開始。これまでに、耐力壁不足や不適切な配置などの問題物件が、少なくとも計約700戸見つかった。調査は現在も続いている。

 ファースト住建は一建設現会長が99年に設立。一建設出身の中島雄司社長が00年に社長に就いた。06~07年には一建設で約1200戸、アーネストワンで約400戸の同様の強度不足が発覚し、両社は改修を進めている。国交省は07年12月までに、両社の耐力壁を設計した建築士18人の免許を取り消している。【高橋昌紀】

 ファースト住建広報IR課の話 自主調査も進めており、最終結果が確定次第、対応を考えたい。現段階で調査の詳細は説明できない。

2008年1月26日 (土)

6カ月になりました

 先日、子供が6カ月になりました。産まれて半年と思うと、ジ~ンと来るような?

 多分うちの子は、このあたりの成長がやや遅めのようです。その数日前から、うつ伏せからの寝返りが打てるようになっていましたが、6カ月になる前日くらいに、ようやく仰向けから寝返りができるようになりました。風呂上りに服を着せていて、まだ裸の時に、う~、とうなってコロっと!かなり嬉しい瞬間でした。また思わずビデオ撮影っと。寝返りは、個人差も大きいそうですが、季節による服の厚さとかでもできる時期が変わってくることがあるとも聞いていたので、なるほど~と。

 一度寝返りを打てるようになると、結構コロコロ動いているらしく、部屋をのぞくと、平面的に90°ねじれていたり、泣いているので見に行くと、隣に敷いたかみさんの布団との間の溝にはまっていたりと、結構面白いです。

 もともと良く笑いますが、さらに反応が良くなってきている印象で、「こいつは大丈夫か?(笑)」と心配になったりもします。離乳食もしばらく前から始めていて、結構上手く飲み込めるようになって来ました。下の歯も薄っすらとはえてきました。あとは、人の顔やおもちゃ、風呂場でお湯を掛けているときの風呂桶など、手に届く範囲にモノを持っていくと、何でも手を伸ばしてつかんで来ます。私の顔も、かなり遊ばれています。こんなところが、6カ月の様子です。

 そろそろ、胎児の時に母親からもらった免疫が切れる時期だと聞きますし、ちょうど一番寒い時期になるので、このまま病気などせずに、元気に育って欲しいものです。

 

高崎青年部「SE構法・構造見学会」

080205_0291/19に、高崎市の新保町で建設中の、SE構法でつくられている建物の見学会を、高崎支部青年部主催で行いました。関工務所さんの高崎営業所とモデルハウスで、私も設計で関わらせて頂いている建物なので融通が利かせやすく、昨年に2回ほど高崎青年部主催として建物見学をさせて頂き、少しコツもわかって来たので、今回は、高崎の青年部以外の方や、建築士会の他支部の方にも案内してみることにしました。

こうした見学会では、事前申込制にすると、催す側は事前に人数の把握ができるので良いのですが、参加する側としては、事前に都合がわからないケースも多いので、参加者が少なくなってしまうというジレンマがありますが、今回は、事前申込を要しない形で行なってみました。その代わり、当日何人くらい来てくれるのかは全くわからず・・・。10:00~16:00の時間帯で自由に見学して頂けるようにしましたが、SE構法の提供元であるNCNの人が講師として説明してくれる時間を13:30から設けたので、このあたりが当日のコアタイムでした。午前中はほとんど見学者が来なくて、催す側としては、快く現場を見せてくれた関工務所さんや、東京から来てくれるNCNの方に申し訳ないなぁと思っていたのですが、13:30前からチラホラと来て下さって、説明が始まる頃には、35名ほどの方が集まって下さいました。本当にありがとうございました。多くの方にCPD研修を用意できて良かったと思つつ、参加して下さった方に、少しでも勉強になる点があったことを願うばかりです。

私はと言えば、見学会の前々日の夜から熱を出し、一時は40度近くまで熱があがって、こりゃあ見学会に行けるのかな?と本気で心配したりもしました。とりあえずその日は、熱も37度台に下がって、簡単な進行や当日の段取りなどをこなすことができました。

無事に見学会も終了し、NCNから来てくれた人が、偶然にも高校・大学の後輩だと数日前にわかったので、高崎駅前の安い居酒屋で、軽く呑んで帰りました。この日も結構寒く、見学会も大変でしたが、財布も寒くなりました・・・。でも、いろんな昔話やこれからの互いの仕事のことなども話して、気持ちは少し暖かくなったかな?と感じました。

耐火偽装

 建築に関するニュースが、一般紙などでも報じられることが多いですが、これからは、気になった、覚えておきたいニュースを、ブログに書き留めておこうと思います。今回はその1回目。

 しばらく前に、ニチアスという大手建材メーカーの耐火試験で偽装があったとの報道があり、建築関係者の間でも波紋を広げていましたが、その続報のようです。こういうことって蔓延しているのかなぁ・・・。

耐火偽装 不適切建材は日軽金など45社98件に

1月26日9時54分配信 毎日新聞

 耐火・防火建材の性能偽装問題で、国土交通省は25日、5社21件の大臣認定製品に問題があったとする中間報告を発表した。昨年末以降の緊急調査で判明した不適切な建材は計45社98件となった。既に把握していた大手軽金属製造販売会社「日本軽金属」(品川区)、大手建材メーカー「YKKAP」(千代田区)などについても偽装が確定したとして公表した。調査対象企業は1割近く残っており、偽装はさらに増える可能性がある。

 昨年10月にニチアスによる偽装問題が発覚、国交省は全大臣認定品の自社調査を1788社に指示した。8日の1次発表で40社77件に問題があったことが明らかになっている。

 今回偽装が発覚したのは▽「三菱化学産資」(東京都千代田区)▽「東洋鋼鈑」(同)▽「三菱樹脂」(同)など。大臣認定の試験時に添付した仕様書と異なる製品を使用したケースは計12件、大臣認定を受けた製品とは異なる製品を販売していたのが計81件となった。残り5件は調査中。これら45社の製品の使用が判明した建物は計3200棟に上る。

 日本軽金属の亜鉛メッキ鋼板は、芯(しん)材を燃えやすい素材に変更したため、不燃性能が認定時の5分の1しかなかった。記者会見した製造元の子会社「日軽パネルシステム」によると、02年に納期が迫ったが製品を注文通りの形状に加工できず、現場が無断で、加工しやすい素材を使ったという。経営陣は2年後に把握し、素材を元に戻したが、販売分は回収せず、公表もしなかった。日本軽金属の担当役員も承知していた。室伏好郎社長は「顧客への配慮が欠けていた。問題への認識不足だった」と謝罪。約10億円を負担し改修する。

 YKKAPは合金製折りたたみ戸のガラスを止めるゴム部品を認定取得時よりも燃えやすい素材に変更していた。20分の耐火性能が実際には16~18分だった。吉田忠裕社長は会見で「商品化の過程で材質を変更したが、耐火性能は十分だと判断していた。認定の再申請も怠り反省している」と謝罪。約1億円をかけて無償改修する。【渡辺暖、辻本貴洋、高橋昌紀】

2008年1月24日 (木)

適判物件の建築確認準備

080205_0312  明日、適判(構造計算適合性判定)物件の建築確認を出すとのことで、今日は最後の準備作業をしていました。私も参加している株式会社ADU(Architectural Design Unit)さんのお仕事です。

 私はこの物件は担当ではないので、補助的に数枚の図面を描いたり、こうした確認出しの手伝いをしているだけなのですが、それでもやはり大変です。昨年6/20の法改正で、適判が導入されるとともに確認審査も厳しくなってから初めての適判物件です。何となく写真を取ってみました。後ろの紙ファイルに閉じられているのが構造計算書ですが、そのうちのひとつが適判用です。その他にも、昨年の法改正で添付することになった、どうでも良いような書類が結構あって、物件を担当していた人は、かなり大変だったようです。

 今年になって、高崎市内でも大きいゼネコンなど、数社が倒産などしました。適判導入と関係があるかは不明ですが。しかしあの法改正は、なかなか大変です。未だにマスコミなどでは「法改正による建築確認審査の厳格化に伴い、着工件数が激減し・・・」と伝えていますが、以前にここでも書きましたが、普通に業界の人の話を聞いたり、私が日々の業務で実感している範囲では、確認審査が遅れたり混乱したりで、「なかなか確認がおりない、着工件数が減っている」というのは、原因は「審査を厳格にしたから」では全くなくて、単に「建築基準法を作って施行する側の準備不足」です。制度がスムーズに動くように準備をしてから法を施行すれば、ここまでのことにはならなかっただろうというのが、業界内の常識的な見方のようです。

2008年1月23日 (水)

:・:・: 初雪 :・:・:

 今日は朝からどんよりしていて、朝9時過ぎに自宅を出る頃には、安中では雪が舞い始めました。今シーズンの初雪です。高崎に着くと、まだ雪は降っていませんでしたが、じきに降り始めました。関東の平野部の広い範囲で降っていたようです。

080205_0232  雪の高崎駅前通りと、雪の豊田屋旅館です。何となく風情があるような。

 かみさんから連絡があり、子供を連れて少し外へ出て、初雪を見せたそうです。でも、さすがに、特に反応はなかったようで・・・。早く子供を連れて、スキーにでも行きたいものです。

 雪が降ると、大気の汚れなども少なくなるのか、冷たいな080205_0222 がらも、透明感があって気持ちの良い空気でした。たまには雪も良いものです。昼間、本格的な大粒の雪が降った時間もありましたが、夕方には雨に変わって、車の運転などには支障なく帰宅できました。でも高崎では、道路以外の部分でもほとんど積もっていませんでしたが、自宅に戻ると、畑などの土の部分は、かなり白くなっていました。高崎と安中くらいの距離でも、結構雪の振り方が違うようです。

2008年1月22日 (火)

家庭内隔離政策

 年末から断続的に続けてきた実施設計が納図できる状態となり、ようやく一息ついて、ブログを書けるようになりました。

 正月仕事始めからこれまで、上棟式や見学会などいろいろなことがあったので、また改めて。

 今のうちにひとつ書いておきたいのが、先週の金曜に、突然40℃近い熱が出たこと。インフルエンザではなかったので良かったのですが。今日の午後になって、ようやくいつもの体調に回復しました。風邪を引いて一番辛かったことと言えば・・・、やっぱり「家庭内隔離政策」を受けて、子供とほとんど接触できなかったことだなぁ。

2008年1月 6日 (日)

新しい1年が始まりました

 年が明けました。本年も宜しくお願いいたします。

 1年の初めでもあるので、年頭に際して思う、今年はどうかな?的なことを書き留めておこうと思います。

 まず仕事ですが、今年は事務所を開設して丸5年を迎える予定ですが、それなりに頑張りたいと思います。去年の年始は、「今年は飛躍への第一歩になるか?」なんて期待も大きかったのですが、結局どうってことなかったので(笑)、今年は気負わずに、今まで同様ひとつひとつの仕事に真摯に取り組んで行こうと改めて思っている、というくらいです。でもできるだけ、HPを更新して行けるようにとは思っています。正月は、福祉施設の実施で始まりました。でもスケジュール的には多少余裕があるので、1~3日は、あまりパソコンに向かわずにすみました。ここ何年か、年末年始の休暇に実施設計をやっていることが多いように思います。プライベートでは、子供の成長がとても楽しみです。最近の課題は寝返りで、同じ月に生まれた同級生の子供は、既に寝返りを打てるようになっているそうですが、うちはまだなので、最近は巨人の星バリに?特訓していて、うつ伏せから仰向けへの寝返りは、たまにできるようになった、という状態です。そのうち夜泣きも始まるのでしょう。最近は、夜寝てまもなくの頃に、突如目覚めて泣くことがたまに出てきましたが、あやすとすぐにまた寝るので、特に大変でもなくて助かっています。今年中に、ハイハイやちょっと言葉をしゃべるようになったりするのかな?と思うとワクワクします。

 仕事やプライベートはさておき、今年は世間的に気になることが結構あって、「今年はどんな年になるのかなぁ?」と思う点がいくつかあります。正月のテレビ番組などで話題になっていたことなどを含めて、書いておこうと思います。

 まず政治。人並み程度の見識しかありませんけど。特にこの種の領域では、政治評論家の方々が、好き勝手に予測していて、しばらく前には全体的にどんな論調だったのかわからなくなってしまうことが多いので。2007年は参院選で民主党が大勝して第一党となり、いよいよ日本にも政権交代がやってくるのか?と、私自身がどの政党を支持する云々は別にして、政治ネタで結構楽しむことができました。今年は、衆議院の解散総選挙が行なわれるとの見方が強く、正月時点では、予算関連法案成立後の話し合い解散か、7月の洞爺湖サミット明け、どちらかというと後者の方が有力とのこと。ただし、今のままでは自民党が敗北することは避けがたいため、負けるタイミングで解散するか?ということで、自民党は選挙をできるだけ先に延ばしたいようです。でも、それまで内閣は持たないのでは?、首相は決断ができないし、という評論家が多かった印象です(私が言ってるんじゃありません(笑))。一方の民主党も、小選挙区など候補者の選定が遅れているため、早くても予算成立後に、解散を強く求めていくとの見込だそうです。大連立の話も引き続き出ていますが、正月には小沢代表はそれを強く否定していました。今年は解散総選挙はあるのか?それまでの福田内閣の支持率はどうなのか?(昨年末に、消えた年金の統合が無理そうとのニュースや、それに対する首相の対応、また薬害C型肝炎患者との和解交渉が一時決裂したことなどからか、内閣支持率が30%前後まで急落しています)、総選挙の結果、衆参のねじれはどうなるのか?はたまた政界再編はあるのか?などが注目点として挙げられていました。総選挙の大方の予想としては、自民党はもちろん、前回の郵政選挙で未曾有の大勝利をおさめているので、次の選挙では議席数を大幅に減らすものの、民主党も単独過半数が取れるかどうかと言われると、かなり難しそうとのことです。ちなみに先日の毎日新聞の記事では、民主党政権を望む人が全体の半数近くに上っていて、いろいろな政権の形の中で、もっとも望まれているとのことでした。いずれにしても、どうなるのか楽しみです。あとは消えた年金問題の解決の、一応の期限である3月をどのような形で迎えて、それに対する私たち国民の反応はどうなのか、防衛省の汚職が政界にも飛び火するのかなどが当面の注目点のようです。そういえば、臨時国会を再延長し、60日ルールによる衆院2/3以上での再可決が、今月半ばにも予定されている新テロ法案ですが、法案成立がほぼ決定との空気で、日曜の時点では動きは全く伝えられていません。再可決したあとの世間の反応なども見モノかと思っています。

 それと今年は、環境問題も年頭でかなり扱われていました。京都議定書で温室効果ガスの削減目標が決められましたが、2008年は、その削減の最初の年になるからか、はたまた、去年も異常気象(季節外れの大きな台風、夏の猛暑など)が見られたからなのかわかりませんが。ただここへ来て、今まで環境問題に関して当たり前のように叫ばれていたことが、本当に科学的根拠があるのかも、テレビで結構扱われるようになったようです。地球の温暖化は、我々が努力したところでほとんど好転しないとか、そもそも地球自体がそういう時期なのだから別に問題ないとか、私たちがゴミの分別をしていても、リサイクルはされていないし無意味、などなど。地球の環境は、長い目で見て、私たちの世代がすべきことはきちんとするというのはもちろん大切なことだと思っていますが、本当にどのような対処が理にかなっていて、その費用対効果はどの程度なのかなどは、建築の仕事にも深く関わっていますので、冷静に見て行くことが必要だろうと改めて感じます。洞爺湖サミットもありますので、今年は環境問題にも、さらに注目が集まるだろうとの見方がもっぱらでした。

 経済面で話題になっていたのは、今年の日本の景気。昨年来のサブ・プライムローン問題も含めて、アメリカ経済が失速しているとの見方でした。年明け早々、アメリカの株価が下がった影響で、ご祝儀相場が当たり前と言われる今年最初の取引日に、日本市場でも株価がまた下がりました。アメリカ経済の衰退でドル安、相対的な円高も進み、好調だった日本の輸出企業の業績も悪化するのではとの見方が強いです。株価低調で投資資金が流れ込んだことなどによる原油高騰なども手伝って、日本の景気は再び後退局面に入るのではとの話も出ていました。結構心配です。

 以上が、正月番組で目立った話題でした。まあいずれにしても、テレビも結構いい加減で、あおってナンボみたいなところもあるでしょうから、年末にどのようになっているのかな?

 それ以外では、今年は夏のオリンピックが北京で行なわれるので、そういう面では楽しい年にもなるかも知れないなと。でも前回の冬の五輪では、荒川選手が金メダルを獲得して大変良かったですが、それ以外は全然振るわず、全体として日本が盛り上がったとの印象も薄かったので、今年の夏は、より多くの日本選手に頑張って頂きたいです。また薄型テレビが売れるかな?

 とまあだいたいこんな感じで。1年後に、自分にとって納得のいく年だったと思いながら、この記事を振り返ることができるよう頑張りたいと思います。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年3月 »