2018年8月14日 (火)

外壁下地と垂木あらわし板貼天井

まだまだ暑い日が続きますが、木曜の雨のあとは空気が入れ替わるとの予報も。もう少し涼しくなって欲しいものです。当事務所は、今年はお盆的な行事はしていますが、基本的にはほぼカレンダー通りで、他の時期に少し休みを頂こうと思っているところです。

180810_001

さて「T-HOUSE」ですが、外壁のラスモル下地がほぼ完了しました。写真は建物の裏側ですが、サルスベリが咲いています。

180810_007

そして内部の、垂木あらわし天井が見えてきました。垂木構造で垂木をあらわしにすることは何度もありましたが、昔ながらの構造で垂木をあらわしにして、天井が板貼りなのは、かなり久しぶりです。断熱に注意を要しましたが、やはりきれいだなと思います。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年8月10日 (金)

塀完成+建物解体開始

台風がそれて影響があまりなかったので良かったなと思ったのもつかの間、また暑さが戻って来ました。イヤになります・・・。でも、7月の猛暑に比べると、夜はエアコンを使わずに寝られる日がほとんどになり、ずいぶんマシになったなあと感じます。いずれにしても、建築現場でも、熱中症になってしまう職人さんも結構いらっしゃるとも聞きますので、引き続き体調管理には気を付けていかねばです。

180806_0182_2

そんな暑い中ですが、「K邸増築工事」に関連して、2項道路の後退で解体して新たに築造した塀が完成しました。きれいにできて、道も広がって良かったです。

そして、いよいよ建物の一部解体が始まりました。今回の増築では、最も古かった部分を解体して、その部分に新たに増築します。

180806_015

解体の様子を見ていましたが、さすがに昭和初期頃?の建物だったとのことで、瓦屋根は土ぶきでした。要するに、土を接着剤のように使って屋根を葺いていたわけです。今は瓦でも、土は使わず釘で留めていきますので、「瓦は重い」と言っても、昔と今時ではかなり重さが違うことがわかります。

現在、増築の確認申請中。現場のお盆休み明け頃から、増築の工事が始められそうです。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

2018年8月 7日 (火)

「土間のある家」レビュー

●プロジェクト名:「土間のある家」 
●お書き頂いた方:建主様
●竣工年:2014
●写真ページ:http://www.isogai-al.com/works/doma/doma001.htm
●評価:★★★★★(5/5)

自宅の新築は大きな出費を伴うこともあり、当初は不安だらけでした。しかし、自分が家に対して持っていた漠然とした理想をご自身のスタイルを取り入れながら表現していただき、形になった時にはとても嬉しかったのを覚えています。また、予算についても的確なアドバイスを頂き、安心して任せることができました。工事が始まってからもかなりわがままを言いましたが、希望通りの家を建てることができて大変満足しています。
 うちは「土間のある家」と名付けてもらった通り、土間や吹抜け等かなりこだわったつもりですが、丸4年経った今でも満足感は変わりません。家族も使い勝手が良いと喜んでくれています。アフターフォローもしっかり対応してくれ、仕事を任せて本当に良かったと感謝しています。

磯貝地域建築設計事務所WEBサイト

«検査・取説など