2022年9月30日 (金)

アシックスの安全靴

最近、現場の人がカッコいいシューズを履いているなぁと思って聞いたところ、アッシックスなどのスポーツメーカーが、安全靴を出していることを初めて知りました!

220923

写真はその一例ですが、重い物を落としてしまった場合のつま先保護や、1cmの長さの釘が刺さっても大丈夫とも言われる厚いソールなど、スポーツシューズなのに従来の安全靴のような性能を持っていてすごいなぁというのもあるのですが、他のメーカーのものも含め、基本はひも靴のようですが、脱ぎ履きしやすいマジックテープのものや、ゴルファーを中心にすっかりお馴染みのBOA(ボア:ワイヤーが入っていて、それをクルクルと巻くなどで開閉させる装置)のタイプなどもあるのに、さらにビックリでした! 色も、赤や青など、地味になりがちな現場の服装に、明るさを添えてくれそうです。赤かグレーかで迷いましたが、無難にグレーにしてみました。

私のような仕事だと、現場でも多少はありますが、外で現場を見たり測ったりして、打ち合わせなどでスリッパに履き替えて屋内に入るを繰り返すなど、靴は脱ぎ履きがスムーズにできると良いなと思う中、私個人はひもの無いタイプの靴を多用していますが、マジックテープやBOAなら、そうした問題も解決です!

さらに、アシックスのサイトを見ると、転倒しづらい、帯電しづらいなどいろんな工夫がされているとのことで、すごいな~!と。

実際とすると普通の靴よりはやはり少し重いので、街歩きには向かない印象ですが、仕事での外出時には必ず履くようにしたり、いつでも履き替えられるよう、車に積んでおくのも良いなと思ったのでした!

2022年9月22日 (木)

基礎配筋

ここ数日、朝晩の気温が急に低くなり、秋めいて来ました。
みなさま、体調など崩されませんよう。

220922

さて、基礎配筋です。
この建物は独立基礎なので、基礎の最も深い部分で、地面から約1.5mあり、作業をする人は、はしごを昇り降りします。

2022年9月11日 (日)

恥ずかしながら知らなかった...千葉歴史観光ってすごい!①

先日、千葉の友人を訪問しました。
今年は大河ドラマで鎌倉時代を扱っていて、「こんなに偉い人も、簡単に殺されていたとは恐ろしい...」と思いながらも観ていて、当時の現在の千葉県あたりを納めていた上総氏や千葉氏にも興味があり、こうした方々を祀った神社など観光してみようかと思ったのですが、千葉も広いので、利根川に違い印西市あたりを中心に、友人らに聞いて、いくつか観光してみました。

2209113

最初に行ったのは、「千葉県立房総のむら」で、いろんな施設がある、広大な公園のようなところです。
着いたのが閉館間際だったので、入口から近い部分しか見られませんでしたが、千葉県内の古い建物や街並みを移築・再現したエリアがあり、中では匠の体験などもできるようでした。昼間にどのくらい来客があるのかはわかりませんでしたが、結構見ごたえはあると思いました。

また、むらの入り口には、コスプレ写真館があって、園内で着物などを着て、写真を撮ったりできるようです。

22091102

こうした街並みなどがあるので、いろんなドラマや映画、CM撮影のロケ地にもなっているようで、そうした資料が展示されている建物もありました。

そして、今回見られずに残念だったのですが、どうやらこのむら、もともとある県内最大規模という龍角寺古墳群があり、それを中心に整備が始まったらしく、千葉にこうした古墳があったことも全く知らなかったので、また今度訪れてみたいなと思った次第です。

22091101

その他にも、ドラムの里という、比較的新しい施設もあり、地元の食材を売っていたり、レストランなどもありましたが、このあたりで取れたと思われるメダカや鈴虫、クワガタなども売っていて、小さい子も楽しめそうでした。

また機会があれば、千葉の歴史観光の一部ですが、続きを書きたいと思います。

«バドミントン国際大会の楽しみ方